アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

グレートギャラリー ユタ州

グレートキャラリー

グレートキャラリー

グレートギャラリー、ホースシュー・キャニオン ユタ州
ホースシュー・キャニオンは 、西側にはグリーンリバー 北側にはキャニオンランズ国立公ユタ州 がある。

グレートギャラリーは、バリアキャニオンスタイルのコレクションで知られているロックアートです。キャニオンランズ国立公園の一部である ホースシュー・キャニオンは、発見されたロックアートを維持し保護する為1971年に国立公園に認定された。

グレートギャラリー
ホースシューキャニオンの人間の存在は、紀元前7000年から9000年までさかのぼる。古代インディアンは、マストドンやマンモスの大型哺乳動物を狩りをし、後に彼らの子孫は砂漠のアルカイック文化等をもたらした。

プエブロとフリーモント族は、AD1300年のインディアンの人々によってこの場所を放棄したと考えられている。

グレートギャラリーは、最大かつ最も保存状態のコレクションの一つである。アメリカのロックアート・バリアキャニオンスタイル のギャラリーは砂漠アルカイック文化の産物で、フリーモントと祖先プエブローンより以前の狩猟採集民の遊牧民のグループだった。

グレートギャラリーのパネルは長さ約61m、高4.6mのサイズがあり、パネルには、背の高い岩絵は2.1mあり、最大は約20等身大の人間の形をした画像がある。絵画の複製は、近代美術館ニューヨークとデンバー自然史博物館にある。

グレートキャラリー

グレートキャラリー

ユタ州道24号線の未舗装の道路を経由しホースシューキャニオン峡谷の西側の登山口に位置。グリーンリバーから48km、未舗装の道路の76km。ウエストリムの登山口のキャンプは、土地管理局の許可が必要ですが飲料水が無い。ホースシュー・キャニオンでのキャンプは許可されていない。

峡谷の底に750mの垂直の足を降りて約4.8kmをハイキング。大ギャラリーにウエストリムの登山口からのハイキングは約10.5kmの往復で、完了に3〜6時間かかる。トレイルはマークされますが、グレートギャラリーに行くには、猛暑の中スタミナと持久力が必要です。 一人、最低1ガロンの水が必要で水源は峡谷に水は無い。

アクセス
ホースシュー・キャニオンのトレイルヘッドは、キャニオンの西端に位置しています。 国道24号線から48kmの勾配道路、またはグリーンリバーから76kmの泥道経由でアクセスできます。 両方のルートには、濡れたときに通り抜けることのできる道路がある。 訪問者は、西リムトレイルヘッド、土地管理局 (BLM)によって管理される公有地にキャンプすることができます。仮説のトイレがありますが、水はありません。 公園境界内のホースシュー渓谷では、一晩のキャンプは許可されていません。

ロック・アートを見るためには、渓谷の底に228mを降り、約4.8kmをハイキングしなければなりません。 ウェストリムのトレイルヘッドからグレートギャラリーまでのハイキングは約10.5 kmの往復で約3〜6時間かかります。

コースにはかなり印がついていますが、グレートギャラリーに到着するには、特に熱の中で、ある程度の体力と持久力が必要です。 3つの重要なロックアートのパネルがグレートギャラリーにあります。

ペトログリフ北米のロック・アート(岩絵)
電話、インターネットはコミュニケーションの道具で、これらの原点がペトロクリフやピクトグラフです。数千年前から岩に描かれ続けられたものが多く、北米のものはアメリカ合衆国のインディアンやカナダのファースト・シティズンが描いたもので全米に痕跡があり。現代へのメッセージでもあり、芸術でもあります。

岩絵には、ペトログリフ(Petroglyph)とピクトグラフ(Pictograph)
ペトログリフはペトロとグリフ(彫刻)による熟語で、ペトロはギリシャ語で岩の意、英語では Peter、日本語はペテロで聖書に記載されている。ピクトグラフとは、岩を彫りこむ事で描いた刻印による絵を指す。ピクトグラフはピクチャーとグラフによる熟語で、狭義では、岩に塗料を塗って描いた絵を指す。日本では、両方「岩絵」と呼ばれる。

グレートキャラリー

グレートキャラリー

アメリカ合衆国南西部で古代ペトログリフ(岩絵)を描いた2種族。
1.フリーモント族、ユタ、ネバダ、アイダホ州を拠点にしていた。
2.アナザジ族、ユタ州、コロラド州、ニューメキシコ州、アリゾナ州を拠点していた。

アナサジは、後の時代に、この地にやって来たナバホ族の言葉で敵の先祖を意味する言葉する。アナサジ族の事を古代プエブロ族と呼ぶ。又ナバホ族の中には、少数ですが音節を変えてアノサジという名称を使う人がいる、埋もれた先祖の意味。

フレモント族は、ペトログリフを盛んに描いた種族で広範囲の場所に痕跡を残している。北部のダイナーソワー国定公園から南部はキャニオンランズ国立公園など広い範囲に広がり、造形もさまざまで独自様式の土偶を作った。アナサジ族の岩絵は、チャコキャニオンなどに一部残っている。チャコキャニオンでは、かに星雲となった超新星爆発を描いた物がある。

メサベルデ国立公園のサンテンプルの遺跡には、太陽のコロナを描いた石がある。両部族共、紀元前から13世紀末まで存在し、フレモント族は狩猟採集民族、古代プエブロ族は繁栄した農耕文化であったがその後突然に衰退していった。

古代プエブロ族の末裔は、アリゾナ州、ニューメキシコ州にホピ族、ズニー族などの集落がある。フレモント族の末裔は後にユーテ族と成り、白人が馬を持ち込んでからはすぐれた馬術を身につけて遊牧民と成った。

ダイナソアートラック

ダイナソアートラック
恐竜の足跡

キャニオンランズ ユタ州
キャニオンランズ国立公園は1964に年国立公園に登録。7000万年前、ロッキー山脈の誕生しキャニオンランズにも影響し隆起した。これがコロラド高原である。

二つの川によってアイランド・イン・ザ・スカイ、ニードルズ、メイズ三つの地区がある。キャニオンランズのポイントはグランド・ビュー・ポイント、メサ・アーチ 、グリーン川です。

古代プエブロ人の故郷であり、多くの痕跡が見つかっている。古代プエブロ人使っていた道具類はほとんど盗掘者によって持ち去られたが、古代プエブロ人の石と泥の住居は保存状態が良い。古代プエブロ人はまた岩面彫刻の形でその痕跡を残しており、有名なものは、グレート・ギャラリー、ニュースペーパー・ロックである。

コロラド川とグリーン川の西にあるメイズ地区は、最も不便な地区である。北に離れた地区は、ホースシュー・キャニオン地区で、古代プエブロ人より前から存在した古期後半の狩猟採集民族によって岩の板に描かれた絵がある。

コロラド川とグリーン川は何百万年もの時間をかけて、平坦だった砂岩層を浸食した。キャニオンランドには数え切れない峡谷、アーチがある。キャニオンランズは写真家が集まり、メサアーチの朝日、デッドホースポイントは絶景である。

americadaishizen.com

americadaishizen.com

route66oudan.com

route66oudan.com

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

モニュメントバレー大全集/米国ラスベガス写真家

PAGETOP