ラスベガス写真家がアメリカ大自然からアメリカ横断まで徹底解説 ラスベガス出張写真&動画撮影 ラスベガスウエディング アメリカ大自然フォトツアーを常時開催

サンフランシスコの戦争記念オペラハウスと日本の講和条約

サンフランシスコの戦争記念
オペラハウスと日本の講和条約

War Memorial Opera House  

サンフランシスコの 戦争記念オペラハウス

サンフランシスコの 戦争記念オペラハウス

カリフォルニア州サンフランシスコの戦争記念オペラハウスはサンフランシスコ戦争記念&舞台芸術センターの一部で1932年のオープニング・ナイト以来、サンフランシスコ・オペラの本拠地と成っています。

サンフランシスコの戦争記念 オペラハウス

1951年9月、サンフランシスコ講和会議で締結された第二次世界大戦での西側諸国と日本の講和条約の会場と成った。

1927年には、米国で初めての地方自治体のオペラハウスの設計と建設に資金を提供する為に、400万ドルの地方債が発行されました。

オペラハウスの建築家は、1912年から1916年にサンフランシスコのコイト・タワーやサンフランシスコ市庁舎を設計した、

アーサー・ブラウン・ジュニアOrpheumとShrine Auditoriumを担当する劇場デザイナーG. Albert Lansburghが行った。

ダグラス・マッカーサー

ダグラス・マッカーサー

Treaty of Peace with Japan

日本国との平和条約、昭和27年条約第5号は、第二次世界大戦におけるアメリカ合衆国をはじめとする連合国諸国と日本との間の戦争状態を終結させるために締結された平和条約。

この条約を批准した連合国は日本国の主権を承認した。国際法上はこの条約の発効により日本と、多くの連合国との間の「戦争状態」が終結した。

連合国構成国であるソビエト連邦は会議に出席したが条約に署名しなかった。

サンフランシスコの 戦争記念オペラハウス

サンフランシスコの 戦争記念オペラハウス

連合国構成国の植民地継承国であるインドネシアは会議に出席し条約に署名したが、議会の批准はされなかった。

連合国構成国である中華民国および連合国構成国の植民地継承国であるインドは会議に出席しなかった。

その後、日本はインドネシア、中華民国、インドとの間で個別に講和条約を締結・批准している。

本条約はアメリカ合衆国のサンフランシスコ市において署名されたことから、サンフランシスコ条約、サンフランシスコ平和条約、サンフランシスコ講和条約とも言う。

1951年(昭和26年)9月8日に全権委員によって署名され、同日、日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約も署名された。

1952年(昭和27年)4月28日に発効するとともに「昭和27年条約第5号」として公布された。

サンフランシスコ講和条約の受託演説原稿を書き換えた男

 

 

 

  • facebook
  • twitter

PAGETOP