ラスベガスフォトツアー プロ写真家kenkanazawa/ラスベガスツアー/ラスベガスフォトサービス /ラスベガスプライベートツアー/アメリカ大自然ツアー

ヤントフラット(キャンディークリフ)ユタ州

ヤントフラット(キャンディークリフ)Yant Flat and Candy Cliffs

ヤントフラット (キャンディークリフ)

ヤントフラット (キャンディークリフ)

ヤントフラットは、ユタ州のリーズの村の西側、ワシントン・シティの北側のディキシー国立森林公園の位置している。

パインバレー山脈(標高3159 m)の南側にある多色の砂岩の崖は、標高約1350mの丘陵の高原です。

ヤントフラット (キャンディークリフ)

ヤントフラット (キャンディークリフ)

ヤントフラット(別名キャンディー・クリフ)には、興味深い地質学がナバホ砂岩の質感がザイオン国立公園のチェッカーボードメサを連想させます。又、シャーマン・ストーンと呼ばれるモキ・ストーンがあります。

ヤントフラットの地層である、ナバホ砂岩の表面は多角形の亀裂があり、亀の甲羅のような形をしている。

類似の岩はホワイトポケットやスノーキャニオンでも見る事が出来ますが、興味深いのは、ヤントフラットで見られるさまざまな帯状の渦巻き色の岩です。

ナバホ砂岩層 とは?
約1億8000万年前の砂岩層は、元々海だった大陸が隆起し、溶解と凍結を繰り返し、風によって運ばれた砂が堆積し、約1500万年をかけて形成された地層で、

厚さは、600m以上、メサやビュートの赤い地層に含まれる酸化鉄の影響で淡いピンク色からオレンジ色まで朝日や夕日が岩に当たると神秘的な色に変化する。

ヤントフラット (キャンディークリフ)

ヤントフラット (キャンディークリフ)

大量の砂はどこから運ばれてきたのだろう?
殆どが北米大陸のはるか東に位置するアパラチア山脈に由来する。

地質学者や研究者たちは、砂岩層に含まれるジルコンの微細な結晶を調べ、砂の発生源の手がかりを発見した。

ナバホ砂岩層のジルコンとアパラチア山脈で採取したジルコンの放射性同位体が同じ成分だった。

アパラチアの山頂から削られた砂が川に流されて西へ向かい、その後、風に乗って堆積し、巨大な砂山に成ったと推測する。

ナバホ砂岩層には、化石など生命の存在を示す痕跡は殆ど無い。

ジュラ紀後期 
約1億6000万年前のジュラ紀後期には、多くの生命の誕生します。

森が点在し、川が流れ、沼地や内海が豊かな水をたたえる環境のなかで、恐竜やワニ、海生の大トカゲ、巨大なサメなどが生息し、泥や炭酸塩が堆積した地層の生き物たちの化石が数多く発見されている。

ヤントフラット (キャンディークリフ)

ヤントフラット (キャンディークリフ)

ジュラ紀後期と白亜紀の痕跡 
アリゾナ州とユタ州南部を走る道路脇に、切り立った峡谷がある。そこには、乾燥した砂地が、動植物の繁栄するジュラ紀後期と白亜紀の痕跡が残っている。

砂岩の上に石炭層が重なっているのは、沼地があった証拠に成っている。

その上には、太古の昔、ここが海岸線だったことを示す、泥混じりの砂が固まった層が細長く伸び、その上には貝の化石層がある。

リーゼガング現象
鉄が錆びた鉄分の多いミネラルである 酸素沈殿物のカラフルな帯状の地層で大規模なリーゼガング現象に似ています。

ナバホ砂岩の色は赤であると考えられていますが、地下水や炭化水素は特定の地域(現在は白)から鉄を浸出し、さまざまな濃度(通常は色が濃いほど鉄が多くなる)で別の場所に再堆積します。

ナバホ砂岩層では、カラフルな帯状の地層は珍しくはありません。たとえば、ゼブラ・スロット・キャニオンとコヨーテビュートやホワイトポケットにもストライプがありますが、かなりシンプルで、広範囲のリーゼガング現象は非常に珍しいく、科学者は、ヤントフラットのリーゼガング現象がどのように形成されているかを完全に解明されていません。

ヤントフラット (キャンディークリフ)

ヤントフラット (キャンディークリフ)

リーゼガング現象 Wikipedia
1896年ドイツのリーゼガング が、生体組織試料を染色している時、少量の重クロム酸カリウムを含むゼラチンのシート上に濃い硝酸銀溶液を落とすと、硝酸銀が周囲に拡散し、重クロム酸銀が同心円状に沈殿することを見いだした。このような周期的沈殿現象をリーゼガング現象と呼ぶ。

リーゼガング現象を簡単に?
2種類の液体を混ぜると普通は2層に分かれる。たとえば、ラーメンのスープの上に水と油が分かれ油が浮くような状態。

ところが、その2種類の液体が、サラサラではなくドロドロジェル状だった場合は単純に2層に分かれるわけではない。色々な条件はあるが、それらが反応して縞状に沈殿する。

縞々の原因はこのリーゼガング現象だとされている、帯状になったものをリーゼガングバンド、同心円状になったものをリーゼガングリングと言う。

ヤントフラット (キャンディークリフ)

ヤントフラット (キャンディークリフ)

シャーマンストーン Shaman Stones
シャーマンストーンは、アメリカ西部の部ユタ州とアリゾナ州北部のナバホ砂岩層の下部に形成され、シャーマンストーン、サンダーボール、モッキーマーブルズ、モキボール、ボジストーン、ナバホチェリー、インディアンの大理石とも呼ばれ、魔よけの石と言われています。

シャーマン・ストーンの地質学
これらの石は自然の神秘の一つです。 真ん中に1つをカットすれば、堅い砂岩の中心を持つヘマタイトの殻が現れます。

酸化鉄であるヘマタイトの外殻は、砂岩の中心付近で凝結し、砂の中に浸出する酸化鉄から赤色または黄色に染色される。

大きさには個体差がありますが、約1~5cm位が主流で、稀にそれ以上の個体もあります。

ジュラ系時代の約1億9000万年前に、ナバホ砂岩層が水中にあった時に形成され、酸化鉄であるリモナイトの物質です。

酸化鉄は、加圧下でゲルを形成することが知られ、ナバホ地層にある砂の深さは300〜600mで元々海底ににあり、膨大な圧力が発生した。

リモナイトにゲルを形成させ、熱がリモナイトをヘマタイトに変えた。

これは圧縮された砂のコアの周りに凝固し、理論的にはシャーマンの石がどのように作られたか?

地球は「シャーマン・ストーンズ」があり、火星には「ブルーベリー」があります。

ユタ州の地質学者は、ユタ州の国立公園にあるシャーマンの石を調べた後、赤い惑星でも同様の石が見つかると予測しています。

インディアンの魔よけの石
アメリカのユタ州の砂漠で採取される石で、インディアンが呪術の際に用いていた為、霊的で精力的な性質を持ち、宇宙との接触のために使用され、シャーマンストーンと呼ばれている。

ホピ族は、Moqui/モキと呼ばれていた事から、先祖の霊を意味し「キモ=先祖の霊」「マーブル=おはじき」を意味する。

霊的な力を宿した石ころという意味が込められており、神聖なパワーストーンとして用いられ、霊的な部族のシャーマンや他の神秘主義者によって何世紀も使われてきました。

地球上で最もエネルギーのあるものの中にあると信じられ、クレンジング、リラクゼーション、瞑想やアストラル・ジャーニングに役に立ち、魔除けの効果がとても強く、同時に魂に癒やしを与えてくれる。

石には性別があり、円盤形で直線方向に動くならば石は男性、丸い円形の動きは石が女性で、小さな石は、より速く、より活気のあるエネルギーを有し、大きな石は、より遅く、より深いエネルギーを有すると考えられている。

アメリカ国立公園等で採取できますが、現在は禁止され希少性は年々高まっています。

ヤントフラット (キャンディークリフ)

ヤントフラット (キャンディークリフ)

近隣の大きな町 セントジョージ Saint George, Utah
ユタ州南西部とアリゾナ州の州境にあるワシントン郡に位置する都市である。ネバダ州ラスベガスの北東約188 km、ソルトレイクシティから州間高速道路15号線を伝って南南西に約488 kmに位置している、人口約75560人の町。

セントジョージの歴史
セントジョージは、末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)大管長のブリガム・ヤングの指示で、1861年に綿花を栽培する所として設立された。

開拓地は末日聖徒イエス・キリスト教会の使徒の1人ジョージ・A・スミスから名前が付けられた。

それは教会が自立するための行動全体の一部だった。初期開拓者が綿花を栽培するために苦労したが、市場で競争力ある価格で生産されるには至らなかったので、最後は綿花栽培を放棄した。

1861年に南北戦争が始まったとき、ブリガム・ヤングはワシントン郡となっている所の開拓地を組織した。

南北戦争で綿花の供給がなくなることを怖れ、彼はこの西部の地で信徒の需要を供給するに足るものを育てる計画を始めた。

グレートベースンの縁より下にあるこの温かい地で、綿花を栽培して成功できると確信した。

1861年10月6日にソルトレイクシティで開催された教会の全体会議では、綿花産業を促進するディキシーでの任務に、約300の家族が選ばれた。

これらの家族は、適切な数の農家、石工、鍛冶屋、事業家、教育者、大工のいる町を確保できるように選ばれていた。

ヤントフラット (キャンディークリフ)

ヤントフラット (キャンディークリフ)

リーズ ワシントン郡 Leeds Utah
リーズの歴史
以前ベニントンと呼ばれていたリーズは、ハリスバーグの近隣の町で洪水のために形成されました。

洪水の影響を受けた地域の住民は、1867年にこの地域に移住することに決めました。

イギリスの植民地の多くが英国の起源だったリーズを偲んで名前が変更されました。

近年、シルバーリーフ、パインバレー山脈、およびザイオン国立公園のゴーストタウンへの近さは、地方の経済基盤を農業から観光業に変えました。

2009年6月17日、ユタの警察と森林警備員はワシントン郡で約8750本のマリファナ植物を破壊した。

政府機関の報告によると、メキシコのカルテルは、米国とメキシコの国境とカリフォルニア州の警察の圧力を避けるために、ユタ州への事業拡大を進めている。

逮捕はなかったし、マリファナ畑はリーズ近くのパインバレー山脈にあった。米国森林局(US Forest Service)の特別代理人、ダグ・ローは、この植物は若く、収穫が出来る状態ではなかったと語った。

ヤントフラットの行き方
トレイルヘッドにつながる泥道は濡れたときに大きく荒れてしまうことがありますので、高いクリアランスと四輪駆動車が最善です。

トレイルヘッドに到達する最善の方法は、ユタ州のリーズの村です。I-15とシルバーリーフロードの交差点から、北西のシルバーリーフロードに沿って1.7km進みます。シルバーリーフロードカーブが南西に進むと、オークグローブロードで北西に進みます。舗装道路は、リーズ・クリーク交差点付近のI-15から2km先にあります。

ラフ・ロードは、急なコーナーや急な崖のある場所では極端に狭くなることがある。 5kmの標示で道路は分割され、セント・ジョージの標識に従ってFR 031を左折(西)します。この道は10km以上南西に続き、道に沿って小さな牧場とヤンキー・ドゥードル・ホローの峡谷を通ります。 I-15から約17kmでトレイルヘッドに到着するが目印は無い。


PAGETOP