アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

MENU

世界文化遺産、カールスバッド鍾乳洞 、タオス・デ・プエブロ、メサベルデ、チャコキャニオン

  • HOME »
  • »
  • 世界文化遺産、カールスバッド鍾乳洞 、タオス・デ・プエブロ、メサベルデ、チャコキャニオン

先住民の記憶を示す3つの世界文化遺産

モニュメントバレー、その雄大な景観は過ぎし西部開拓時代へとアメリカ人の郷愁をかり立ててやみません。しかし白人が訪れるはるか昔から乾燥した土地に僅かな水を頼りに農工を営む先住民の姿がありました。

インディアンの名で一括りにされた、先住民達、モニュメントバレー周辺のコロラド高原には、死の町と化した住居跡が無数に点在し、先住民の記憶を示す3つの世界遺産チャコ・キャニオン、メサ・ベルデ、プエブロ・デ・タオスがあります。

チャコ・キャニオンは、プエブロ・インディアンの遺跡では北米大陸最大で1987年に世界文化遺産登録された。プエブロ・インディアンが住んでいたのは800~1150年頃で、アリゾナ州とニューメキシコ州、ユタ州、コロラド州で、フォーコーナーの一大古代文明の中心地であり、宗教都市の遺跡群です。

メサ・ベルデと同じ古代プエブロが築いたもので、城壁に囲まれた大規模な集落が12、小規模なものも含めれば400以上の集落があり、灌漑設備や地下食糧貯蔵庫も整えられた。
プエブロ・ボニートは300年の年月をかけて建てられ、4階建てで600部屋、儀式を執り行う円形の部屋のキバが40あった。

周辺に宗教施設や街道が多数あり、宗教儀式でやって来た旅人達の宿泊施設だった。

キバは、プエブロ・インディアンの中心地で他のインディアンとの文化的・経済的交流があった場所でプエブロ・インディアンの末裔であるホピ族の聖地。星の観測記録や土木・建築技術の高さと芸術性の高い建築デザインです。

チャコ・キャニオンの近隣の峡谷には、未来人の遺跡がある。彼らは、750年先の未来から時を超えてやって来た未来人で、自らを「ウイング・メーカー」と呼んだ。

チャコ・キャニオンでは、何百年もの間、プエブロ・インディアンは天文観測や占星術を行っていた天文観測に為の建造物あります。

春分の日・秋分の日・夏至・冬至にだけ、岩壁に彫られた絵と、そこに立っている岩の陰が重なって一つの絵になるペトログリフがある

先住民が書いた岩絵は、何かの現代へのメッセージでありロック・アートなのです。

岩や岩壁の彫刻をペトログリフ、岩石や土から天然の顔料で岩壁に絵を書いた物をピクトグラフと言います。コヨーテや馬とフェンス、アンテロープなど、身近な動物の絵があり、トレイルの一番奥にあるピクトグラフ、スパーノバ(超新星)は、1054年7月に爆発した超新星を記録した岩絵です。

「星を見る人々」が住んだチャコ・キャニオンは、現在でも周囲に町が無く、夜は満点の星の世界に成りますまさに本物のパワースポット・ヒーリングスポットで神秘的な場所です。

*サンプル行程の一例ですが、現場を知り尽くしたKenKanazawaが あなたのご希望にぴったりな旅をコーディネートします。

1日の車付ガイド料金 ご相談下さい、予算に応じてアレンジいたします。

1人 ご相談下さい。
2人 $600
3人 $700
4人 $800
5人 $900

*2名からで6人以上は要確認
*1泊2日以上(ミニマム)日帰りはご相談です。
*ホテル、公園入場料、食事、ガソリン、ガイドのチップは含まれていません。
*秘境の旅を車(4輪駆動)で行く場合別料金を頂く場合があります。

banner2BLO1

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

アメリカ究極の旅企画

PAGETOP