アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

MENU

ホワイトサンズ ニューメキシコ州 

  • HOME »
  • ホワイトサンズ ニューメキシコ州 
ホワイトサンズ

ホワイトサンズ

ホワイトサンズ ニューメキシコ州

世界的に珍しい完全な白と青だけの世界
世界最大の石膏砂丘、荒野に広がる真っ白なアラバスター(雪花石膏)砂丘。光によって表情が変わる幻想的で不思議な光景はまるで異世界なのだ。石膏=ギブスの原料で水をかけるとすぐに固まってしまう。

荒野に忽然と現れる純白の砂漠、それがホワイトサンズ国定公園で、面積は約約700平方kmと東京の約3分の1の広さがあり琵琶湖より一回り大きい。約60%が軍の施設、残りの約40%が国定公園に指定されている。

夕方から夜にかけて南西から強風が吹く事が多く、砂丘が移動し一年に10m動いる。その綺麗さはまるで雪景色のような神秘の世界が現れる。

広大な砂漠はアメリカ軍のミサイル実験場の敷地内で国定公園として指定され、元々はNASAのスペースシャトルの着陸にも使用されていた。

地球の歴史
この地域周辺がまだ赤道付近に位置していた5億年前~2億4千万年前頃、特にペルム紀の頃、大陸移動のあおりで激しい海面低下が起き沿岸地域の海水がほぼ全面的に干上がってしまった。結果、浜辺には石灰岩、塩や石膏等の堆積岩が溜まり、当時出来上がった石膏の層は500mに達する位であった。 

その後長い年月が過ぎ去り3000万年前頃から活発となったロッキー山脈造山活動の南部の動きである、ララマイド大変革によって周辺の大地は隆起を続け大地に深く埋まっていたかつては浜辺であった地層の部分が地表に出てくる。

ホワイトサンズがあるトゥラロサ盆地は、西をサン・アンドレアス山脈、東をサクラメント山脈とグアダルーペ山脈に囲まれているため、約2万4千年前から1万2千年前に起きた最後の氷河期でホワイトサンズが形成された。 

ホワイトサンズ

ホワイトサンズ

更新世後期
ホワイトサンズのあるトゥラロサ盆地を含む米国南西部は現代よりも雨が多く気温も低かったため、北側のシエラ・ブランカ山(標高約3600m)には小型の氷河が沢山出来、トゥラロサ盆地には広大な氷河湖があった。

多量に降り続けた雨は、サン・アンドレアスとサクラメント山脈から石膏を溶かしてオテロ湖へと流し込み、湖は石膏の溶解成分が多く溜まっていった。氷河期が終わると気候は著しく乾燥し始め、オテロ湖もゆっくりと干上がって行き、やがてそこには広大な石膏の堆積物が残る事となった。

白い砂漠は、ニューメキシコ州トゥラロサ盆地は太陽の下に横たわり、その白い砂は新雪のように輝いている。砂は石英ではなく、柔らかく白亜質の石膏又は硫酸カルシウム。

石英を主成分とする砂と異なり、表面の水分を素早く蒸発させ、砂が太陽光を吸収せずに反射する為、触っても熱くない特徴。

地表に現れた石膏の堆積物では世界最大。
石膏は地球で見つかる一般的な無機化合物の1つで、水に溶けやすい為地表ではめったに見る事が出来ない。

1億年前、浅い海に覆われて海が退いたため、塩湖が取り残され、湖も最終的に太陽の熱で蒸発。蒸発した後に残った古代の海底の厚い堆積物で、塩分と石膏が残った。

トゥラロサ盆地はサクラメント山脈とサン・アンドレス山脈の間にあり、6500万年前に形になり始め隆起は大地と石膏の堆積物を押し割り、空へと押し上げた

山脈から来る定期的な雨水と雪解け水は石膏が浸出する原因になり、濃厚な溶液が山腹を洗い流した。

石膏の溶液は、トゥラロサ盆地で最も低い部分であるルセロ湖にたまった。湖の水は蒸発によらない限り他へ逃げる方法がないため、水分が蒸発した後に結晶化した石膏または透明石膏の薄い層を残した。

その後の風化がこれらの結晶を純粋な砂粒にし、南西の風は盆地のより遠くに砂粒を運び、砂はしばしば15mほどの急な砂丘に堆積する。

風はさらに多くの砂丘を作り出すと同時に、砂丘そのものを1年に最高 9mほど移動させている。

砂丘のこの定常的な移動は周囲の自然にアルカリ性の性格を加え、雨量が少ないことも加えて植物がここで成長することが困難。

 

19955 Highway 70Alamogordo, NM 88310

PAGETOP