ラスベガス写真家がアメリカ大自然からアメリカ横断まで徹底解説 ラスベガス出張写真&動画撮影 ラスベガスウエディング アメリカ大自然フォトツアーを常時開催

建築家メアリー・コルター

メアリー・エリザベス・ジェーンコルター
Mary Colter

建築家メリーコルター

建築家メリーコルター

アメリカの建築家デザイナーメアリーコルター(4月4日1869年~1月8日1958年)はでペンシルベニア州のピッツバーグ生まれで元々1902年セントポール・ミネソタ州で教師をしていた。

子供の頃コルターは、彼女の家族と一緒にアメリカ南北戦争の数年後にフロンティアミネソタ州、コロラド州、テキサスを旅行したが、その後、彼女の父親は1886年死去。

コルターは、1901年サンフランシスコのカリフォルニア大学でデザインの勉強しフレッド・ハーベイ社採用された。

フレッド・ハーベイ社 は彼女にアルバカーキ・アルバラドホテルの装飾の仕事を任せ、コルターは、インテリアデザイナーから移動し建築家、1910年に正式に働き始めた。

フレッドハービーで数少ない女性建築家として30年間働き、コルターは21のプロジェクト完了。

彼女は、ラ・ポサダなど南西を通じてランドマークホテルや商業のロッジのシリーズを作成した。

1922年、グランドキャニオンの一番下にある建物ファントムランチ

1905年.ホピ・ハウス

1914年、ヘメット・レスト

1914年、ルック・アウト・スタジオ

1932年、ウオッチタワー、デザートビューにある、高さ21mの鋼構造

1935年、ブライト・エンジェル・ロッジ 、エルトバーホテルは、コルターは装飾をしたが、設計はしていない 。

建築家メリーコルター

建築家メリーコルター

メアリージェーンコルタービル・グループは、4つナショナル・ヒストリー・ランドマークに登録された。

1987年、彼女は、プエブロ・リバイバル様式の建築、スペイン植民地時代のリバイバル・アーキテクチャ、ミッション・リバイバル様式の建築アメリカの職人と芸術クラフト運動の合成スタイル、プエブロ・デコスタイルを確立した。

コルターの傑作は、1923年建設した、ギャラップ・ニューメキシコ州にあったエル・ナバホ・ホテルで近代的なナバホの砂の絵を取り入れた。プエブロ・リバイバル様式の建築だったが、ホテルはコルターの死の前に取り壊された。

彼女の傑作のもう一つは、ウィンズロー、アリゾナ州のラポサダ・ホテルは、スペイン植民地時代のリバイバル・アーキテクチャハシエンダ・スタイル1929年と言われている。

彼女は、アジア・テイストの、家具、建物、庭園を全体のリゾートを設計しました。サンタフェ鉄道は、1957年にホテルを閉鎖し、ホテルを後に1960年のオフィスビルに成った。幸いなことに、ホテルや庭園は現在、元に復元された。

コルターは、メンブレノ・チャイナ食器の生みの親で、1936年に始まったサンタフェ鉄道のスーパーチーフによってシカゴ・ロサンゼルスの鉄道サービスが始まり装飾品、食器などが採用された 。

建築家メリーコルター

建築家メリーコルター

コルタはインディアンの芸術の専門家で1100年代のCEミンブレスパターンに彼女のデザインをベースにハリエットとコーネリアスコス・グローブのデザインを考案し、ニューメキシコ州のスワーツ遺跡での1924年から1927年生産した。メンブレノ・チャイナは1970年まで生産された。

スーパーチーフのビジネスクラスのダイニングサービスは、1971年5月アムトラックは廃止されたが、メンブレノ・チャイナお食器は人気が高く、熱心な収集家に収集された。ロサンゼルスのユニオン駅のカクテルラウンジを制作した。

1948年、メアリーコルターは引退後、サンタフェ、ニューメキシコ州に彼女のコレクションであるインディアンの陶器やインディアンの遺物を寄贈した。

 

 

 

  • facebook
  • twitter

PAGETOP