ラスベガス写真家がアメリカ大自然からアメリカ横断まで徹底解説 ラスベガス出張写真&動画撮影 ラスベガスウエディング アメリカ大自然フォトツアーを常時開催

ダイナーソアートラック 恐竜の足跡

ダイナーソアートラック 恐竜の足跡
Dinosaur Track

人間の歴史より恐竜の時代の歴史が長い、恐竜の時代は中世期、約2億5000万年前から約6550万年前で1億8450万年の歴史がある。

恐竜が進化して現在の鳥類に成っているという説もあり2億5000万年前から現在に至るまで続いている。

現在の人間は分類上ホモ・サピエンス。私たちの先祖が生まれたであろう年代は、今から約10万年前に成ります。比較してみると、人間は恐竜の1845分の1しか歴史がない事に成ります。パーセントで言うと、約0.05%です。

恐竜の足跡の町 チューバ・シティ アリゾナ州

チューバ・シティあは、アリゾナ州、ココニーノ郡にあり、
ココニーノ郡のナバホ族のインディアン居留地区では、2番目に大きなコミュニティである。

ナバホ人口は約8600人。ナバホ・ネイーションの中で最大のコミュニティで、シップロック・ニューメキシコ州より大きい。

ダイナソアートラック

ダイナソアートラック
恐竜の足跡

ホピの町モエンコピは南東に位置し、町の名前はモルモン教に改修した、ホピ族の村長のTuuviから来ている。ナバホ語では、Naneesdizí、貯水池の源である湧水を意味する。

ツバシティはナバホネーションの西にペインテッド砂漠に位置し、国道160号線とルート264号線との接合部の近くに位置 している。

ツバシティからグランドキャニオン国立公園は東側の入り口まで約80kmにある。町の歴史は200年以上さかのぼる。

フランシスコガルセスは 1776年にこの地域を訪問した時、インディアンは作物を栽培していた。町の名はTuuvi、ホピのリーダーの名にちなんで名付けられた。

1870年頃、村長Tuuviはモルモン教に改宗し、モルモン教徒を近くのモエンコピに招待した。

1872年、モルモン教徒によってツバシティの町は設立された。

ツバシティは泉があり、ホピ、ナバホとパイユートの町であった1956年にウラン発掘され、ブームタウンレアメタルと原子力委員会の事務所がある。ウラン発掘された場所は1966年に閉鎖され、再利用も1990年に終わった。

恐竜の足跡 アリゾナ州 ダイナソアー・トラック

ティラノサウルスは、約6850万~約6550万年前 中生代白亜紀末期マストリヒシアンの北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜で大型獣脚類の1属である。

史上最大級の肉食恐竜の一つに数えられ、恐竜時代の最末期を生物種として約300万年生きたが、中生代を終わらせた大絶滅によって最期を迎えている。

恐竜の代名詞と言えるほど有名な存在で「ジュラシック・パーク」等の恐竜をテーマにした各種の創作作品では、脅威の象徴や最強の恐竜として描かれ高い人気が高い。

イリノイ州シカゴのフィールド自然史博物館にて展示されている、スーは1990年代には非常に保存状態の、良いティラノサウルスの全身骨格化石が発見された。

標本は発見者のスーザン・ヘンドリクソンにちなんで「スー」と名付けられた。スーはオークションにより日本円にして約10億円という高額で落札されたことでも話題を呼んだ。

T・レックスは約6850万年~6550万年前の中生代白亜紀末期に北アメリカに生息していた、肉食恐竜300万年生きたが6500万年前に恐竜自体が絶滅した。

テラノザウルスは、ギリシャ語とラテン語の合成語で、日本語では「暴君」体長11~13m 体重5~6t。

1990年に保存状態の良い全身骨格化石が発見された。ラプトは中世代三畳紀後期に生息体長1.5mで北米では珍しく、ラプトルの歩行している足跡や親子の足跡は貴重な写真です。

恐竜に関するニュース

米西部に恐竜の「踊り場」1000個以上の足跡を発見、直径約2.5cmから約50cmの円形の穴が3000平方mの広さの岩盤に点在、しっぽを引きずったような跡も見つかった。

かつては風雨による浸食作用でできた穴と考えられていたが、大型動物が歩いたような穴の間隔やつめや指、かかとのような形があることなどから、同大の考古学者が恐竜によるものと判断した。

種類は特定できていないが、ティラノサウルスより小さな体長6mほどの二足歩行の恐竜や、体長1m以下の3本指の足を持つ恐竜などが推定されるという。

現場はジュラ紀初期の地質で、現在のサハラ砂漠よりも広い砂漠の中のオアシスであった可能性があるとしている。

 

 

 

  • facebook
  • twitter

PAGETOP