米国ラスベガス写真家kenkanazawa /ラスベガスフォトツアー/格安ラスベガスウエディング/ラスベガスフォトサービス/アメリカ大自然フォトツアー

片目の芸術家デイル・チフリー 「ベラージオ」

片目の芸術家
デイル・チフリー
「ベラージオ」

モバベ砂漠の町にある
ラスベガスのホテル
「ベラージオ」は
ラスベガスのメイン通りにある

ホテル・ベラージオは
MGM系列のホテルで
映画オーシャンズ11の
ロケ地に使用された

デイル・チフリー ベラージオ

デイル・チフリー ベラージオ

デイル・チフリー ベラージオ
ベラージオは
ラスベガス のメイン通りの
最も華やかな場所
「ラスベガスストリップ の中心にあり、

ストリップの通りに面して

ヨーロッパで人気の避暑地にある
イタリア北部のコモ湖を
イメージして作られ、
サッカー場が8つも入る
広さがあります

 

デイル・チフリー ベラージオ

デイル・チフリー ベラージオ

ベラージオ は、ラスベガス のメイン通りの最も華やかな場所「ラスベガスストリップ の中心にあり、

ストリップの通りに面して、ヨーロッパで人気の避暑地にあるイタリア北部のコモ湖をイメージして作られ、

サッカー場が8つも入る広さがあります。

ホテルは、色とりどりの花と水に満ちあふれたオアシスです。

ホテルのフロントには、数多くのフラワーアレンジメントが飾られており、

フロントデスクから望む小さな中庭にも花々が植えられている。

又、奥の庭には世界的に有名なボタニカル・ガーデンがある。

ロビーの天井を彩る虹色の花は吹き『Fiori di Como』2000個以上ベネチアン・ガラスで出来ている。

アメリカを代表するガラスの芸術家・デイル・チフリーの作品です。

1992年にチフーリは、アメリカで最初の人間国宝に選ばれた。

デイル・チフリー
Dale Chihulyの経歴

デイル・パトリック・チフリーの両親はジョージとバイオラ・チフリーで1941年9月20日、ワシントン州タコマで生まれた。

アメリカ合衆国ワシントン州タコマ出身のガラス彫刻家。

デイル・チフリーは1959年にウッドローウィルソン高校を卒業した後、

彼の正式な教育を続けることを考えていなかったが、

母親の勧めでピュージェットサウンド大学に入学した。

ウィスコンシン大学マディソン校、ワシントン大学とロードアイランド・スクール・オブ・デザインで学ぶ。

ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン在学中に奨学金を得てムラーノに渡り、ガラス製造を学ぶ。

デイル・チフリー ベラージオ

デイル・チフリー ベラージオ

12にも及ぶ名誉博士号を授与され、全米芸術基金の奨学金を2回受けている。

タコマのウッドロウ・ウィルソン高校を卒業。

1956年、彼の兄はフロリダ州ペンサコーラで海軍航空訓練事故で亡くなり、その後、1958年に父が52歳で心臓発作で死亡した。

1965年、インテリアデザインで文学士号を取得。

1967年、ウィスコンシン大学マディソン校でハーヴィー・リトルトンの下で勉強し彫刻の理学修士を取得。

1968年、フルブライト・プログラムでヴェネチアでガラスの勉強をし、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインで美術学修士号を取得。

1971年、ジョン・ハウバーグとアン・グールド・ハウバーグの支援を受けて他のガラス彫刻家達と

ワシントン州スタンウッドの近くにピルチェック・ガラス・スクールを共同設立。

1976年、イングランド滞在中に正面から来た自動車の事故に巻き込まれ、フロントガラスを突き破り彼は外に飛び出された。

ガラスによって顔がひどく損傷し、左目が盲目となった。

それまで彼は自らガラスに細工を施していたが、回復後の1979年、ボディサーフィンの事故で肩を脱臼させ、

それ以降ガラス吹きパイプを持つことができず、細工を他の人に依頼した。

サン・ディエゴ・ユニオン・トリビューンは「アーティストとしてだけでなく成功をおさめた企業家であり、

シアトル・タイムズによると2004年まで見積もられた売上高は2900万ドルとなる」と記した。

2015年8月22日に富山県富山市西町に富山市ガラス美術館のシンボルとして常設展示されている。

デイル・チフリー ベラージオ

デイル・チフリー ベラージオ

デイル・チフリー作品

1975年 ナバホ毛布のシリーズがガラスに描かれたナバホ毛布シリーズ

1977年 ノースウエストコーストバスケットシリーズ、彼が子供の頃見た

ノースウエストコーストのインドのバスケットにインスパイアされたバスケット

1980年 薄いガラスの透明彫刻であるシー・フォーム・シリーズは、色付きのリブ付きストランドで強化

1981年 スタジオで利用可能なすべての色をフィーチャーしたMacchiaシリーズ

1986年 12〜14世紀の中東ガラスにインスパイアされたペルシャシリーズ。

色彩を抑え、部屋の大きさを抑えたインスタレーション。

1988年 イタリアのアールデコに基づく即興

1989年 生け花シリーズ、生け花に触発されたガラスのフラワーアレンジメント

1990年 ベネチアンシリーズが復活、今度はより風変わりな形で

1991年 新島フロート、新島フロムチフリー島の日本のガラス漁船に触発された複雑な色の6フィートの球

1992年シャンデリア。控えめに始まりますが、ある作品では花のように見えたり、

胸のように見えたり、それでもヘビのように見えたりするたくさんのガラス球と形を含む10年の半ばまでに。

チフリーはまた、彼の吹きガラス作品よりも構想的に控えめな「アイルランドの円柱」のかなりの量を生み出しました。

ガラス片に加えて2000年にイスラエルのエルサレムで開かれた彼の展覧会のために、

彼はアラスカの職人の井戸から持ち込まれた巨大な透明な氷の塊を持っていて、近くの城塞の石を彷彿とさせました。

カラージェル付きのライトを照明のためにそれらの後ろに設置した。

チフリー氏は、融解壁は人々の間の「障壁の解消」を表していると述べた。

この展示は、130万人を超える来場者を含む一時的な展示会へのほとんどの訪問者にとって世界記録を保持しています。

デイル・チフリー ベラージオ

デイル・チフリー ベラージオ

チフリーのギャラリー

チフリーの最大の常設展示は、オクラホマシティ美術館にあります。

チフリーはMGMリゾーツインターナショナルと提携して2つの売店を運営しています。

1つはラスベガスストリップのべラージオ、もう1つはマカオのMGMグランドカジノにあります。

他のギャラリーにも彼の作品があります。彼はまた、ラスベガスのクリスタルローのラスベガス市内中心部にギャラリーを持っています。

1983年、チフリーは太平洋岸北西部に戻り、1971年に発見したピルチャックグラススクールで自身の作品を開発し続けました。

吹きガラスの第一人者で、想像を絶する規模と量の建築用ガラスアートを生み出すことを可能にしました。

2010年、スペースニードルコーポレーションは、シアトルセンターのサイトでのチフリーの作品展の提案を他のグループからの他の用途の提案と競い合って提案しました。

2011年4月25日にシアトルセンターの公園と娯楽施設の前のファン・フォーレスト・アミューズメントパークが2012年5月21日にオープンしました。

チフリー作品展示場

1996年 ヴェネツィアのチフリー、ヴェネツィア、イタリア

1999年 ~2000年 エルサレム2000の光の中のチフリー、ダビデの塔、エルサレム、イスラエル

2001年 ロンドンのビクトリア&アルバート博物館のV&Aにてチフリー

2001年~2002年:チフリー・イン・ザ・パーク ガーデンオブグラス、ガーフィールドパーク音楽院、イリノイ州シカゴ

2002年 冬季オリンピック展、ユタ州ソルトレイクシティ

2004年 フロリダ州セントピーターズバーグのガラスの名作、オーランド美術館と美術館、1月18日~5月30日 2004年

2004年 チフリー・イン・ザ・ガーデン、アトランタ植物園、アトランタ、ジョージア

2005年 ガーデンオブグラス、キューガーデン、ロンドン

2005年 現代アメリカの芸術(1900年~現在まで)カラマズー美術館、ミシガン州 カラマズー

2005年から2007年 フロリダ州、コーラルゲーブルズのフェアチャイルド熱帯植物園のチフリー

2006年 ミズーリ植物園、セントルイス、ミズーリ州

2006年 オイステルヴァイク彫刻家、オイステルヴァイク、オランダ

2006年 ニューヨーク植物園、ニューヨーク、ニューヨーク

2007年 伝統に包まれた アメリカインディアンの貿易毛布のチフリーコレクション、メイボー博物館コンプレックス、テキサス州 ウェイコ

2007年 チフリー・アット・フィップス:庭園とガラス、フィップス音楽院、ピッツバーグ、ペンシルバニア州

2008年 カリフォルニア州 サンフランシスコのde Young博物館、de Young博物館のチフリー

2009年 チフリー 昼と夜、砂漠植物園、フェニックス、アリゾナ州

2009年 チフリーイルミネーション、コロンバス美術館、オハイオ州コロンバス

2009年 チフリー 最近の作品、ナポリ美術館、ナポリ、フロリダ州

2010年 チフリー・アット・チークウッド、チークウッド植物園、ナッシュビル、テネシー州

2010年 カリフォルニア州ラホーヤのソーク生物学研究所

2011年 鏡を通して、ボストン美術館、ボストン、マサチューセッツ州

2012年 ザダラス樹木園、ダラス樹木園、テキサス州ダラスのチフリー

2012年 バージニア美術館、バージニア美術館、リッチモンド、バージニア州でチフリー

2013年 チフリー大学、クーパー・ル・スフレ大学(チフリー大学 息をのむほど美しい)モントリオール美術館、モントリオール、ケベック、カナダ

2013年 ~2014年 アリゾナ州フェニックスの砂漠植物園のチフリー・イン・ザ・ガーデン

2014年 チフリーデンバー、デンバー植物園、デンバー、コロラド州

2016年 チフリーベネチアン、ローレンロジャース美術館、ローレル、ミシシッピ州

2016年 チフリー、ロイヤルオンタリオ博物館、トロント、オンタリオ、カナダ

2016年 チフリー・イン・ザ・ガーデン、アトランタ植物園

2017年 チフリー、ニューヨーク植物園、ブロンクス、ニューヨーク

2018年 ノースカロライナ州アッシュビルのビルトモアハウスでチフリー

デイル・チフリーの作品一覧
チフリーの芸術は、アメリカ合衆国 フロリダ州セントピーターズバーグのセントラルアベニューにある

独自の建物に収容されているチフリーコレクション

カナダ、イギリス、シンガポール、アラブ首長国連邦、クウェートを含む世界中の展示にあります。

 

  • facebook
  • twitter

ラスベガス全集 米国ラスベガス写真家 Ken Kanazawa

PAGETOP