アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

パイユート・インディアン

パイユート・インディアン

パイユート・インディアン

パイユート族 Paiute
北アメリカのグレート・ベースン文化領域である、アメリカ西部,ネバダ州の大部分と,ユタ州、オレゴン州、カリフォルニア州、アイダホ州の諸州にまたがる大盆地に居住し、ショショニ語群の高原語派の諸言語を話すアメリカインディアンの一民族。

言語学的にはユト・アズテク系の言語を話す。人口約4000と推定され、主として指定居留地とその周辺に住んでいる。

南部パイユート族はユート・チェメウェビ語を話し、真のパイユート族とも呼ばれているが、北部パイユート族はカリフォルニア州ではモノ族、ネバダ州ではパビオツォ族とも呼ばれる。

どんぐり、マツの実、トチの実などの採集と小規模の狩猟で生活し、衣服やテントは野獣の皮を用いてつくっていた。

伝統的には乾燥した砂漠的環境の下で遊動生活を送り,禾本科植物の種子や松の実の採集、シカ、ノウサギなどの狩猟など、季節的に入手しうる食糧資源を最大限に利用する生業活動が特徴であった。

社会集団の単位も小さく、夏の乾季には数家族から成る小バンドを、種子採集期の秋から冬にかけてはやや大きなバンドを形成していた。

バンド(グループ)や地域組織のような単位はなく、古い慣習もシャーマニズムを除いてほとんど残っていない。

パイユート・インディアン

パイユート・インディアン

パイユート・インディア ユタ州
ユタ州のパイュート・インディアン部族は、ユタ州南西部のパイウテ 州 南部とウッテ・インディアンズの連邦認定部族です。

ユーテの2つのバンドがユタのパイユート・インディアン部族に吸収されましたが、パハント・バンドは元々ユタ州西部のワサッチ山脈の西にあるセビア湖近くの砂漠に住んでいました。

部族はシダー、インディアン・ピークス、カノシュ、ココシャレム、シヴィウッツの5つのバンドで構成され、何百年も前から同じ独立したアイデンティティを持っていた。

ユタ州のパイュート・インディアン部族は、ヨーロッパの入植者やモルモンパイオニアの侵略によって、部族は大打撃を受けたが立ち上がります。

当時は何千の人口がいたが、800人未満にまで減少した。

1954年より前には、ピューテスの各バンド(シーダーバンドを除く)は独自のリザーベーション予持つ種族政府を持っていた。

パイユート・インディアン

パイユート・インディアン

パイユート族リザベーション(インディアン居留地)
ユタ州のパイユート・インディアン部族(PITU)は、ユタ州南西部の4つの郡にある10の別々の土地で構成されています。

ユト・アズテク・ファミリーの Numicグループの言語を話す2つの異なる北アメリカのインディアンのグループ、パイユートの言葉でNumaというパイユートと名乗った。

ユーテ 語を話すサザン・パイユートは 、ユタ州南部、 アリゾナ北部、ネバダ州南部、カリフォルニア南東部にインディアン居留地を持っている。

南部パイテートは、19世紀に米国政府によって侵害され、留保されたが、入植者や米軍との摩擦は比較的少なかった。

多くの人々は、通常は牧場で働いたり、新しい町の縁に住んで、伝統的な生活をし土地にとどまる方法を見つけました。

1840年以降、探鉱家や農民たちは乾燥した環境の貧しい食糧供給を奪った。

その後、北パイテートは銃と馬を取得し、最後のパイユートの土地が米国政府によって奪われようとした為1874年まで侵入者と戦った。

北部と南部のパイユートは伝統的に小さい土地に住み、主に種子、松の実を採集した。

暖かい気候を受けて、彼らは一時的な避難所に住むことを選択し、ウサギの毛布以外の服はほとんど着用しなかった。

又、食べ物を集めたり調理するための様々なバスケットを作った。

21世紀初頭の人口推計では、約17000人の人口だった。

ラスベガス・パイユート族リザベーション
ラスベガス・パイユート族は、 ネバダ南部の南部パイユーテ・インディアンの連邦認可の部族です。

ラスベガス・パイユート族は、ラスベガス・インディアン・コロニーにリザベーションがある。

ラスベガスの北西に位置するクラーク・カウンティーの リザーベーションは1911年に最初に確立され、今日は1560ヘクタールです。

1992年に52人の部族メンバーが予約に住み、71人が部族に登録された。

ラスベガス・パイユート族の歴史
部族は南パイユートの部族の大部分の祖先であるTudinuまたは 「デザート・ピープル」の子孫でその伝統的な領土はコロラド川の谷の下にあり、 ネバダ州、カリフォルニア州、ユタ 州のモハベ砂漠の山々やアロヨスでもあります。

19世紀初頭から非ネイティブの入植者がこの地域に移住し、その結果、地元の部族は水が豊富な低地の冬と木々が豊富な山間の夏のキャンプ場の両方から移動した。

重要な恒久的な解決は、その地域が米国に併合された1855年以降に始まりました。

1855年に、 末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教会)の使命は、ラスベガス・スプリングスに要塞を建設しました。

ミッションは短命でしたが、10年後、城砦が再建され、再居住し、ラスベガスの蘭町を再命名したとき、それは敷地内の永続的なアメリカの和解の始まりを示しました。

ウィリアム・A・クラークが部族の土地の多くを所有し、サンペドロ、ロサンジェルス、ソルトレイク鉄道を建設し、ネバダ州ラスベガスの町をその地域の最も重要な水源に隣接させた後和解が増加した。

1911年12月30日、鉄道ラスベガス・ランチョの所有者であるヘレン・J・スチュワート は、春に給餌されたラスベガスの春の陸地の4ヘクタールをパイユートに移し、ラスベガス・インディアン・コロニー作った。

1983年まで、これは部族の唯一の共同体でラスベガスのダウンタウンにある小さな「街の町」を形成していました。

部族は1970年7月22日に憲法と細則を批准した。彼らはインディアン再編成法の下で連邦政府に認められた。

1983年、議会は、 春の山々にあるチャールストン 山脈の東斜面とヒツジ山脈の西側にある1500ヘクタールの土地を部族に戻しました。

この土地は現在、パイユート・インディアンのラスベガス部族のスノー・マウンテン・リザベーションとして知られています。

パイユート・インディアンのラスベガス部族は、ミニマート、大麻販売など、 2つの喫煙店を運営しています。

健康と人間サービスプログラム。 ラスベガスの北西に位置するラスベガス・パイユート警察署に10人の法執行官とラスベガス・パイテット・ゴルフリゾートがあります。

部族は毎年のメモリアルデーの週末に毎年のスノー・マウンテン・パウワウを主催している。

部族本部はネバダ州ラスベガスにあり、部族は7人の部族評議会によって統治されています。

ユタ州パイユート郡  Piute County
アメリカ合衆国ユタ州の南中部に位置する郡である。

2010年国勢調査での人口は1556人で、2000年の1435人から8.4%増加した。

ユタ州では2番目に人口が少ない郡である。郡庁所在地はジャンクション町で人口191人であり、同郡で人口最大の町はサークルビル町で人口547人である。

郡内に法人化された都市は無い。1865年に設立され、郡名はパイユート族インディアンに因んで名付けられた。

地理
アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は1,983 km2であり、このうち陸地は1,963 km2、水域は21 km2で水域率は1.04%である。

隣接する郡
セビア郡 – 北
ウェイン郡 – 東
ガーフィールド郡 – 南
アイアン郡 – 南西
ビーバー郡 – 西

国立保護地域
ディキシー国立の森
フィッシュレイク国立の森

americadaishizen.com

americadaishizen.com

route66oudan.com

route66oudan.com

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

モニュメントバレー大全集/米国ラスベガス写真家

PAGETOP