アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

ラスベガス写真撮影出張サービス

ラスベガス挙式

ラスベガス挙式

米国ラスベガス写真家Ken Kanazawaが、ウェディング、家族、モデル、イベント等の写真出張サービスでお撮りします。 

ラスベガスウエディング ラスベガス挙式

ラスベガスウエディング
ラスベガス挙式

撮影サービス『Ken’s Photo Image LLC』とは?

ラスベガスの旅の思い出、愛をカタチに一生の思い出やインスタグラム等のSNS用に米国写真家ken kanazawaが撮影を行います。

ラスベガス市内、アメリカ大自然撮影、全米出張など、ご予算にあわせてアレンジいたします。

自分たちでは残せない自分たちだけの想い出を最高級の機材(高画質)とプロの経験で一生の思い出を写真に残す、フォト撮影サービスです。

自然な笑顔や好きな人の前でしか見せない表情を写真やイラストのようなカタチにすることでやっぱりこの人と一緒にいて良かったなと、少しでも幸せに感じる瞬間を増やしたいと思っています。

ラスベガス郊外レッドロックキャニオンにてウエディング写真

ラスベガス郊外レッドロックキャニオンにてウエディング写真

ラスベガスは結婚式 Las Vegas Wedding
ラスベガスがあるネバダ州は婚姻手続きが簡単なことで昔から知られており、毎日たくさんのカップルが多種多様な結婚式を挙げようと世界中からこの地を訪れている。

それは統計にもはっきりとあらわれており、人口わずか百数十万人 (周辺都市を含めても200万人) のこの都市において、毎年受理される婚姻届 (Marriage License と表記されているものなので正確に訳せば結婚許可証) の数はなんと約 10万組が結婚式を行っている。

これを日本の人口に置き換えると毎年約 1000万組が結婚していることになり、いかにすごい数字であるかが想像できよう。

ちなみにラスベガスの人口比に対する婚姻届の数は、一般の都市の約10倍といわれており、ほとんどが地元民以外の旅行者による婚姻であることがうかがえる。まさに世界中からカップルが集まる 「ウェディングの聖地」 といってよいだろう。

結婚式の絶対数が多いためか、街中には数多くのウェディングチャペルが立ち並び、そして式のスタイルもシンプルなものから超豪華なものまでさまざまだ。

サルベーションマウンテン

サルベーションマウンテン

結婚証明書即日交付結婚証明書
アメリカでは、日本で言う戸籍と言う制度が無く、夫婦である事を証明するのに「結婚証明書」と言うものを取得する必要があります。

取得手続きには、州によって違いがありますが、血液検査や滞在期間など、複雑な手続きが必要になります。

そこで、現地の役場での申請だけで簡単に取得(即日交付)できる政策を実施したのがラスベガスなのです。(アメリカ国内の他の州にはありません。)なので、ハリウッドスターや有名人がラスベガスで結婚式をします。カジノのイメージが強いラスベガスは、本当は「結婚式の街」なのです。

ラスベガス挙式

ラスベガス挙式

リーガルウエディング
結婚証明書、私達、日本人が挙式する場合は、どうなるのでしょう。日本人の場合も、交付手数料$60と身分証明(パスポート)の提出で、ラスベガスの役場で結婚証明書を即日交付してくれます。(未入籍の方のみ)既に入籍済みの方は、チャペルが結婚証明書を発行しますが、法的な効力はありません。

帰国後に婚姻届を提出される方は、上記の役場が発行した「結婚証明書」を一緒に提出するだけで、保証人(通常:両親)の署名・捺印が免除され、戸籍に「アメリネバダ州で婚姻」と記載する事ができます。

この戸籍に記載する事を「リーガルウエディング」と言いますが、帰国して手元に結婚証明書がある事が重要で、その点、ラスベガスは即日交付なので、帰国時に持って帰れるのです。
注意:結婚式の前に役場で証明書を取得するのですが、取得しただけでは、未完全な証明書です。
結婚式をして、牧師のサインが入って正式な結婚証明書となります。取得だけして持って帰らないようにして下さい。

ラスベガス挙式

ラスベガス挙式

また、証明書がなければ、結婚式ができない訳ではありません。結婚証明書を役場で取得しなくても、結婚式は可能です。

結婚式場は前述の通り街中の至る所にウェディングチャペルがあるので見つけるのに苦労はしない。あらかじめ予約しておくのが普通だが、飛び込みもOKというチャペルもたくさんある。また、多少割高になるが、ほとんどの主要ホテル内にチャペルがある。

教会での式を行わないカップルはいわゆる民事婚 (届出だけによる書類上の結婚式を Office of Civil Marriages で行うこと) も可能だ。

神父、牧師などの資格のある司式者のもとで結婚の宣誓を行い、結婚許可証に司式者と立会い人の署名をもらう。この書類が役所に提出され登録が済むと、結婚証明書(Marriage Certificate) のコピー発行が可能になる。

なお、日本の役所に届けを出す際は、この Marriage Certificate に記載されている婚姻日から3ヶ月以内に Marriage Certificate のコピーの原本と和訳文を一緒に提出すると、日本の戸籍にも「アメリカネバダ州で婚姻」 と記載されるそうだ。
Office of Civil Marriages
309 South 3rd Street, Las Vegas, NV 89101

ラスベガスウエディング ラスベガス挙式

ラスベガス挙式

リニューイング・ウエディング Renewing Wedding Vows
上記は、あくまでも未入籍のカップルがラスベガスで結婚式を挙げる場合のことで、すでに入籍済みのカップルが式を挙げたい場合は役所に行く必要はなく、リニューイング・ウエディングを行うことになる。

リニューイング・ウエディングとは、新たに結婚の誓いを立てるという意味であるが、アメリカでは結婚一周年の記念日や十年目、そのほか思い立った時や節目に新たに神父や牧師の前で誓いを立てたり、式を行うカップルが少なくない。

この場合は、すでに書類上の婚姻は済んでいるので、チャペル側にリニューイング・ウエディングであることを告げて式を挙げるだけだ。

日本ですでに籍を入れているカップルがラスベガスで挙式を挙げる場合も、この リニューイング・ウエディングをする形になるので、役所に行く必要はまったくない

写真プランと料金
ベーシックプラン
ラスベガス市内の写真スポットでの撮影
$350~ (料金等ご相談下さい)

ラスベガスウエディング ラスベガス挙式

ラスベガスウエディング
ラスベガス挙式

挙式写真プラン
$500~ (料金等ご相談下さい)
格安、式場の手配等(料金等ご相談下さい)
ドライブスルーウェディング A Little White Wedding Chapel
ラスベガス ドライブスルー・ピンクキャデラック・ウェディング手配等 $300

アメリカ大自然での撮影
ラスベガス近郊又は郊外には、アメリカ大自然があります。アメリカ大自然に出張し写真を御撮りします。
レッドロックキャニオン、バレーオブフィアー、デスバレー、セドナ、ゴーストタウン、ルート66、サルベーションマウンテン、セブンマジックマウンテン、グランドキャニオン、モニュメントバレー等、お問い合わせご相談はこちらまで御願いします。

americadaishizen.com

americadaishizen.com

route66oudan.com

route66oudan.com

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

ラスベガス

PAGETOP