アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

ツインロック ブラフ ユタ州

ツインロック ブラフ ユタ州

ツインロック ブラフ ユタ州

ブラフ サンフアン郡 ユタ州  Bluff Utah
サンフアン郡はユタ州の南東に位置しインディアン居留地区で世界最大の屋外美術館とも言われている。標高1318mで人口約320人の小さなナバホ族の村です。

約100前にモルモン教徒たちがこの雄大な渓谷に入植した。ここには、モルモン教徒開拓者の痕跡だけでなく、数千年前に暮らしていた先住民の痕跡も数多く残っています。 サンフアンの独特な地形と豊かなインディアン文化遺産があるアーティストのコミュニティです

ブラフは 1880年4月6日設立された。インターナショナル・ダークスカイ・パークの第1号として認定されている。
ブラフの壮大な景観には、ナバホーツインズロックの岩の柱がそびえ立っています。 町の上に浮かぶ小さな岬にあり、ナバホ族の伝説の神秘的なヒーローツインズの名前が付けられている。

ツインロック ブラフ ユタ州

ツインロック ブラフ ユタ州

ブラフとモルモン教徒パイオニアの歴史
1878年12月に出て、数多くの南ユタ州の家族は、所有地を離れてサンフアンの遠隔地に旅立ちました。約250人の男性、女性、子供からなる70家族が、1879年10月にユタ州中央南部のエスカランテを離れ、サンフアン川のモンテスマでの「サンフアンミッション」の使命を確立しようとしていました。

困難な峠、ロック・イン・ザ・ロック(Rock in Hole)傾斜45度の岩場で400mの降下は、ダイナマイトを使い堤高所を蹴り落とし、隙間を通って下のコロラド川(現在のパウエル湖)に下りました。ブラフの開拓はジョン・テイラーの指導の下で、 シラス・スミスとデンマークの入植者ジェンス・ニールソンは230名のモルモンが入植し農業を開始した。

ブラフは、ユタ州南東部の最初のアングロサクソンのコミュニティで、1880年4月 現在のフォーコーナーズ地区でサンファン川のサンフアンミッションの使命を確立しようとするモルモンのパイオニアは、インディアンとの友好関係を維持した。当時、ユタ州南東部のサンフアン地域は無法者の避難所に成っていた。

ジョン・テイラーの指導の下で、 シラス・スミスとデンマークの入植者ジェンス・ニールソンは230名のモルモンが入植し農業を開始した。

ブラフの開拓者は挑戦を続けましたが、最終的に元々の家族やその子孫の殆どが移住し、多くの人々が北に移り、1888年にモンティチェロと1905年にブランディングの農業と放牧を開始しました。

ウラン鉱山ブーム
ブラフ村の名前は、近くの崖の名前から付けられました。町の人口は1930年までに70人に減少したが、1950年代のウラン鉱山ブームの時代は町は賑わったが、1970年代のウラン衰退と共に再び減少し、現在は約320人の住民がいる小さな町である。

古代の痕跡の劇的な砂岩の崖とサンフアン川の間に位置するシーニック・ハイウェイは、ユタ州ブラフのオアシスです。人々は何千年もの間この河川に沿ってこの地域に引き寄せられました。

ツインロック ブラフ ユタ州

ツインロック ブラフ ユタ州

プエブロ・インディアンの遺跡
紀元前650年頃のプエブロは、この地域の最初の居留地を確立しました。南西部の最も印象的な先史時代のロックアートと遺跡の一部は、ブラフの中または近くにあります。 先祖のプエブロは、川を渡る崖に見えるツインロックの双子岩が町のシンボルでインディアンの伝説的ではこの岩が町を守っていると言われている

1880年、ブラフはモルモンの先駆者たちによってフォコーナーのエリアで使命を果たそうとし、 70人の家族が6カ月間、ロックトレイルの難しい穴を越えてブラフに行きました。

彼らの到着後すぐに、彼らは1部屋のキャビンを造り、ブラフ砦を設立した。後の繁栄した時代には、先駆者たちは素晴らしいビクトリア朝の家を建てました。その多くはブラフ歴史地区で慎重に修復されている。

ツインロック ブラフ ユタ州

ツインロック ブラフ ユタ州

ブラフ砦に刻まれた開拓民の歴史
1880 年代、最初のモルモン教徒が移住してきたのがユタ州ブラフ。 当時の住居はほぼ完全に再建されています。

ブラフ近郊の見所
ナチュラルブリッジズ国定公園
1 時間ほど離れた場所にあるナチュラルブリッジズ国定公園には、世界最大級の石橋が 3 つあります。 ホワイトキャニオンでは、その 1 つであるシパプブリッジを間近で見ることができます。この楽しいハイキングの所要時間は約 45 分です。木製のはしごや石の階段を歩いていくと、目の前に素晴らしい大自然が広がります。 園内最大の橋、オワチョモブリッジがある。

モニュメントバレーの壮大な景色
アメリカで最も有名な自然のランドマークの 1 つであるモニュメントバレーまで旅を続けましょう。ここは、これまで数多くの映画やコマーシャル撮影で使用。

ホーヴェンウィープ国定公園
素晴らしい文化に触れることができるもう 1 つの場所が、ホーヴェンウィープ国定公園(Hovenweep National Monument)です。 ここでの見どころは、古代文明の技術と知恵を感じさせる塔で7000 年以上前に何を使って崖に塔や家を建てたインディアン遺跡が残されていある。

バトラーウォッシュペトログリフ(インディアンの岩絵)
バトラーウォッシュペトログリフ(Butler Wash petroglyph)です。真に迫る絵が印象的な最高の写真撮影スポットです。

サンフアン郡の象徴的な場所
フォー・コーナーズ・モニュメントは、アメリカの 4 つの州境が 1 ヵ所で交わる場所。コロラド州、ニューメキシコ州、ユタ州、アリゾナ州が交わっている。車で 2.5 時間ドライブしたところにあるキャニオンランズ国立公園のアイランド・イン・ザ・スカイ地域がある。

モルモン・トレイル モルモン開拓者 移民の道
1846年から1868年に末日聖徒イエス・キリスト教会の信徒が通った総延長2080kmの道である。モルモン・トレイルは現在「モルモン開拓者国定歴史の道」に登録されている。

モルモン・トレイルは、1839年から1846年まで末日聖徒イエス・キリスト教会の主要開拓地だったイリノイ州ノーブーから、ブリガム・ヤングとモルモン教徒達が1847年から移り住んだユタ州ソルトレイクシティまで続いている。当時、モルモン教は一夫多妻制や独自の経典を使い異端視され迫害されモルモントレールを開拓したからと言われている。

アイオワ州カウンシルブラフスからワイオミング州ブリッジャー砦まではオレゴン・トレイルやカリフォルニア・トレイルとほぼ同じ経路で「移民の道」と呼ばれている。

モルモン開拓者の移動は、この教派が隣人との紛争に直面した1846年に、指導者ヤングがグレートベースンに新しい教会の本拠を設立する事を決めた時に始まった。この年、ヤングの追随者達はアイオワ州を横切った。途中である者達は開拓地を作り後の移民のために作物を植えて収穫した。

1846年から1847年の冬、移民たちはアイオワ州やネブラスカ州で組織化されていなかった領土で冬を過ごした。最も大きな集団はネブラスカのウィンター・クォーターズで過ごした。

1847年春、ヤングは先行隊を率いて、当時はアメリカ合衆国の領土外で後にユタ州となったソルトレイク・バレーに向かった。この最初の年の移民達は大半が元ノーブーの住人であり、ヤングに従ってユタまで同行した。後に、この移民たちは次第にイギリス諸島やヨーロッパ大陸からの改宗者を包含していった。

モルモン・トレイルは1869年に最初の大陸横断鉄道が完成するまで20年以上にわたって使われた。その移民の中には1856年から1860年にかけてのモルモン手押し車開拓者隊がいた。ジェイムズ・G・ウィリーとエドワード・マーティンに率いられた手押し車隊の2つは、出発が遅かったためにワイオミングで激しい暴風雪に遭うという惨事を経験した。

americadaishizen.com

americadaishizen.com

route66oudan.com

route66oudan.com

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

モニュメントバレー大全集/米国ラスベガス写真家

PAGETOP