米国ラスベガス写真家kenkanazawa /ラスベガスフォトツアー/格安ラスベガスウエディング/ラスベガスフォトサービス/アメリカ大自然フォトツアー

レッドロックキャニオン 米国ラスベガス写真家が徹底解説!ウエディング/ポートレート撮影!

  • HOME »
  • レッドロックキャニオン 米国ラスベガス写真家が徹底解説!ウエディング/ポートレート撮影!

レッドロック キャニオン

ラスベガス近郊でジュラ紀時代
に出会える!

アメリカを知り尽くした
米国ラスベガス写真家
Ken Kanazawa
徹底解説

広大な砂漠の中に
石灰化した砂丘の地層はなんと!

約1億7000万~1900万年前
地球の神秘に遭遇!

レッドロック・キャニオン

レッドロック・キャニオン

レッドロックキャニオンは
ラスベガスの町から約30kmにある

壮大な赤い帯の岩山の
大パノラマ地帯で国立保護区

National Conservation Area
に指定

ラスベガスのオアシスと言われ
地球の歴史を感じる事出来る

癒しのパワースポットがある!

ラスベガス・ウエディング
人気急上昇!

レッドロック・キャニオンの
朝日、夕日、星空は
感動ものです!

市内から車で約45分に
位置しているアメリカ大自然!

 


レッドロックキャニオンの情報

シーニックドライブ
全長約21km一方通行のループがあり
数か所のビューポイントがある

ロッククライミングも盛んでジョギング
トレッキングを目的に来る方も多い

レッドロックキャニオン入園料
1日券 $15

レッドロックキャニオン年間パス$30
国立公園・政府指定公園年間パス$80

住所
1000 Scenic Loop Dr, Las Vegas, NV 89161

ビジターセンター 営業時間
毎日8:00〜16:30

シーニックドライブ
3月     6:00〜19:00
4月〜9月 6:00〜20:00
10月   6:00〜19:00

米国ラスベガス写真家
KEN KANAZAWA企画
フォトツアー詳細↓


レッドロック・キャニオンの地層

レッドロックキャニオンはモハベ砂漠に属し79000ヘクタールに広さがある、
世界的見ても興味深い地層です。

4億年前のアメリカ西部は、温暖な浅い海に覆われ、今でも昔海だった証拠がモハベ砂漠のいたる所で発見されています。

レッドロック・キャニオンの灰色の岩の中には巻貝や二枚貝やサンゴの化石があり、海には酸化カリシウムを多く含んだ微生物が大量に生息していた。

微生物が死に海に沈み数千mの地層を造り上げた、レッドロック・キャニオンの灰色の地層がその部分です。

レッドロック・キャニオンでは、あざやかな赤色をなすジュラ紀の砂岩の上に、二畳紀の石灰岩が逆断層でのし上がり、

砂漠の乾燥した気候で土地も隆起した中世代の世界が垣間見る事が出来ます。

北と東の高地からレッドロック・キャニオンに砂を運び、小高い砂丘から巨大砂漠が造られ砂丘は砂岩と変容した。

赤い岩は酸化鉄が砂丘にしみ込んだ為です。

砂岩はジュラ紀の地層ですが、レッドロック・キャニオでは恐竜の化石は発見されて居ません。


アステカ・サンドストーン

赤い岩の大きな砂岩の崖は、数百メートルの高さがありアステカ砂岩で出来ている。

ジュラ紀時代にアメリカ南西部の大部分を覆う広大な砂漠の中に形成された石灰化した砂丘の形成は、約1億7000万~1900万年前の地層である。

石化は、非統合堆積物を堆積岩に変えるプロセスである。

堆積物に典型的な大規模なクロスベッドは、ジュラ紀の砂丘畑を横切る風向きの変化の結果であり、アステカ砂岩の岩石露頭に見られる。

レッドロック・キャニオン

レッドロック・キャニオン

赤色の岩

アステカ砂岩の露頭の赤色は、酸化鉄や赤鉄鉱の存在によるものです。

鉄鉱石が酸化し、赤、オレンジ、茶色の岩がで出来た。

岩が淡色である場所は、鉄が地下水によって浸出された場所、出来た又は酸化鉄が決して堆積しなかった場所であってもよい。

アステカ砂岩の赤い斑点は、鉄のコンクリートであり、地下水は砂岩中の核の周りに酸化鉄を沈殿させる。

コンクリートは、周囲の砂岩よりも侵食に強く、インディアンまたはモキ・マーブルと呼ばれる小さなボールが出来ます。

石灰岩 ライムストーン

5億年以上前、レッドロックキャニオンは、海底の底にあった。

大部分は、古生代の2億5000万年の間、この海洋底に堆積した石灰岩(ドロマイト)です。

石灰岩はその時に栄えた海の生命の化石を含んでいます。

灰色の古生代の石灰岩の数百メートルは、ループ・ドライブの北西にあるラ・マドレ・マウンテンに露出しています。

レッドロック・キャニオン

レッドロック・キャニオン

恐竜の足跡

恐竜の足跡は、レッドロックキャニオンのアステカ砂岩で3つの場所で発見されています。

哺乳動物、初期の哺乳動物、クモ類(クモとスコーピオン)によって作られた小さな動物の軌跡も見つかった。

キーストーン・スルー・フォールト

西側の断崖を見ると、より古い淡灰色の古生代の石灰岩が、若い岩と赤色のジュラ系の砂岩の上にあります。

約6500万年前の中生代の終わり近くに、海洋プレートは北アメリカプレートの西端に沈み込み、下に移動し始めた。

これにより、地球の地殻に圧縮力を生じさせて古い石灰岩が東に押し上げられ、若い砂岩の上に押し寄せるシエラネバダの花崗岩泥岩の侵入が起こった。


レッドロック・キャニオン 人の歴史

サザン・パイユートや古くからの古風な狩人や砂漠の文化を持つ
先住民族がこのエリアを生活の場としてきました。

何千年もの間、レッドロックには6つの異なるインディアン文化が存在した。

サザン・パイユート   900年〜現代

パタヤの文化 
       1800年代初期~900年

アナサジ族 
     1 AD〜1150 AD

ピント/ジプサム
    3500 BC~1 ADまで

サン・デイエグイット
   7000BC~5500 BCまで

パレオインディアン
    11000 BC〜8000 BC

数多くの岩石画と陶器の破片は、今日もこの地域に残っています。

さらに、初期のインディアンがレッドロックで使用していたいくつかの焙煎ピットは、過去の人間活動の証拠に成っている。

モアパ族 パイユート族

モアパ族 パイユート族

インディアン (プエブロ族)

プエブロ族がレッドロック・キャニオンに生活をしていた痕跡が数多くあります。

レッドスプリングやウイロー・スプリングエリアにペトログリフの岩絵があり、初期のアメリカ先住民が描いた絵を見る事が出来ます。

サザン・パイユート、ショショニー族、コロラドはこの地を訪れ道具や陶器などが発見されています。

サザン・パイユートの先祖は、砂漠の気候である厳しい生活に対応し、インディアン・ライス・グラスを食し、トウモロコシ、カボチャ、豆の栽培が行われた。

1826年、有名な猟師であり商人であったジェディデア・スミスが、この地にやって来た最初のアメリカ人です。

メキシコ人の商人が、サンタフェ・トレールをここまで伸ばしてスパニッシュ・トレールを作り。

商人は1829年から1850年頃までニューメキシコとカリフォルニアを行き来した。

1840年代、ラスベガスは牧草地の意味である、スペイン語でこの地に湧き出ていた豊富な水からその名付けられた。

登山家ビル・ウイリアムスとベックワ―スがカリフォルニアのメキシコ人から馬を盗み出しレッドロック・キャニオンの水と牧草で馬を育てた。

キャプテン・ジョン・フリーモントもアメリカ西部探検中にレッドロック・キャニオンを通過している。

ユタ州北モルモンの開拓者1855年にラスベガスの砦を造り最初の入植者と成った。

開拓のモルモン教徒は頻繁にスパニッシュ・トレールを使いその道は、モルモン・トレールと知られるように成った。

1876年この地に最初に牧場を設立したジェームス・ウイルソンで、スプリングマウンテン・ランチ州立公園に成っている。

オールド・スパニッシュ・トレール
Old Spanish Trail

ニューメキシコ州北部の古都サンタフェの開拓地とカリフォルニア州ロスアンヘレスを繋げる交易路で、

約2000 kmの長さがあり、高い山脈、乾燥した砂漠(デスバレー、ラスベガス)を通過した。

1776年、ヨーロッパ人による探険がされた後、1829年から1850年代中頃まで利用された。

1849年のカリフォルニアのゴールドラッシュに湧くアメリカで開拓者の大勢が、

新天地を求めカリフォルニアを目指した。

供給ポイントの1つであるユタ州のソルトレークを経由して、カリフォルニアの手前にある高く険しいシエラ・ネバダ山脈を越える前に、

広大な未知の砂漠である盆地を開拓者達は通り抜け、カリフォルニアを目指した。

アメリカ国定登録史跡としては、1988年にユタ州の部分が、2001年にはレッドロック・キャニオン部分が追加された。

レッドロック・キャニオン

レッドロック・キャニオン

デザート・タートル
砂漠の亀

デザート・タートルはモハーベ砂漠、ソノラ砂漠、北西部メキシコや米国、アリゾナ州、カリフォルニア州、ユタ州の砂漠に生息している。

レッドロック・キャニオンのデザート・タートルは、約2700万年から3700年前から現在まで殆ど変っていない。

80年から100年の寿命があり、彼らは徐々に成長し低い繁殖率である。

暑さをしのぐ為体温を調節し水分損失を減少させる為に巣穴であるロックシェルターでほとんどの時間を過ごす。

季節の雨の後に最も活発ですが、一年の殆どの間活動はしない。

デザート・タートル/ 砂漠の亀

デザート・タートル/ 砂漠の亀

地上60度でも暑さから逃れる為巣穴を作り生きている。

95%が巣穴で過ごし11月から2月か3月まで冬眠。

5月から7月に繁殖入る。1980年以降減少し保護動物に指定されている。

デザート・タートルは、殻の色は緑がかった褐色、砂漠のカメ甲羅の高さ10〜15cm、

重さ1kg〜2kg、サイズは25cm~36cm、重さ4kg~7kgオスはメスより大きく成長する。

オスのカメの女性より首が長い。オスの亀の腹甲は、女性のカメに比べて凹状であり、オスはメスよりも大きな尾を持っている。

デザート・タートルの食糧は、カメはサボテンである。

レッドロック・キャニオン

レッドロック・キャニオン

ジョシュア・ツリー
Joshua Tree

北米の南西部のアリゾナ州西部、カリフォルニア州南東部、ネバダ州南部、ユタ州南西部に分布し、比較的標高の高い地域に生息する。

モハベ砂漠のシンボルであるジョシュア・ツリーは、モハベ砂漠の標高400m~1800mで生育し、

特にカリフォルニアのジョシュア・ツリー国立公園では、多くのジョシュア・ツリーが見られる。

モハベ砂漠の領域(境界)は一般に、ジョシュア・ツリーの分布により定義され、ジョシュア・ツリーはこの砂漠の指標種とされる。

デスバレーの山間部や、ザイオンの近くでも見かける。

レッドロック・キャニオン

レッドロック・キャニオン

ジョシュア・ツリーの名前の由来は、モルモン教徒が西部開拓時代にジョシュア・ツリーと遭遇した際、

ジョシュアが天に手を差し伸べて祈りを捧げるという聖書から名付けた。

ジョシュア・ツリーは砂漠の植物としては生育が早く、最初の10年は平均年7.6cm、その後1年で3.8cm成長する。

幹は数千の繊維からできており、年輪は形成されないため樹齢は測りがたいが数百年以上の樹齢が推測されている。

樹高は15mに及び、その根は11mまで広がっている。葉は濃緑色で長さは15~35cmで幅は7~15cmである。

2月から4月にかけて開花し円錐花序は長さ30~55cmで幅が30~38cmとなり各々の花は4-7cmの大きさである。

ユッカ蛾により受粉する虫媒花である。

枝分かれは開花後に起きる。また開花は毎年おきるとは限らず降水量に依存し、また開花前の冬に氷点下になった場合に開花する。

Cahuilla族アメリカ州の先住民は実を食料に繊維をサンダルやバスケットに編んでいた。

ジョシュア・ツリー

ジョシュア・ツリー

U2のアルバム「ジョシュア・ツリー」
アイルランドのロックバンド

U2はアフリカ救済、エイズ撲滅などのチャリティーイベントに参加して世界的な知名度を得ており、本作でその人気が爆発する。

全米チャートで9週連続1位を獲得し、全世界でのセールスは2500万枚を超え、U2の最も売れたアルバムとなっている。

発売当時、アメリカのタイム誌はU2の写真を表紙に載せ「Rock’s Hottest Ticket」の見出しを付けた。

グラミー賞では最優秀アルバム賞、最優秀ロック・グループ賞を獲得(1988年)

シングルヒットした「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム」

(1989年のグラミー賞最優秀パフォーマンス・ミュージック・ビデオ受賞)や「アイ・スティル・ハヴント・ファウンド・ホワット・アイム・ルッキング・フォー 」

「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」は、U2の代表曲としてライブでも歌われ続けている。

アメリカ議会図書館が毎年公表している、ナショナル・レコード・レジストリーに、2013年分の登録作品に選ばれた。

サマーリン ラスベガス
Summerlin Las Vegas

ネバダ南部のラスベガス渓谷にある豊かなマスタープラン・コミュニティで、レッドロックキャニオンに隣接している町です。

サマーリンの歴史

1952年、有名な映画監督、映画「アビエイター」のモデル、元カジノオーナー、ハワード・ヒューズは、

南ネバダ州で10,000ヘクタールの土地を購入し、ラスベガス・バレー最大の土地所有者にしました。

彼の当初の意図にもかかわらず、彼は最終的には、購入された土地は未開発のままであり何十年も空いていました。

1976年にヒューズが腎不全で死亡した後、サマ・コーポーレーションは巨大なビジネス帝国と土地保有を管理し、相続人に組織されました。

1988年に、同社は空き地を空き地として計画し、商業・居住の巨大なコミュニティに発展させると発表しました。

ヒューズの父方の祖母、ジーン・アメリア・サマーリンの後に、プロジェクト「サマーリン」と名付けました。

この大規模な開発に備えて、サマ・コーポーレーションは土地管理局との契約を結び、開発に適した土地3000エーカーの環境に敏感な土地5000エーカーを売買しました。

このような環境への配慮がなされた後、開発が始まりました。

1990年末までに、サマーリンの最初の住宅村、公園、学校の建設が完了しました。

1994年、サマ・コーポーレーションはハワード・ヒューズ・コポーレーションとして改名し、新しいサマリン・ビレッジを開発し続けました。

新しい家の建設は世紀の転換期を迎えて勢いを増し続けました。

1997年から2007年にかけて、サマーリンは新しい住宅販売のために国内で一貫して第1位にランクされた。

PAGETOP