米国ラスベガス写真家kenkanazawa /ラスベガスフォトツアー/格安ラスベガスウエディング/ラスベガスフォトサービス/アメリカ大自然フォトツアー

ゴーストタウンジェローム アリゾナ州

ゴーストタウン
ジェローム アリゾナ州

Jerome Ghost Town
Arizona

ジェロームは
セドナの近郊に位置し
鉱山町時代の繁栄の
街並みが今も残る

ジェローム・キャニオンを走る
観光鉄道の拠点クラークデール
ベルデ川沿いの緑がきれいな
コットンウッドがある

ゴーストタウンジェローム

ゴーストタウンジェローム

ダグラス家の所有していた鉱山「リトルデイジー鉱山」があり、木でできた骨組みや滑車を見る事も出来ます。

銅山があり採掘で栄えた町ですが、第二次世界大戦後には銅の需要が下がり、

1953年に閉山されてからは歴史的なゴーストタウンとして人気がある。

モンテズマなど数多くの古代インディアンの遺跡も残されています。

豊富な銅鉱山には、1920年代には1万人以上の人口がいたが、現在人口は約444人。

ゴーストタウンジェローム

ゴーストタウンジェローム

ジェロームの歴史

ジェロームは、標高1585mの山の中腹にありかつて鉱山として栄え、銅や銀、金が採掘され人口も最大で1万5000人を数えていた。

この街は、1953年に鉱山が閉じられると共に急速に寂れ、一時はゴーストタウン同様の状態にまで落ち込んだ。

その後、この古い街並みを保存する動きが始まり、ダグラス邸が州立公園に指定され、

又ジェロームの街並みが国立歴史地区に 定められ芸術や歴史の街として「復活」しました。

ゴーストタウン・ジェロームは「お化けの町」でアメリカのテレビ番組でも取材さ幽霊スポットで有名です。

ジェロームかつて、アメリカのゴールドラッシュの頃の時代の鉱山で、

100年近くたった今でも、霊と成りグランドホテルに出ると言ううわさが絶えません。

ジェロームは、19世紀後半に設立され、ベルデ・バレーの山の中腹、海抜1500mにあり、

フェニックスから約160kmの北のセドナとプレスコットの間にあるルート89Aに位置しています 。

ゴーストタウンジェローム

ゴーストタウンジェローム

ジェロームの地層と鉱山

約1億7500万年前に形成された、カルデラ海底火山のテクトニック・プレートの移動でプレートが衝突し 隆起 、堆積、侵食しました。

19世紀後半に開発された、ユナイテッド·ベルデ鉱山のウィリアムA.クラークは 、

2の大きな鉱石から銅、金、銀、その他の金属を発掘し町が出来ました。

ジェロームで発見された銅はアメリカでも最も裕福でした。

ジェローム 昔の街並みが残る鉱山の町で、鉱山として栄えていたころの街並みがよく保存されています。

ジェロームの街は、1953年に鉱山が廃坑成ると共に急速にさびれ、一時はゴーストタウン同様の状態にまで落ち込みました。

しかしその後、この古い街並みを保存する運動があり、ダグラス邸が州立公園に指定され、

またジェロームの街並みが国立歴史地区に定められ、芸術や歴史の街として「復活」しました。

ゴーストタウンジェローム

ゴーストタウンジェローム

ダグラス邸 

ダグラス邸はジェームス・S・ダグラスが1916年に彼の所有するリトルデイジー鉱山のすぐ上にある丘に建てた邸宅で、

以来ジェロームの町のシンボル的建築で町のランドマークと成っている。

鉱山会社の役員と投資家や自分の家族の為のホテルとして設計し、ワインセラー、ビリヤードルーム、大理石のシャワー室、スチーム暖房、

さらに当時の時代の先端をいく集中清掃装置を備えつけました。

ダグラスが最も誇りにしていたのは、この家が現地で作られた日干しレンガを使って設計された事です。

お化けの町として有名で観光に力を入れて、町の数か所で「ゴースト・シティー・ジェローム」というサインを良く目にします。

ジェロームは、現在は昔の建物を利用したギャラリーやレストランが建ち並び、又壁の一部が崩れかかったような建物もそのまま保存され、

ホテルと成っている「ベルデ総合病院」跡や、時期には馬車が街の中を通り、何か懐かしさを感じるものがジェロームにはある。

「ベルデ総合病院」が「グランドホテル」の前身だった時、炭鉱で働く人々が事故や病気で大量に運び込まれたのがこの病院で、

やがて炭鉱が閉鎖されるとホテルに成った。ホテルでは、泊り客が惨殺されるという事件が起きていた。

ユナイテッドバーデ・
パシフックレイルウエー
Jerome United Verde
and Pacific Railway

米国アリゾナ州の ヤヴァパイ郡 となった1895年から1920年にかけて運営された914mm の特別な狭い鉄道であった。

ウイリアムA.クラーク は、 ジェロームに銅鉱山と製錬所をサンタフェ鉄道システムにリンクするために42kmの線を建設しました。

クラークは最終的にクラークデールに新しい製錬所と会社の町を建設した後、1435mmの標準ゲージ鉄道線を建設しました。

ゴーストタウンジェローム

ゴーストタウンジェローム

ウエスタン・サルーン
Western Saloon

開拓時代のアメリカ西部に特有のバーである。

サルーンは、猟師や、カウボーイ、兵士、砂金掘り、鉱夫、ギャンブラーといった客向けのサービスを行っていた。

最初のサルーンは、1822年、ワイオミングのブラウンズホールBrown’s Holeで、猟師にサービスするために開業した。

1850年代後半になると、サルーンという言葉は、酒や食事を出し副次的に宿泊もできる施設として、

住所録に登場し、一般に使われるようになった。

1880年頃に、サルーンは最盛期を迎えた。

カンザス州レブンワースには、「約150軒ものサルーンと4軒の卸酒屋があった」

1880年代前半に、サルーンと醸造所の関係が緊密化した。

サルーンの数が過剰になる中、醸造所は自らサルーンを経営する、イギリスの「特約酒場」のシステムを導入し始めた。

醸造所は、多くの店舗、特に理想的な角地にある店舗を購入した。

そして、調度品とビリヤード台やボウリングのレーンといった娯楽設備を付けて、サルーンの経営を希望する者に店舗を賃貸した。

シュリッツ醸造所など、いくつかの醸造所では、顧客を呼び寄せ、自社のビールを宣伝するため、凝ったサルーンを造った。

ルート66横断.com

  • facebook
  • twitter

ラスベガス全集 米国ラスベガス写真家 Ken Kanazawa

PAGETOP