アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

ラスベガス・アートディストリクト

ラスベガス・アート・ディストリクト

ラスベガス・アート・ディストリクト

ラスベガス・アートディストリクト Las Vegas Arts District
18bラスベガス・アート・ディストリクトは、進化しグラフィティの聖地、フォトジェニック、インスタ、映えの隠れスポットに成っている。

ラスベガス・アート・ディストリクトには、 ビンテージの衣料品店、アンティークショップ、アートギャラリー、ヘアサロン、レストラン、絵画から彫刻、劇場公演、ギャラリー、スタジオ、博物館など、あらゆる種類の芸術の町で徐々に進化を続けている。

1998年アートとアーティストを奨励するために18ブロックゾーンに創設されました。

地区の大まかな境界線は、コマース・ストリート(Commerce Street)、フバー・アベニュー(Hoover Avenue)、フォース・ストリート(4th Street)、ラスベガス・ブルバード(Las Vegas Boulevard)、コロラド・アベニュー(Colorado Avenue)に位置しダウンタウンのフリーモント地区とストラスフィア・ホテルの間にあります。

「第1金曜日」アートウォークは毎月恒例の金曜日の夕方に、毎月3万人の来場者を招待する毎月の芸術文化イベントで食べ物と飲料の売り手、音楽、ビジュアルパフォーマンス、アーティスト/職人/職人が作品を展示している。

ラスベガス・アート・ディストリクト

ラスベガス・アート・ディストリクト

グラフィティとは?
1970年代にニューヨークで、スプレーやフェルトペンなどを用いて壁や電車などに落書きをすることから始まった。1980年代に入り、少数のグラフィティ行為者が前衛芸術家として持てはやされた。

アメリカでは以前から存在していたが、初期のキース・ヘリングやジャン=ミシェル・バスキア等が世界的に有名になり、アメリカの落書き文化は、1983年に公開された映画「ワイルド・スタイル」によって初めてメディアに通され、世界中に広がった。

ラスベガス・アート・ディストリクト

ラスベガス・アート・ディストリクト

ポップ・アートの巨匠
バスキア Basquiat
ジャン=ミシェル・バスキア1960年12月22日~1988年8月12日はニューヨーク市ブルックリンで生まれたアメリカの画家。グラフィティ・アートをモチーフにした作品で知られるハイチ系アメリカ人。

プエルトリコ系移民の母親とハイチ系移民の父親の間に生まれ、幼い頃から絵を描き、芸術的な活動をするように母親から薦められていた。

17歳の頃から地下鉄、スラム街地区の壁などにスプレーペインティングを始める。活動を続けるうちに高校を中退したバスキアは、Tシャツやポストカードを売りながら生計を立てていた。

ラスベガス・アート・ディストリクト

ラスベガス・アート・ディストリクト

徐々に彼の描いたスプレーペインティングは評価され、キース・ヘリング、バーバラ・クルーガーの助力でニューヨークで個展を開くようになった。

又、絵の中に描かれる王冠は彼のトレードマークとなっている。一時結成していたノイズバンド「GRAY」の名は交通事故のさい母親が病室に持ち込んだ本が由来している。

1983年にはアンディ・ウォーホルと知り合い、作品を共同制作するようにもなる。1987年のウォーホルの死まで2人の互いに刺激しあう関係は続いたが、バスキアは徐々にヘロインなどの薬物依存症に陥り、妄想癖が見られるようになった。

そしてウォーホルの死によりさらに孤独を深めると共に、ますますヘロインに溺れていった。1988年、ヘロインのオーバードースにより27歳で死去。

生涯が映画「バスキア」として1996年にアメリカで映画化され、死後もその生涯と作品は注目を集める。監督はジュリアン・シュナーベル。ジェフリー・ライトがバスキアを演じた。

ラスベガス・アート・ディストリクト

ラスベガス・アート・ディストリクト

キース・ヘリング Keith Haring
1958年5月4日~1990年2月16日は、アメリカの画家である。ペンシルベニア州レディング生まれ。

ストリートアートの先駆者とも呼べる画家で、1980年代アメリカの代表的芸術家として知られる。

1980年にニューヨークの地下鉄構内で使用されていない広告掲示板に黒い紙を張り、その上にチョークで絵を描くというサブウェイ・ドローイングと呼ばれる活動を始めた。

そのシンプルな線でリズミカルに書かれた絵はニューヨークの通勤客の間で評判となり、キースの名が知られるようになった。グレイトフル・デッドのファンである、デッドヘッズでもあった。

ラスベガス・アート・ディストリクト

ラスベガス・アート・ディストリクト

ニューヨークの画商トニー・シャフラジの支持もあって、数回の個展を開催して知名度を上げる。その後、ニューヨークのマンハッタン、シドニー、メルボルン、リオデジャネイロ、アムステルダム、パリなどで壁画を製作するなど公共空間での活動を多く行なった。

ジャン=ミシェル・バスキアやアンディ・ウォーホルとも親交が深かった。

社会貢献活動を多く行ない、AIDS撲滅活動や恵まれない子供たちへの活動で知られている。特にキース自身がHIV感染者だったこともあり、作品を通じてAIDS感染を防ぐメッセージを出すなどし、AIDS撲滅活動に積極的に関わった。Act Against AIDSの最初のポスターを描いた。

彼の生涯最後の作品は、イタリア・ピサ中央駅そばの教会の壁にかかれた「Tuttomondo」。

1990年2月にエイズによる合併症のため、31歳で死去。

2012年5月4日、キースの生誕54年を記念して、Googleのホームページのロゴが「キース・ヘリング」バージョンとなった。

ラスベガス出張写真サーブス

ラスベガス出張写真サーブス

americadaishizen.com

americadaishizen.com

ルート66

ルート66

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

ラスベガス

PAGETOP