アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

MENU

ボンネビル・ソルトフラッツ(ボンネビル塩湖)アメリカのウユニ塩湖

ボンネビル・ソルトフラッツ

ボンネビル・ソルトフラッツ

ボンネビル・ソルトフラッツ  (ボンネビル塩湖)ユタ州
アメリカのウユニ塩湖、ウユニ塩湖以上の奇跡の絶景 !!!

アメリカのユタ州北西部に位置するグレートソルト湖の西に位置する中で最も大きい、260平方キロにも及ぶ塩湖の平原で、ボンネビル・ソルトフラッツは、1万4000年ほど前まで存在していた巨大なボンネビル湖の一部で、現在では干上がってしまい、あたり一面が塩で覆われている。

標高は約1282mの高地で、空気中の酸素濃度が平地より薄い。海水よりも高塩分濃度の湖水の水分が、夏季の高気温で蒸発して固まった厚さ数十センチの塩の地層でなっている。

世界は広しと言えども、ボンネビル・ソルト・フラッツのような場所は地球上に2つと存在しません。

ボンネビル・ソルトフラッツ

ボンネビル・ソルトフラッツ

30000エーカーという途方もない広さを誇るこの塩湖跡の真っ白な平原は、傍らにそびえる標高11000フィートの山頂から見下ろすと、まるで浮いているかのように目に映ります。

ボンネビル・ソルト・フラットとグレート・ソルト・レイクは、かつてここに存在したボンネビル湖の象徴となっています。春から夏にかけて湖の水がゆっくりと蒸発し、大地を撫でるように吹き抜ける風によって、この広大な平原はほぼ完全に平らになります。

アメリカのユタ州に位置するボンネビル・ソルトフラッツ。その名の通り、どこまでも広がる真っ白な塩の平原は、雨が降れば巨大な鏡に姿を変えます。

ボンネビル・ソルトフラッツ

ボンネビル・ソルトフラッツ

広大な塩の平原。その長さは、なんと約16kmにも及びます。完全に干上がり、美しい砂紋ならぬ塩紋を作り上げています。

塩湖に生息するアルテミアという小型の甲殻類が大量繁殖後に腐敗することで、悪臭が発生していると言われるが、周囲から流れ込む下水が、綺麗に処理されていないため悪臭の原因になっているという説もある。

映画ロケ地
映画「インデペンデンス・デイ」でスティーブン・ヒラー大尉(ウィル・スミス)が、捕獲した異星人を引きずって運びながら、その臭いについて悪態をつくシーンがあるが、このシーンのセリフは、ほぼアドリブであり、実際にロケ地での塩湖で撮影中に、耐え難い悪臭が漂っていたため、このようなセリフになったとか。

ソルトフラッツの特異な光景は、多くの映画の撮影にも使われている。

インデペンデンス・デイ(1996年)
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007年)
世界最速のインディアン (2005年)メルセデスベンツのCM等数多くの撮影ロケ地

ボンネビル・ソルトフラッツ

ボンネビル・ソルトフラッツ

写真の聖地
塩の平原はすばらしく、自然のショーでした。広大なエリアが薄い水の層で覆われ、まるで鏡のよう!乾いている部分を歩くことができる。

ここはかなりすばらしい自然の現象が見られ、フォトグラファーたちにとってはパラダイスでもあります。ちょうどいい時間に訪れたら、すばらしい反射の写真を撮ることが出来る。

ボンネビル・スピードウェイ 
毎年8月、Bonneville Salt Flats International Speedwayが開催され、地上最速を競うモータースポーツ『スピードウィーク』で知られる。

1912年からスピード競争に使われ始めたソルトフラッツだが、1930年代にアブ・ジェンキンスとマルコム・キャンベル卿のスピードレースによって世界的に有名になった。

年に1度、スピードマニアが集う「ボンネビル・スピードウィーク」

ボンネビル・ソルトフラッツ

ボンネビル・ソルトフラッツ

ボンネビル・ソルトフラッツを有名にしているのが、年に毎年8月に開催されるボンネビル・スピードウィークです。使用するマシンや排気量、改造度合によって細かくクラス分けされ、1週間にわたって世界最速の記録を競い合うスピードマニアあこがれの場所なんです。

最速記録を目指して、世界中から自慢の車やバイクを持ったスピードマニアが集まります。

2014年、2015年と2年連続で中止となったボンネビル・スピードウィークが、2016年に復活した。

南カリフォルニア・タイミング協会(SCTA)代表でレースディレクターのビル・ラティン氏と、ボンネビル・ナショナルズ・インク(BNI)会長のパット・マクドウェル氏が、SCTAの公式サイトで掲載された情報によると、「今のところ約

ボンネビル・ソルトフラッツ

ボンネビル・ソルトフラッツ

12.9kmのロングコース、約8kmのショートコース、そして約4.8kmのルーキーコースを設定している」

現在のスピードウィークではエンジンの種類や排気量など数十種類のカテゴリ分けがなされており、50ccのオートバイからロケットカーまでが記録を競う。

ギネス級の特殊な速度記録を除いては未だ国際的なモータースポーツ連盟などからは世界的な公式記録には認定されていない記録が多い。

レースイベントが世界的に有名な理由は、バート・マンローやミッキー・トンプソンなどの伝説的なレーサーが華々しい記録を樹立していることから、世界中のスピード狂とも言われるモータースポーツファンから絶大な支持を受けている。

バート・マンロー

バート・マンロー

バート・マンロー( Burt)
本名ハーバート・ジェームズ・マンロー、ニュージーランドのインバーカーギル生まれ。1899年3月25日 ~1978年1月6日 

1967年8月26日にボンネビル・ソルト・フラッツで1000cc未満の世界記録を樹立したニュージーランドのオートバイレーサー。

1920年のインディンのバイクを改造し、1938年に初めてニュージーランドのスピードを記録し、その後は7位の記録を残している。 

63歳でボンネビル・ソルト・フラッツのレースで世界のスピード・レコード試み1962年世界記録を樹立した。ボンネビルでレースで9回レースを行い1966年、1967年に計3つの世界記録を樹立した。 

バート・マンローの努力と成功は、 アンソニー・ホプキンス出演の映画「世界最速のインディアンモーターサイクル」 2005年と1971年の短編ドキュメンタリー映画「 バート・マンロ・スピードの神への贈り物 」( ロジャー・ドナルドソン監督)のモデルとなっている。

ウインドオバー

ウインドオバー ネバダ州

ウインドオバー ネバダ州

ボンネビル・ソルトフラッツ 2018 スケジュール

ボンネビル・ソルトフラッツ 2018 スケジュール

ユタ州/ネバダ州の州境にある1407に近い人口を持つ小さな町で1907年に鉄道の町として最初に設立されました。ウインドーオーバーは、ユタの玄関口として常に知られていました。

1991年にネバダ州ウェスト・ウインドーオーバー(West Wendover)として知られている姉妹都市が設立された。ソルト・レイク・シティ地区のラスベガスを小さくした西部の田舎町でカジノとしても有名です。

ウインドーオーバーは、有名なEnola Gay Bomberやボンネビル・ソルトフラッツ等でも世界的に有名でアメリカでも最も注目されている町です。

americadaishizen.com

americadaishizen.com

route66oudan.com

route66oudan.com

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

アメリカ究極の旅企画

PAGETOP