ラスベガス写真家がアメリカ大自然からアメリカ横断まで徹底解説 ラスベガス出張写真&動画撮影 ラスベガスウエディング アメリカ大自然フォトツアーを常時開催

アメリカ横断皆既日食とは?

アメリカ横断皆既日食とは?
2017-8-21USA eclipse

皆既日食 8-21-17

皆既日食 8-21-17

地球と月と太陽が一直線上に並び太陽でも月でもない宇宙のミラクルが頭上に現れる「皆既日食」2017年8月21日の皆既日食はアメリカの広範囲で観る事が出来る

皆既日食が見られる経路は 「オレゴン州から入ってアイダホ州、ワイオミング州、ネブラスカ州、ミズーリ州、ケンタッキー州、テネシー州、サウスカロライナ州」のマイナーな州を通過する。メジャーな都市である、サンフランシスコ、ラスベガス、ニューヨークでは皆既日食は観る事は出来ない。

日食の種類
Types of eclipse

本影の落ちる位置、太陽、月の地球との距離の変化による視直径の変化などにより 観測できる日食は異なってくる。観測できる日食の種類は条件により「部分日食」「皆 既日食」「金環日食」「金環皆既日食」の4つに分けられる。以下に4つの日食につ いて示す。

皆既日食

皆既日食

部分日為

太陽が部分的に隠される現象。黄道と白道が交わる交点からやや外れたところ で月が太陽の前を横切ると、本影が地球の表面にかからない。半影だけが地球に 落ちるのでこのときは部分日食のみが観測される。皆既日食が起きる時も本影か ら外れた地域(半影の中)では部分日食しか見ることができない。

皆既日食

太陽が完全に月に隠れる現象で月が太陽よりも大きく見える時に起きる。楕円形の公転軌道をまわっている月は、地球に近づくほど大きく見えコロナが美しい。又、地 球が太陽を巡る軌道も楕円形で、太陽に近づいたり遠ざかったりする。

この組み 合わせによって、月が太陽よりも大きく見えるほど、皆既継続時間は長くなる。また、太陽の通り道である黄道と、月の通り道である白道が約5度傾いているた為、

黄道と白道が交わる交点に極めて近いところに月が来ると皆既日食が起きる。皆既日食は月の影の中心部分、本影のかかる地域で見ることができる。

金環日食

月が地球を巡る公転は正円ではないため、月は地球から離れている場合は小さく見え、近づいているときは大きく見える。

地球から離れているときの月は、正 面から太陽を覆っても隠し切ることができない。月のまわりをリング状に太陽が はみ出すため、この現象を金環日食という。

本影は地球に届かない。金環日食の時は、太陽の光球からの光が残るためコロナは見えず、辺りの風景もあまり暗 くならない。

金環皆既日食(ハイブリット)

月と太陽がほぼ同じ大きさの見える時に起きる。金環日食の時は月が本影が地球に届かない。だが。まれに月の影が地球を横切る途中。本影が届く区間が出来る時がある。

例えば、丸い地球のカーブに合わせて、皆既帯の前後の朝方には金環日食、正午付近に成ると皆既日食、夕方の近ずくと再び金環日食、という具合の変化する。

日の出直前日の入り直後の日食

日の出の際に太陽が欠けた状態で昇る場合を特に日の出帯食、欠けた状態で日の入りを迎える場合を日入出帯食と呼ぶ。高度の高い日食に比べ、赤々と燃える太陽が欠ける姿も又美しい。

 

 

 

  • facebook
  • twitter

PAGETOP