米国ラスベガス写真家kenkanazawa /ラスベガスフォトツアー/格安ラスベガスウエディング/ラスベガスフォトサービス/アメリカ大自然フォトツアー

アルマデン・クイックシルバー鉱山博物館 ゴールドラッシュ

アルマデン・クイックシルバー
鉱山博物館
サンホセ カリフォルニア州
New Almaden Quicksilver
Museum

カリフォルニア州
サンタクララ郡の
ニューアルマデン・
クイックシルバー

鉱山は、
米国で最も古く最も生産的な
クイックシルバー(水銀)
鉱山である

アルマデン・クイックシルバー鉱山博物館

アルマデン・クイックシルバー鉱山博物館

ゴールドラッシュの時代、金を抽出する為水銀が使用され、当時は多くの中国人が働かされ亡くなった方が数多くいた。

メキシコの入植者が1820年に鉱石を発見し、水銀と特定される頃には、

カリフォルニアゴールドラッシュを供給するのに完璧なタイミングでしたが、 ゴールドラッシュの頃には、

東部の山地をぬって湾内に流れ込む河川により、水銀などの汚染物質が湾内に流れ込み、サンフランシスコ湾内が汚染された。

カサ・グランデ
「大きな家」ハレック邸宅

現在博物館に成っている邸宅は、1854年にフランシス・マイヤーズ建築家によって建設され、カサ・グランデ「大きな家」と呼ばれていた。

後に6エーカーの敷地は、サンフランシスコのゴールデンゲートパークのデザイナー、ジョン・マクラーレンによって作られた。

アルマデン・クイックシルバー鉱山博物館

アルマデン・クイックシルバー鉱山博物館

大邸宅は数十年にわたり、鉱山長官の公邸と公務員として、裕福な鉱山投資家の為の国の週末の休暇として使われ、

カサ・グランデはかつて27室の客室、地下室には、キッチン、ダンベイター、下水道、食料貯蔵所、液体水銀を預ける為の大きな金庫がある。

鉱山事業の閉鎖後、カサグランデは、クラブアルマデンとして知られる観光リゾートやレクリエーション施設などに使われた。

ニューアルマデンの鉱山

アルマデン・クイックシルバー鉱山博物館

アルマデン・クイックシルバー鉱山博物館

1845年にメキシカン騎兵将校のアンドレス・カスティーリョ艦長が地元オオローネインディアンがそれらを

塗装するために使用した赤い岩とサンタクララ・ミッションの壁が水銀を含む鉱石である事を発見した。

貴重な水銀はメキシコの銀鉱山で銀を処理する為に必要だった。

後に、アメリカの会社が鉱山の所有権を取得し、ヘンリー・ハレック船長の管理下で操業が続けられました。

フォーティナイナーズ

カリフォルニアの金は大変に含有率が高かったので、

初期のフォーティナイナーズは単純にカリフォルニアの川や小川で砂金を撮る為、選鉱鍋(鉱石を採取する為のお皿)で洗えば良かったが、

ゴールドラッシュとその後、数10年間に金探求者達は「硬岩」の探鉱にも関わった。

金を含む岩、石英等から直接抽出する事であり、通常は掘削した後に爆破して金を含む石英の鉱脈を取り出した。

金を含む岩盤が表面に来ると、岩を潰し、金を選別し動いている水を利用するが、通常はヒ素や水銀を使ってろ過された。

最終的に硬岩探鉱はこの金の国で産出された金の最大単一金抽出方法となった。

水銀を使って金を抽出する方法

アルマデン・クイックシルバー鉱山博物館

アルマデン・クイックシルバー鉱山博物館

掘り返した土は、滑り台のような選別機に流し込まれ、大きめの砂金とダイヤモンドの原石に分けられていく。

だが小さな砂金を集め、金を抽出するには、水銀を使うのが最も安くて簡単な方法。

この過程で、川は水銀に汚染されていく。

水銀を使って、砂金から金を抽出する方法

1)砂金を得るために、川底の砂をバケツにすくう

2)金を吸着する水銀を手にとり、バケツの中の泥水と混ぜる

3)金を吸着した水銀はバケツから取り出し、バケツの底に残った水銀はそのまま川に捨てる
(水銀は水生生物の体内で濃縮され、最終的に地域住民の食料となる)

4)バケツから取り出した金を吸着した水銀はフライパンの上で薄く広げ、たき火で熱する

5)水銀は蒸発し、金だけがフライパンに残る(フライパンを握る者はそのあいだ、水銀の蒸気にさらされ続ける)

水銀は体に害があり、水銀の蒸気から身を守る為の顔に布を当てたり、紙製のマスクを使う。

ただこうした装備が吸入防止にどれだけ効果があるのかと考えると、疑問符が付く。

New Almaden Quicksilver Museum
時間: 本日営業 · 10時00分~16時00分

  • facebook
  • twitter

ラスベガス全集 米国ラスベガス写真家 Ken Kanazawa

PAGETOP