アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

アートディストリクト ロサンジェルス

アートディストリクト ロサンジェルス

アートディストリクト ロサンジェルス

アートディストリクト ロサンジェルス  
ロサンゼルスのダウンタウン 、 カリフォルニア州 ロサンゼルスの東端にある町です。20世紀初頭の歴史を持つ古い工業建築物に新しい命を与えました。

初期の創造的な芸術の多くは閉鎖されたままで行われていたが、ストリートシーンは21世紀初頭に徐々に活性化され、いくつかの新しい建築物が散在して創造的に再利用されるようになった。

美術館やギャラリーがあるダウンタウンで、アートギャラリーがオープンし地域に認知されています。アーツディストリクト はLA芸術の発信基地であり、グラフィティアートを堪能できるフォトスポットが一杯つまった最先端アートの町でLA注目度NO.1!

アートディストリクト ロサンジェルス

アートディストリクト ロサンジェルス

アートディストリクト ロサンジェルスArts Dist
ロサンジェルスのダウンタウンのリトル東京の東に位置する地区で、20世紀初頭のアメリカ大繁栄の時代の名残ある町。近年、ロサンジェルス再開発計画の一環でアートディストリクトが設けられた。元々工場地であり倉庫街だったこの地区は元々安い家賃だった為、芸術家たちが集まるように成った。

最先端のアートの地には、今では最先端のレストランやショップが沢山ある。自由な表現を求め、この地にたどり着いた芸術家たちなどが活動をしている。

初期の創造的な芸術の多くは閉鎖された活動を行っていたが、21世紀初頭に徐々に活性化され、新しい建築物が創造的に再利用されていった。

ロサンジェルスのダウンタウンで美術館やアートギャラリーがオープンしていった。アートディストリクトは、西にあるアラメダ道りAlameda Streetであり、リトル東京  Little Tokyo 北のファースト・ストリート First Street 、東には、ロサンジェルス・リバー  Los Angeles River 、南のバイオレット・ストリートViolet Streetがある。

アートディストリクト ロサンジェルス

アートディストリクト ロサンジェルス

アートディストリクト ロサンジェルス 初期の歴史
スペインの父Juan Crespiは、1796年にアルタ・カリフォルニアに行く遠征中に、現在アート地区として知られているものを設立しました。彼の旅の途中、彼は豊かな土に囲まれた水源を発見しました。

小さなプエブロ(村)はスペイン語の新しい領土と宣言され、正式に1781年9月4日に設立されました。 

Vignes Streetは、サンドイッチ諸島とボルドーを経て1831年にロサンゼルスに到着した高齢者の冒険家であるジャン・ルイ・ヴィーニュスの名前が由来です。

彼はワイナリーを始め104エーカーにブドウを植えました。カベルネとソーヴィニヨン・ブランの葡萄が南フランスから輸入され、1849年エル・アリソはビンヌ・ブドウ園と呼ばれ、カリフォルニア最大のワイン生産者になりました。今ではブドウ畑は無くなりましたが、サン・アントニオのワイナリーは、健在です。

19世紀後半までには、オレンジやグレープフルーツがその地域の主な農産物で、川岸の西側には柑橘類の木々が茂っていました。 1909年にハリウッドの初の長編映画「オールド・カリフォルニア州 」のロケ地に使用された。

第二次世界大戦後、アメリカ経済が発展しサンタフェ鉄道と柑橘類産業の輸送ニーズに対応する為に倉庫が建設された。鉄道労働者の為の宿泊施設などが建設され人々が集まりリトル東京とチャイナタウンが発展した。

1950年代、独立系小規模製造業者が大規模な競争相手に吸収され、空き倉庫や旧工場スペースが増加し、アメリカの都市に典型的な腐敗する都市環境なり、不動産価値が低下しました。市内で家賃を支払うことに苦労していたアーティストは、1960年代後半から1970年代初めにアート地区に移り始めました。

アートディストリクト ロサンジェルス

アートディストリクト ロサンジェルス

アートディストリクト ロサンジェルス  初期のアートシーン
1969年、 Allen Ruppersbergは1913 West Sixth StreetでAl’s Cafeをオープンした。

アーティストは、70年代半ばに空だった工業用スペースと商業用スペースを作業用スタジオに変換し当時の値段で平方フィート3セントの安い家賃で彫刻などのアート活動をした。

その後、芸術活動が活発になり、Betty Klausnerがサンタバーバラ現代美術館として知られる現代美術フォーラムを主催した。

「アーティスト・イン・レジデンス」条例
1981年、ロサンゼルス市は、工業用および商業用のゾーン建物の住宅での使用を可能にする「アーティスト・イン・レジデンス」条例を可決しました。

80年代、6th StreetのアーティストJim Fittipaldiが作ったBedlam(Al’s barの前邸宅)は、ドローイングワークショップ、アートインスタレーション、劇場、ライブミュージック、カフェなどが増えていった。

アートディストリクト ロサンジェルス

アートディストリクト ロサンジェルス

土地の高騰
1970年頃には、アーティストはこれらのスペースを違法に使用していたが 、1980年、ロサンゼルス市は、これらの臨時および不安定な住居を合法化する為に、「アーティスト・イン・レジデンス」条例制定後の2000年から開発が盛んに成り芸術地区の西側のエリアにある大規模なオフィスビルを改造し始め土地やレントの値段が高騰していった。


各店舗

アースカフェ  Urth Cafe
ロサンゼルス生まれのオーガニックカフェ。ウエストハリウッドやビバリーヒルズにあるセレブに人気の店舗を持ち、ロスでは知らない人がいないほどの人気カフェ。アーツディストリクトにあるダウンタウン店は、時計台の建物象徴なっている。

晴れた日はテラス席がおすすめ。オーガニック料理やドリンクはどれも洗練された味で身体に優しいです。

住所:451 S Hewitt St, Los Angeles
営業時間:月~木6:00~23:00、金・土6:00~0:00
定休日:無休
電話番号:213-797-4534

エンジェルシティブリュワリー Angel City Brewery
1997年創業のビール醸造所。地元のクラフトビールが、この開放的な空間とアート一杯の建物で生で飲めるとあっていつも賑わっています。

一大ムーヴメントを起こしたGlobal Angel Wings Project(天使の羽のアートをバックに写真を撮って自分達は地上に舞い降りた天使なのだと表現する活動)の舞台の一つとなっていて大きな天使の羽がある。

住所:216 Alameda St, Los Angeles
営業時間月~木16:00~0:00、金16:00~1:00、土12:00~1:00、日12:00~0:00
定休日:無休
電話番号:213-622-1261

ワースクーカー  Wurstkuche
ロスでホットドックといえば、ワースクーカー。ソーセージで本場ドイツの生ソーセージがずらりとならんだショーケースから選び、バンズもアメリカのとは違って少し食感があり、ジューシィーなソーセージに合っています。トッピングやソースも色々あってファストフード好きには堪らないお店です。

住所:800 E 3rd St, Los Angeles
営業時間:11:00~翌1:30
定休日:無休
電話番号:213-687-4444

americadaishizen.com

americadaishizen.com

route66oudan.com

route66oudan.com

PAGETOP