アメリカ大自然旅企画 写真家Ken Kanazawa ラスベガス

MENU

メサ・べルデ国立公園

  • HOME »
  • メサ・べルデ国立公園

メサ・べルデ国立公園

コロラド州南西部、プエブロ・インディアンのアナサジ族の残した断崖をくりぬいた集落遺跡郡で世界遺産にも登録されている。メサベルデとは、スペイン語、緑の台地という意味Cortez の町の東約15 kmに位置。

メサ・ベルデ

メサ・ベルデ

メサ・べルデ遺跡の存在は、1874年には知られていたが、本格的な考古学的調査の契機になったのは、1888年に牧場主リチャード・ウェザーリルによって「クリフ・パレス」が発見されて以来、ウェザーリル兄弟が一般調査で108ヶ所に及ぶ断崖をくりぬいた集落を確認してからである。

1891年に、考古学者であるジェズ・ウオルター・ヒュークスとスウーデン出身の地質学者グスタフ・ノルデンショルド に地質学者よって初めて本格的な発掘調査がされた。この地域は1906年7月29日に国立公園として制定された。1978年9月6日に 世界遺産に登録。

1世紀頃から、この地に農耕民であるアナサジ族が住み始めた。アナサジ族は、8世紀頃までバスケット・メーカー文化と呼ばれる独特なかご作る文化を築いていたが、9世紀頃からキヴァという儀式を行う施設を伴う日干し煉瓦の壁によって区画された集落遺跡を築くようになる。

これをプエブロ文化と呼び、12世紀 頃になると、外敵の襲来に備えた、本格的な「岩窟住居」を作り、そこに住み始めたと考えられている。

周辺にはニューメキシコ州北西部の半円形の壮大なプエブロ・ボニート遺跡を中心とするチャコ・キャニオンの遺跡群がある。その他にも、ユタ、コロラド、アリゾナ、ニューメキシコ4州の州境が1点に集まるフォー・コーナーズにはコロラド州のメサ・ヴェルデをはじめとして、アリゾナ州のキャニオン・デ・シェイ、ユタ州のホヴンウィープなど数多くの遺跡群が見られる。

メサ・ベルデ

メサ・ベルデ

ユタ州側にあるホヴンウィープ国定公園の遺跡群は極浅い谷あるいは涸れ沢の縁の平地に散在する形をとる。メサ・ヴェルデの住居遺跡がメサ上に少ないのは保安のための他に農耕に適したメサ(台地)上を農耕に優先したとのこともある。

アナサジ族のこのような日干し煉瓦による壮大な建物が建てられた時期はプエブロIII期と呼ばれる14世紀。になると、とつぜん放棄されたと推測されており、謎となっている。

アナサジとは、アナサジ族が消滅もしくは移住した後に同地域に流入し、現在も居住する先住民であるナバホ族の言葉で「古(いにしえ)の敵」あるいは「古の人々」を意味するが、現在は「先プエブロ」を意味する英語の The Ancestral Puebloan”という表現を使う方向にある。

クリフ・パレスといわれる「岩窟住居」による集落が公園内最大の遺跡である。200室ほどあり、一番高いところの高さは、4階建て相当にもなる。さながら高級マンションのようでもある。

メサ・ベルデ

メサ・ベルデ

クリフ・パレス、ロング・ハウスなど主要な遺跡コンプレックスへの立入りは公園レンジャーの引率によるツアー(有料)のみで許されている。シーズン中は混雑するので朝一番にビジター・センターで申し込む必要がある。

 

PAGETOP