米国ラスベガス写真家kenkanazawa /ラスベガスフォトサービス/ラスベガス動画サービス/ラスベガスウエディング/格安ウエディング撮影/ラスベガスフォトツアー

エアストリーム 銀の馬車

エアストリーム
Airstream
銀の馬車

アメリカのオハイオ州の
ジャクソン・センターで
製造される高級

キャンピングカーの
ブランドで業界でも
最古の企業である

エアストリーム製の
キャンピングトレーラーは
元々1930年代に

ホーレー・ボウラスが
生み出した設計の特徴ある
丸みを帯びた
アルミニウム製ボディ

エアストリーム

エアストリーム

ボウラスは、チャールズ・リンドバーグが操縦した「スピリットオブセントルイス号」の主任設計者であった。

エアストリーム社の起源は、1920年代終わりのロスアンジェルスでウォーリー・バイアムが裏庭でメゾナイト製のキャンピングトレーラーを製作し始めた。

弁護士を目指していたバイアムは、自分で好みのキャンピングトレーラーを造りたい者に自作キットを売るための雑誌を発行し、

ホーレー・ボウラスのキャンピングトレーラー販売を手伝った後で経営状態の良くなかったボウラスの会社を買い取った。

エアストリーム

エアストリーム

1936年にバイアムはエアストリーム・クリッパーを発売したが、

これは実質的には1935年のボウラス製キャンピングトレーラーの前面に備えられたドアを側面に移して名前を変えただけの物であった。

抗力が小さく、それに伴って燃料消費率の向上に貢献していたこのキャンピングトレーラーのデザインは、

現在まで続くソーセージ型で銀色アルミニウム製のエアストリーム社のキャンピングトレーラー製品の最初のものであった。「クリッパー」と呼ばれる

1936年の最初のエアストリームは、最初の大西洋横断飛行艇に因んで名づけられた。

これは4名分の寝床と人数分の給水設備と電灯を備えており、価格は$1200であった。

1936年時点では400社以上のキャンピングトレーラーの製造業者が操業していたが

大恐慌を乗り切ったのはエアストリーム社の唯1社のみであった。

第二次世界大戦中、娯楽旅行はほとんどの国民が享受できる余裕が無いほどの贅沢なもので、

非軍需産業は酷いアルミニウム不足に直面した。

大戦が終了すると経済状況は活況を呈し、国民の娯楽旅行への関心は再び戻ってきた。

バイアムの会社は1948年に生産を再開し、

1952年7月にはジャクソン・センターの新工場が建設された。

カリフォルニアでのエアストリームの生産は1979年に終了した。

エアストリーム

エアストリーム

1974年にエアストリーム社は「アーゴシー」という名のクラスAのキャンピングカーの製造を始めた。

当初は6.1と7.3mの塗装済みモデルの製造が始められ、

1979年にキャンピングトレーラーと同様の無塗装アルミニウム製ボディを

もつ最初のクラシックモデルのキャンピングカーがこれに続いた。

「エアストリーム」のバッジを付けたキャンピングカーは1979年に7.3と8.5 mモデルで始まり、

1980年代と1990年代に7.6から11.2 mまでのモデルが市場に投入された。

アルミニウム製ボディのキャンピングカーに続き、1990年代にはより保守的な形状の

グラスファイバー製ボディをもつものが発売された。

エアストリーム社は2006年にクラスAのキャンピングカーの製造を終了した。

1モデルだけ用意されていたバス型の「スカイデッキ」は、屋根上のデッキに通じる階段を車内に備えていた。

1989年からエアストリーム社はフォード・エコノラインとダッジ・Bシリーズ バンのシャーシを基にした

クラスBのキャンピングカーの生産を始めたが、1999年モデルで生産終了となった。

2004年にはウエストファリアとインターステートを発売し、

2006年にはインターステートを基にしたパークウェイの販売も開始した。

これらのモデルは全てメルセデス・ベンツ スプリンターのシャーシを使用していた。

ウエストファリアの販売は2006年に終了した。

ジャクソン・センターにあるがソア社の一部門となっているエアストリーム社は、

年2,000台のキャンピングトレーラーとキャンピングカーを生産している。

クラシック・リミテッドといったモデルを生産している。

2013年モデルでは4.9から9.4mまでのキャンピングトレーラーを揃えている。

エアストリーム社はヨーロッパ市場向けのモデルも生産している。

  • facebook
  • twitter

ラスベガス全集 米国ラスベガス写真家 Ken Kanazawa

PAGETOP