ラスベガス写真家がアメリカ大自然からアメリカ横断まで徹底解説 ラスベガス出張写真&動画撮影 ラスベガスウエディング アメリカ大自然フォトツアーを常時開催

トッドストゥール グランドステアケース ユタ州

トッドストゥール
グランドステアケース ユタ州
Toadstool Hoodoos Utah

リム・ロック グランドステアケース

リム・ロック グランドステアケース

アリゾナ州北部からユタ州南部にかけ地層が北に向かって下がるように傾斜している。ところどころの地層が露出し巨大な階段状の地形に成っているグランドステアケースである。

グランドステアケースは大きく6層に分かれる

1番古くは2億5千万年前のカイバブ層、これはグランド・キャニオンで足元に踏む層である

2番目は2億2千万年前のチョコレート層、ザイオンにある層


3番目は2億年前のバーミリオン層、赤黒い地層


4番手は1億5千万年前の白の層、


5番手は1億年前のグレイ層、海底の土砂、泥が溜まってできた柔らかいもの、
1番新しい7千万年前からなるピンクの層は内陸時代湖の湖底にあった地層から成る。

岩の色が違うのは色々な背景があるが、白い色はその地層は砂浜や砂丘の時代にできたもので、色が強くなればなるほど、火山等により変成岩となり

性質が変ったり、岩の内部に含まれていた鉄分が侵食作用、雨水等で外部に到達し、酸素に触れ、それが錆びて赤くなったり黒くなったりしていると考えられる。

地層の重なりの中でいきなり色が変ったりする場合の多くは火山灰である事が多い。

ウァーウィーブ・フ―ドゥー(奇岩)
グランド・ステアケース エスカランテ国定公園、ユタ州

リム・ロック グランドステアケース

リム・ロック グランドステアケース

アリゾナ州はUS89のコットンウッド・キャニオン ロード終了地点に近い場所から横道に約13km(オフロード)30分ほど歩いた場所にあるウァーウィーブ・フ―ドゥー。

ウァーウィーブ・フ―ドゥー、赤褐色キャップストーンをトッピング極端に白い岩の尖塔の、フードゥ(土柱)は、グランド・ステアーケース 、エスカランテ国定公園の最も有名な地層です。

フードゥのキャップはダコタ砂岩で約100万年前地層です

枝の部分の赤い地層は、160万年前のエントラーダの砂岩です。

フードゥ(疫病神)のキャップは、ダコタ砂岩でそれは約100万年前の地層でフードゥの柱160万年前の地層でエントラーダ砂岩です。

ウァーウィーブ・フ―ドゥーはインディアンの言葉で杉の木の谷間の意。

通称きのこと呼んでいますが実際に見ると10m位の岩柱から小さい岩柱までありまるでおとぎの国の世界か違う惑星に来たみたいな錯覚に陥ります。

ワーウィーブ・フードゥは大階段-エスカランテ国定公園の端に大きな川の近くに位置しています。

 

 

 

  • facebook
  • twitter

PAGETOP