ラスベガス写真家がアメリカ大自然からアメリカ横断まで徹底解説 ラスベガス出張写真&動画撮影 ラスベガスウエディング アメリカ大自然フォトツアーを常時開催

OK牧場の決闘

OK牧場の決闘
Gunfight The O.K. Corral

OK牧場の決闘

OK牧場の決闘

1881年10月26日アリゾナ州トゥームストーンのO.K.コラル近くの路上で起こった銃撃戦で実際にあった歴史の事件。

映画『OK牧場の決斗』の舞台である、Gunfight at the O.K. Corral 直訳すれば「OKコラルの銃撃戦」で、コラルとは家畜の囲いを意味し、当時の貸し馬や馬を預かる商売所たった、ワイアット・アープらを始めとする市保安官たちと、クラントン兄弟をはじめとするカウボーイズが銃撃戦をした。

カウボーイズとは、この時代のこの地方特有の特殊用語で「悪い牧童」と言う意味である。牛飼いや牧童であるが同時に牛泥棒でもあった。

OK牧場の決闘

OK牧場の決闘

トゥームストーン Tombstone

アメリカ合衆国アリゾナ州南東部に位置する都市。
かつては銀の鉱山町として栄え、その人口はサンフランシスコをしのいだ。しかし銀鉱が掘り尽くされると町は急速に衰え、2006年には、人口1569人にまで減少した。

町全体が国の史跡に指定され、西部開拓時代の辺境の町の町並みを残す「生きた博物館」呼ばれている。

O.K. Corral, 326 East Allen Street,
Tombstone, AZ 85638
(520) 457-3456

マーロン・ブランドと西部劇映画

ブランドは、非白人に対する人種差別がアメリカ国内において合法であり、人種差別が公然と行われていた若い頃より、
非白人の恋人や愛人が多かったことで知られており、最初の妻はインド系であった。

人種差別問題と公民権問題には早くから積極的に関わっており、1963年のワシントン大行進にはハリー・ベラフォンテやチャールトン・ヘストンら俳優仲間とともに参加した。

また、アパルトヘイトを扱った『白く乾いた季節』にはわずか4000ドルのギャラで出演し、ギャラは反アパルトヘイト団体へ寄付した。

アカデミー賞受賞拒否

1972年の『ゴッドファーザー』ではマフィアのドン、ヴィト・コルレオーネを演じアカデミー主演男優賞に選ばれるが、
「ハリウッドにおけるインディアンをはじめとした少数民族に対する人種差別への抗議」を理由に受賞を拒否して話題となった。

授賞式の壇上にはインディアンの服装をした「リトル・フェザー」を登場させ、アメリカの映画作品内における人種差別問題、特にインディアンに対する人種差別問題を提議した。

それまでアメリカの西部劇映画では、白人俳優の演じる史実に即していない外見・風習をしたインディアンが悪役として登場することが多く、正確ではないインディアンのイメージを広めてきた。

しかし上記のアカデミー賞授賞式における抗議行動を境に、アメリカの映画界がステレオタイプなインディアンを映画に登場させることはほぼ無くなり、西部劇の映画製作自体が下火になった。

インディアンの問題をテーマにしたジョニー・デップ監督作『ブレイブ』には無償で出演した。

法外なギャラの一部を自ら設立に関わったAIM(アメリカインディアン運動)の運営資金に充てたこともある(AIM代表の一人だった)オジブワ族のデニス・バンクスとは親交が深い。

 

 

 

  • facebook
  • twitter

PAGETOP