ラスベガスフォトツアー プロ写真家kenkanazawa/ラスベガスツアー/ラスベガスフォトサービス /ラスベガスプライベートツアー/アメリカ大自然ツアー

トラベル・タウン・ミュージアム(博物館)

トラベル・タウン・ミュージアム

トラベル・タウン・ミュージアム

トラベルタウン・ミュージアム(博物館)Travel Town Museum
1952年12月14日、ロサンゼルスのグリフィスパークにある鉄道博物館で1880年から1930年代までの南カリフォルニアの重要な機関車と車両の貴重なコレクションが多数あります。

トラベルタウン・ミュージアムの歴史
1940年代後半に、チャーリー・アトキンスと鉄道愛好家は、グリフィスパークに蒸気機関車の博物が出来ないか計画した。

ロサンゼルス市港湾局には、カリフォルニア州サンタカタリナ島の採石場で使用されていたスクラップ用の機関車2つの小型機関車があり、寄贈され計画がスタートしたのが始まりです。

1952年12月14日、第二次世界大戦中に捕虜収容所として使用された地域でトラベルタウンが発足しました。機関車はガラスの窓やゲージを破壊するのを防ぐために、1955年にフェンスが設置されるまで昼夜利用可能でした。1954年に寄贈されたユニオンパシフィック鉄道の食堂車が誕生日パーティー等に利用された。

公園の914 mmの狭いゲージのクリスタル・スプリングス&サウスウエスタン・レールロードは1955年から1キロの線路上でオアフ島から来た2両の機関車を運行していたが、後に機関車はハワイに戻って展示された。

1965年、トラベルタウン・ミュージアムの展示は再編成され公園は一新され、トラベルタウン・ミュージアムは新たな成長と発展を遂げています。

トラベル・タウン・ミュージアム

トラベル・タウン・ミュージアム

Travel Town Museum
Address: 5200 Zoo Dr, Los Angeles, CA 90027
Phone: (323) 662-5874
Weekday
10am-4pm
Weekend
10am-6pm

列車のリスト

トラベル・タウン・ミュージアム

トラベル・タウン・ミュージアム

#1369ハイスラー1918年 HHRR 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)

ハイスラー機関車は、森林から製材所まで木材を運搬するために使用されました。1918年にハイスラー機関車工場によって製造され、店番号1369が割り当てられました。この連動機関車の重量は75トンで3台のトラックの12輪すべてが駆動輪です。

機関車は元々サンフランシスコに飲料水を供給するダムを建設する資材を運搬するハッチ・ハイチー鉄道 のために製造された。1920年代半ばに機関車はカリフォルニア州のソノラにあるスタンダード・ランバー・カンパニーに売却され、後にピッケリング・ランバー・カンパニーに売却された。

#2シェイ1922
リトルリバーレッドウッドカンパニー4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)1922年にリマロコモティブワークス社によってリトルリバーレッドウッドのため#4として、12ギヤードホイールを備えた3トラックシェイ油を燃やしたカリフォルニア州クランネルにある会社の鉄道。

機関車は1935年にCamino、Placerville&Lake Tahoe Railroadに売却され、#2の番号が付け替えられました。ミシガン州 ~カリフォルニア州ランバー社が所有する13 kmの長距離回線で使用されました。

主に製材ラインで、カリフォルニア州サクラメントの東、シエラネバダ山脈のカリフォルニア州カミノの製材工場から、カリフォルニア州プラサービルのプラサービル支店との接続に向けて製粉された木材を運んでいました。

重量は166,500ポンド(75.5トン)です。ドライバーの直径は36インチ(910 mm)、シリンダーのサイズは12 x 15インチ(300 x 380 mm)です。それは200spi(14バール)のボイラー圧力で運転しそして30.350ポンド(13.77t)の牽引力を与えた。

トラベル・タウン・ミュージアム

トラベル・タウン・ミュージアム

#4439スイッチャー1918 #4439 Switcher 1918 UP 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)0-6-0スイッチャー #4439は、1918年にBaldwin Locomotive Worksによってユニオン・パシフィック用に建設された45の石油燃焼S-5クラスの1つです。

1957年に大気汚染防止委員会の命令により廃止されるまで、ワイオミング州シャイアンで、後にロサンゼルスハーバーベルトラインに移されました。それはロサンゼルス地域で定期的に運行する最後の蒸気機関でした。

156.000ポンド(71トン)の重量を有しそして180psi(12バール)のボイラー圧力で運転される。24,680ポンド(11.19トン)のけん引力を持っていました。 51インチ(1,300 mm)のドライバーと21 x 26インチ(530 x 660 mm)のシリンダーがあります。 1957年にUPによって博物館に寄付されました。

#36寝台車ローズボウル1937 UP 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)

ユニオンパシフィック寝台車#6635は、プールマン・カンパニーが1937年に製造したが、1939年8月12日の夜のサンフランシスコ市内の脱線事故を起こした。重量は20トン、長さは85フィート(26 m)であり、1992年にハワイ。

#LA-701プルマンドミトリー/クラブカーLittle Nugget 1937 UP 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)

ユニオンパシフィック号LA-701、リトルナゲットは1937年のプルマン寮/クラブカーです。ユニオンパシフィック航空とシカゴ&ノースウェスタン鉄道の新旅客列車 –  Streamliner City of Los Angelesの一部として、Pullman-Standard Car Manufacturing Companyによって製造されました。

当時、鉄道車両の設計と技術の最高峰で、一流のプ乗客のためのクラブラウンジとして役立った、これまでで最も贅沢に装備された鉄道車両の一つでした。

#1544エレクトラ1902パシフィックエレクトリック 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)サウサリートのノースショア鉄道によって1902年に製造された電気機関車エレクトラ。サンフランシスコの1906年の地震と火災の後まで使われました。最終的に太平洋電気鉄道によって購入され、1952年まで作業機関車およびスイッチャーとして使用されていました。

#1543エレクトリックカー1911 SP 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)1911年に南太平洋のイーストベイエレクトリックライン用に製造されたエレクトリックカー #1543。Interurban Electric Railwayは1941年にサービスを中止しましたが米国海事委員会は戦時中パシフィック・エレクトロリックに再割り当てした。サイズが大きく飛行船と呼ばれていました。 

#1コーチOR&L 3フィート(914 mm)
木製のオアフ鉄道&ランドカンパニーコーチ#1は、完全にマホガニーで仕上げられ、天井には華やかな細部の絵が描かれていた。車は主にハワイの町の間の短い旅行で乗客を運ぶために使用されていたので、元の座席は最も普通らしい、木製のベンチでした。外装はスクロール絵で飾られていた。トラベルタウンのハワイ鉄道からの鉄道車両は、1953年にハワイで最初に接触した鉄道と機関車の歴史協会の地方支部の努力を通して寄付された。

#36コンビネーションカーOR&L 3フィート(914 mm)重量は11.5トン、長さは42フィート10インチ(13.06 m)でした。オアフ鉄道とランドショップによって製造された。荷物、郵便、乗客を運び支線でよく使われていました。一般的にコンビネーションカーの座席はセカンドクラスで、同じ電車の普通のコーチほど素敵な内装ではありませんでした。第二次世界大戦以前に女性が公の場で喫煙することはめったになかったので、喫煙所として使用された。

#1アメリカの1864年西太平洋鉄道 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)
4-4-0(アメリカ)機関車は1864年にNorris Locomotive Works Lancaster工場によって製造されました(建造者番号12)。ストックトン、ターミナルおよび東部の短い線に行った1914年までそれを使用した。1869年に中央太平洋鉄道によって引き継がれました。ST&Eは1953年までそれをストックトンターミナルおよびイースタンNo.1として運営していた。

#754 Haskell&Barker caboose 1910 WP ft 8 1/2インチ(1,435 mm)西太平洋第754号、1910 Haskell&Barker Caboose。

#670タンク車4フィート8 1/2インチ(1,435 mm)Richfield Oil No. 670、1911タンク車。

#26圧密1909 WP 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)
2-8-0(Consolidation)タイプの蒸気機関車は、西太平洋で貨物を運搬するために1909年にAlcoによって製造されたこのタイプの13の石油燃焼機関車の製造業者番号46456 です。西太平洋で45年間働いていて、鉄道で使用されている最後のアルコ連結の一つでした。

#664連結1899 AT&SF 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)
2-8-0(統合)タイプの蒸気機関車は、Atchison、Topeka、Santa Fe Railwayのために1899年にBaldwin Locomotive Worksによって製造された45の機関車のうち、17187 の機関車でした。元の番号は#891でしたが、1900年には#664に番号が変更されました。1910年には、Pecos&Northern Texas Railwayに12か月間貸し出されましたが、その後AT&SFに返されました。AT&SFの北部、南部、パンハンドル、平原、湾岸部の貨物列車に使用され、1953年に博物館に寄贈された。

#1 EMDディーゼル電気スイッチャー1942 アメリカ海軍4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)
42t、300馬力ディーゼル電気スイッチャー#1は、米国海軍のために1942年にEMDによって製造された3つのうちの1つです。これらの機関車は1940年から1943年の間に11台製造されました。ロードアイランド州ゴート島の米海軍の魚雷基地とカリフォルニア州サンディエゴのノースアイランド海軍航空基地で石炭と物資を運搬しました。1962年に、それはカリフォルニア州トーランスにあるマクドネル – ダグラス航空機株式会社の海軍兵器産業保護区工場に移され、そこでさらに25年間使用されました。1988年3月、McDonnell-Douglasはそれをトラベルタウン・博物館に寄付し、そこでスイッチャーとして使われました。博物館の創設者にちなんで「Charley Atkins」という名前が付けられました。2つのディーゼルエンジンが両側から電気DC発電機を駆動するために使用されることは珍しいことであり、一方は時計回りに回転し、他方は反時計回りに回転する。

#56ボールドウィンディーゼル機関車1955 リバー・レールロード 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)カリフォルニア西部鉄道 #56、これは1955年にボールドウィンによってマック・クラウド川鉄道用に製造された。カリフォルニア西部は1970年から1992年までそれを操作しました。それは旅行の町からロサンゼルス動物園、クリスタルスプリングスとカウエンガバレー鉄道への提案されたラインのために使われた。1890年代の電気自動車1890年代に建てられたロサンゼルス製の四輪電気自動車です。

#21サンフランシスコ市営鉄道c.a. 1880サンフランシスコケーブルカーシステム3 ft 6 in(1,067 mm)
1952年、トラベルタウンが正式にオープンする前であっても、創設者のCharly Atkinsはサンフランシスコ市長にケーブルカーの展示を依頼したが、謝罪してケーブルカーを売却または譲渡することはできないと伝えられた。 3年後、1953年のロサンゼルスで開催された国際フラワーショーの中心となるケーブルカーが貸し出された。その後、トラベルタウンへ。

#12鉄道郵便局1880 SP 3フィート(914 mm)19世紀の南太平洋鉄道郵便局の細い12号車は、その所有者によって、車掌、手荷物車、鉄道郵便車、そしてとりわけ手荷物としてさまざまな目的で使用されました。 メールの組み合わせそれはカーター兄弟によって1880年頃に製造され、13トンの重さと13 mの長さを持っていました。南太平洋鉄道からトラベルタウン・博物館に寄付されました。

#3355 Pullman snack car 1928 AT&SF 1435 mm Atchison、Topeka、Santa Fe Railwayの#3355は、Pullman Companyによって1928年に建設されました。

#3669プルマンダイニング車1921 UP 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)ユニオンパシフィック#3669、1921プルマンダイニング車、ユニオンパシフィック第369号としても知られている。

#1273スイッチャーSP 1921
0-6-0機関車 #1273は南太平洋によってそのサクラメントの競馬場で製造され32の0-6-0機関車の一つです。鉄道のロサンゼルスのワークショップでさらに6つが製造されました。石油燃焼でした。その重量は153,000ポンド(69 t)で、20 x 20インチ(510 x 510 mm)のシリンダーと51 in(1,300 mm)の直径のドライバーがあります。 25平方フィート(23.7平方m)の過熱を含め、30平方フィート(2.8平方m)の火格子と150平方フィート(14平方m)の総加熱面積で、200 psi(14バール)のボイラー圧力と31,020の牽引力を持っていた。35年間のサービス期間中に2,400,000 km以上の距離を記録した後、1956年に廃止されました。翌年、南太平洋からトラベル・ワールド・ミュージアムに寄付されました。

#1000ミカド1920 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)2-8-2(ミカド)タイプの蒸気機関車は1920年にAlco(製造者番号61535)によってHetch Hetchy Railroad用の#4として製造された。それはカリフォルニア州ヨセミテのHetch Hetchy渓谷のTuolumne川にO’Shaughnessyダムを建設するためにサンフランシスコ市によって建設された109 kmの長さの線で使用されました。1924年に、それはワシントン州のCarlisle Lumber Companyによって所有され運営されている路線であるNewaukum Valley Railroadに売却され、#1000に番号が付け替えられました。その2-8-2ホイール配置の対称アクスル構成は容易な双方向操作を可能にし、それを伐採に特に適したものにします。1944年に、それはサンタマリア、カリフォルニアのサンタマリアで石油精製所を提供して、そしてカリフォルニアのグアダルーペで南太平洋の本線に運搬するサンタマリアバレー鉄道に売られました。サンタマリアバレー鉄道は、1954年にディーゼル機関車を発表したときに機関車をトラベルタウン博物館に寄贈しました。機関車は石油燃焼され、195,000ポンド(88トン)の重量を持ち、180psi(12バール)のボイラー圧力を持ち、35700ポンド(16.2トン)の総けん引力を発揮します。それは48インチ(1,200 mm)のドライバーを持ち、シリンダーは20 x 28インチ(510 x 710 mm)です。

#3025 Atlantic 1904 SP 4 ft 8 1/2 in(1,435 mm)4-4-2(Atlantic)タイプの蒸気機関車#3025は南太平洋向けにAlcoによって13の内の1つ(建築者番号30005)で、1904年に製造されました。

#31ロサンゼルス港湾局192 ロサンゼルス港湾局 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)
0-4-0Tサドルタンク式蒸気機関車#31は、アイオワ州ダベンポートのダベンポート機関車工場によってロサンゼルス市港湾局のために1921年に製造されました。石油を燃料とし、19tの重さがあります。機関車は採石場からカタリナ島の海岸までの岩を運んだが、本土でも働いた。サンペドロ港の建設は1899年に始まり、1909年にはロサンゼルスに併合されました。1920年代までには、アメリカ西海岸で最も忙しい港となり、1930年代初頭には、2棟の建設を含む大規模な拡張が始まりました。スクラップヤード向けの#31は、博物館のコレクションの候補として特定され、1953年に#32とともにロサンゼルス港湾局から寄贈されました。

#32サドルタンク式機関車1914 Los Angeles 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)
0-4-0Tサドルタンク蒸気機関車#32は石油燃焼であり、重量は38,000ポンド(17トン)です。1914年にALCOのRogers Locomotive Works(建築者番号53115)によりロサンゼルス市のために製造された。1953年に#31と共にロサンゼルス港湾局によってトラベルタウン・ミュージアムに寄贈されました。

#1 Conrockサドルタンク機関車1925 Consolitated Rock Products 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)Conrock 1号、1925年アメリカ(Cooke Works)0-6-0スイッチャー蒸気機関車は、蒸気を作るための水を運ぶためにボイラーの上にアーチ型にされたサドルタンクを備えています。 Consolitated Rock Productsの採石場で30年間働いた後、1955年にスモッグ・コントロール・ボーダーの命令で引退し、ディーゼルエンジンに置き換えられました。

#163南太平洋のストックカー
カーソン&コロラド・レールロード3 ft(914 mm)1980年に設立されたカーソン&コロラド・レールロード(C&C)で、狭くなった木製のストックカーが使用されました。 ネバダ&カリフォルニア・レイルウエーカンパニーの名前で再編成されました。家畜の輸送に使用され、スラットの側面とドアを備えていました。

#1サザンパシフィックボックスカーカーソン&コロラド鉄道 3フィート(914 mm)カリフォルニア州ニューアークのカーター兄弟によってサンフランシスコ湾の東側に建設された木製の狭いゲージのボックスカー。それはミナとキーラーの間のカリフォルニアとネバダの砂漠を通って走った。カーソン&コロラド鉄道の最初の通行権交渉の間に、シュルツインディアン居留地を横切って路線が建設されることになり、鉄道はシュルツ居住者に無料の交通手段を提供することに同意しました。しかし、この無料の交通手段は乗用車では提供されておらず、代わりにコーチまたはボックスカーの上で提供されていました。

#7 Prairie 1902 Sharp and Fellows、Inc. 4 ft 8 1/2インチ(1,435 mm)1902年にALCOのDickson工場により建設され、ミネソタランドアンドコンストラクションカンパニー用に2-6-0(製造番号26264)。1909年にシャープとフェローズ社に売却され、2-6-2(プレーリー)#7として製造された。列車の一部を掲載しています。

  • facebook
  • twitter

ラスベガスとは?

PAGETOP