アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

MENU

パワースポットセドナ

  • HOME »
  • パワースポットセドナ
セドナ アメリカ

キャセドラル・ロック セドナ

セドナ アリゾナ州
世界三大パワースポットはスペインとフランスンの国境にあるフランスのルルドの泉、ハワイ島のマウラナニ、アリゾナ州のセドナと言われている。

太古の時代からセドナは、インディアンの祈りや儀式を執り行う神聖な場所でした。セドナは「小惑星」の意、又は「イヌイット」の神話に登場する「海の女神」の意味があります。

芸術の町、癒しの大地として世界的に有名でUFOの聖地、キリスト教会通りがあり教会が沢山ある。約人口1万2千人。

セドナは古くからインディアンの神聖地で、近くにはアパッチ族、ヤパバイ族のインディアン居留地区があり、ヤバパイアパッチ族の人々が人類の発祥地だと信じているボイントンキャニオンにはインディアンの遺跡が92箇所あります。

1876年に白人が初めて入植。都市名は町の初代郵便局長セオドア・カールトン・シュネブリーの妻セドナに由来している。

1980年代に初め、セドナにあるセレモニーサイトを訪ねたサイキックであり著者であるペイジ・ブライアントが、セドナを訪れエネルギーが強く感じられる場所を「ボルテックス」と呼び「ボルテックス」の著書を執筆し世界的にセドナが知られるようになりました。人々に癒しを与える場所として注目され、世界中から富裕層、芸術家達、スピリチュアルな人々がセドナのパワーに引かれ移住してきた。

セドナ アリゾナ

キャセドラル・ロックセドナ

パワースポットの3つの条件
1、土地に豊富なミネラル分が含まれている、2億年の地層歴史があり元々は海の底。
2、土地の断層があり、注目すべき点は地下の断層が大きくずれ、地球の奥深くからの何らかのエネルギーが出ている。
3、火山活動がある事、近くには聖なる山サンフランシスコピークスがあり。ラテン語でボルテクスは「渦巻き」を意味する。

写真依頼

写真依頼 クリック

大地から強いエネルギーが渦巻きのように放出されている場所で地球のツボと言われている。

不思議な力がその土地から生み出されるパワースポット、癒しの地として、単なる観光地、高級リゾートとは違い特別な良い波動の強い場所である。


セドナ 4大ボルテックスパワースポット
セドナのボルテックスは20箇所近くあり精神世界に興味を持つ人達から注目されている。エアポート メサ、カセドラル ロック、ベル ロック & コートハウス、ボイントン キャニオンの四ヵ所は特に強いエネルギーを感じられる事から、セドナの「四大ボルテックス」と名付けた。

エアポート・メサ Airport Mesa
エアポート メサはセドナの町の真ん中にあり、一番アクセスがいいボルテックスサイトです。エアポート メサは、小高い丘で、上に登ればセドナの町を見渡すことができます。

Airport Rd.にある小さな駐車場に車を停めて、小山のてっぺんまでは10分もあれば登ることができます。小山を登るとレッドロックに囲まれたセドナを360°見渡す事ができます。夜明けのエアポートメサからの眺め。ディズニーランドの人気アトラクション「ビッグ・サンダーマウンテン」のモデルと成ったサンダーマウンテンがあります。上向きのエネルギー、男性的エネルギー

カセドラルロック Cathedral Rock
レッドロッククロッシングから見られる、オーククリークの流れの後ろにそびえ立つカセドラルロックの姿はセドナのアイコン的風景です。

ハイキングをする際は、レッドロッククロッシングから見えるカセドラルロックの裏側からアクセスする Cathedral Rock Trail が一般的です。SR179号から Back O’Beyond に入り、トレイルヘッドへ行きます。このトレイルを使ったハイキングは、片道約45分です。内向きのエネルギーのコンビネーション、女性的エネルギー

ベル ロック & コートハウス Bell Rock & Courthouse
ベルロックは、パンケーキが重なったような岩で、広々としたレッドロックのエリアがいくつもあるので、ご自分のお気に入りのスポットを見つけて、ゆっくりされるといいでしょう。ベルロックは、昇るだけ登って、降りることができず、レスキューされる方が一番多い岩でもありますので、無理はせずに登ってください。

ここでは突然活力が沸いてきたり感情が高まったりするという経験をされる方も珍しくありません。多くの人が心身ともに高いところまで登りつめたいと惹きつけられる場所です。上向きのエネルギー、男性的エネルギー

ボイントン・キャニオン Boynton Canyon
ヤバパイアパッチ族の人々が人類の発祥地だと信じているボイントンキャニオンにはインディアンの遺跡が92箇所あります。

ボイントンキャニオンは、トレイルヘッドから約7,8分歩いたところにある分岐点から右に登る Vista Trail という短いトレイルを歩き、カチーナウーマンロックの麓へ行くこともできます。遠くには、ベルロックやカセドラルロックも見えるスポットです。ボイントンキャニオンは感情的、精神的、そして肉体的なバランスを保つボルテックスであると考えられています。内向きのエネルギーのコンビネーション、男性的、女性的エネルギー のコンビネーション

セドナ

岩の教会セドナ

チャペル・オブ・ザホーリークロス
セドナはローマ·カトリック教会、フェニックスのジョン·ビアンネ 教区。セドナ、アリゾナ州が運営する。

礼拝堂は、1932年に地元の牧場主や彫刻家に支援され、フランク・ロイド・ライトの弟子だったマルガレット・スタウドがデザインした。
エンパイアステートビルなどの教会を構築する建築家の助けを借りて、建築家リチャード·ハイン。工事責任者は、フレッド・コーコス、費用30万ドルの期間18ヶ月をかけ礼拝堂は1956年に完成。

アメリカ建築家協会は1957年にチャペルに名誉の賞を受賞。2007年にアリゾナ建築七不思議の一つに選ばれた。

教会は、建築家のマーガレット・ストードが神の啓示を受け、人の為の教会ではなく、天使の為の教会を作ろうと、それにふさわしい場所を求めて世界中を巡り、マリア様が赤子のイエスを抱きかかえたのを二人の尼僧が見下ろしているように見える(マドンナ&チャイルド、ザ・ナンズ)フォーメーションのすぐそばにこの土地を見つけて建築した。

アメリカ西部の地層には、赤い大地が広がっています。

アンテロープキャニオンやユタ州にある ザイオン、ブライスキャニオン、アーチーズ、キャニオンランド、キャピトルリーフ、グレンキャニオン、ペトリファイドフォレスト(化石の森)、メサベルデ、モニュメントバレー等、アメリカ西部にはこの赤い大地ですが、同じ赤土でも地質学的には異なる地質です。

グランドキャニオンを中心としたコロラド高原と云われるプレートの地質は、その中でも特に古い地層です。レッドロックカウティーと呼ばれています。

セドナ地層

セドナ地層

セドナの地質
3億1500万年前~2億8500万年前の間に堆積したとされるスパイグループ(The Supai Group)をベースにしている。

2億8000万年前のハーミットシェールフォーメーション(Hermit Shale Formation)

2億7800万年前~2億7600万年前のシュネブリーヒルフォーメーション(The Schnebly Hill Formation) 

2億7500万年前の ココニノサンドストーン(Coconino Sandstone Formation)と呼ばれる地層帯で成り立っているようです。

山の上部が白く、この地層がココニノサンドストーンその下にシュネブリーヒルズ、ハーミットフォーメーションと続きます。

アンテロープキャニオンの地層
1億9100万年前~1億7400万年前のナバホサンドストーン(Navajo Sandstone)のうち、Pink Submit-Brown Submitの地層

モニュメントバレーの地層
2億8600万年前~2億4500万年前のオルギャンロックフォーメーション(Organ Rock Formation)と言われています。

PAGETOP