ラスベガス写真家がアメリカ大自然からアメリカ横断まで徹底解説 ラスベガス出張写真&動画撮影 ラスベガスウエディング アメリカ大自然フォトツアーを常時開催

アメリカの産業革命

アメリカの産業革命

ジャクソンの時代アメリカも産業革命を迎え鉄道や航路が発達し国内市場が拡大した。

アメリカ合衆国の歴史

アメリカ合衆国の歴史

工業などに従事する人口が少なかった事も、産業革命を全面的に受け入れる土壌と成り、1850年代までに北東部を中心に重工業化が進んだ。

労働者が大量に暮らす大都市圏が登場。

企業経営を行う経営者や企業に出資する資本家が現れ、資本主義社会と成った。

1812年米英戦争(アメリカとイギリスの戦争)で工業化の切っ掛けをつかみ、南北戦争後の1860年代に工業化を急速に発展させた。

アメリカ合衆国は独立後もイギリス経済依存体質が続いていたが、第2次独立戦争1812年~1814年の米英戦争でイギリスとの貿易が中断し、工業製品の輸入が減少したので、自国の工業生産が増大し、産業の自立の切っ掛けをつかんだ。

南部の綿花生産地帯では、1793年のホイットニーが考案した綿繰り機が使用され、大農園(プランテーション)で黒人奴隷労働による綿花栽培が発達していた。

綿花を原料として、アメリカ=イギリス戦争後、北部の大西洋岸のニューイングランド等に、木綿紡績工業が起こり、ボストンはその中心地として栄えた。

南北戦争後の工業化

北東部では綿工業に次いで、1830年代から機械工業が始まり、国土を西方に拡大したが工業の発達した北部と奴隷制大農園経営を維持しようとする南部の対立が深刻と成り、1860年代に南北戦争が勃発した。

南北戦争が北部の勝利で終わり、工業中心の国作りを目ざす事に成り、1860年代に本格的な産業革命を展開した。

アメリカ合衆国は広大な国土と資源に恵まれ、東海岸や五大湖地方の工業地帯が急速に発展して、鉄道建設は1869年に大陸横断鉄道が完成し、ピークを迎えた。

又アメリカ議会は北部の主張であった保護貿易主義をとり、産業界を保護する為くり返し関税率の引き上げを行った。

ロサンジェルス

ロサンジェルス

保護策の元で、ロックフェラーによる石油産業、カーネギーによる製鉄業など、工業化が急速に進んだ。

又その労働力として、はじめヨーロッパから、ついでアジア各地から大量の移民が移住し、多民族国家アメリカ合衆国が作られた。

その結果、東部のニューヨークを始め、中西部のシカゴ、西部のサンフランシスコ、ロサンジェルスなどの大都市が出現した。

反面、大都会では金銭的利益を追求する風潮が強くなり、金ぴか時代とやゆされる面もあった。

アメリカの産業革命はドイツと同じように最初から第2次産業革命(重工業中心)として始まり、19世紀末までにイギリスを追い抜いて世界第1位の工業生産力を持つとともに国内で資本の集中が進行して帝国主義段階を迎え、第1次世界大戦後にはアメリカ資本主義が世界を席巻する事と成る。

 

 

 

  • facebook
  • twitter

PAGETOP