ラスベガスフォトツアー プロ写真家kenkanazawa/ラスベガスツアー/ラスベガスフォトサービス /ラスベガスプライベートツアー/アメリカ大自然ツアー

ビックホーン・シープ

ビックホーン・シープ Bighorn sheep

ビックホーン・シープ

ビックホーン・シープ

正式名は、Ovis canadensis。大きな角から名づけられた北米産の羊の種です。角は約14kgの重量があり、体重は約140kgです。

羊は元々シベリアからベーリング海峡を越えて北アメリカに渡った。

野生のシープは、更新世の間にシベリアからベラス川の橋を渡って約75万年前、北アメリカ西部、バハカリフォルニア、メキシコ北西部の南端に広がった。

アジアの祖先(雪の羊)からの発散は約60万年前に起こった。

北アメリカの数は数百万人に達し、ビックホーン・シープはインディアンの神話にも登場します。

1900年頃には、ヨーロッパ人の過剰な狩猟や病気のために数千人にまで数が減少した。

最近の遺伝子検査は、Ovis canadensisの3つの異なる種類があるが、そのうち1種は絶滅の危機にひんしている。

Ovis canadensisは、北アメリカとシベリアの山羊の3つの種の1つです。他の2つの種は、Dall羊(Dall sheep)とStone’s sheep(羊の羊)とシベリアの羊(O. nivicola)を含むO. dalliである。

北アメリカでは、野生のヒツジは、アラスカとカナダ北西部を占めるDall羊と、カナダ南部からメキシコまでのビックホーン・シープとに分かれている。

ビックホーン・シープの生態系
体長オス150~170cm、メス142cm。体重オス57~108kg、メス56~108kg。

夏は標高1800~2600mの高所で過ごし、冬になると寒さや雪を避けるため標高750m~1500mの低所へ移動し、昼行性。

繁殖形態は胎生。9~12月になるとオス同士で角を突き合わせて争う。
このような闘争は儀式化されたもので、闘争する頻度は高いものの傷を負うことは少ない。

妊娠期間は175~180日。5~6月に1回に1-2頭(主に1頭)の幼獣を産む。

ビックホーン・シープの分類
1.オージュボンビッグホーン
角がやや細く、先端があまり顔に近接しない。眼窩があまり突出しない。上顎の小臼歯前端から臼歯後端まで(頬歯列)が長い。

2.カリフォルニアビッグホーン
角がやや細く、先端があまり顔に近接しない。眼窩があまり突出しない。上顎の頬歯列が長い。

3.ロッキービッグホーン
全身の毛衣は褐色や灰褐色。角の先端が顔に近接する。眼窩が突出する。上顎の頬歯列が短い。

4.メキシコビッグホーン
全身の毛衣は淡黄褐色。角がやや細く、先端があまり顔に近接しない。眼窩があまり突出しない。上顎の頬歯列が長い。

5.ネルソンビッグホーン
全身の毛衣は淡褐色。角の先端が顔に近接する。眼窩が突出する。上顎の頬歯列が短い。

PAGETOP