アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

キャリコ・ゴーストタウン/ シルバーラッシュ カリフォルニア州

キャリコゴーストタウン

キャリコゴーストタウン

ゴーストタウン キャリコ カリフォルニア州
Calico Ghost Town California
キャリコ・ゴーストタウンは、南カリフォルニアのモハベ砂漠地帯のカリコ山脈に位置する旧鉱山の町で1881年に銀鉱山の町として設立された。

ロサンジェルスとラスベガスの中間地点である州間高速道路15号線沿いのバストーから4.8km、イエーモから4.5kmの距離にあります。

高速道路からのゴーストタウンの背後にあるキャリコ山脈にはキャリコの巨大な文字が見える。

2005年、キャリコはカリフォルニア・ヒストリカル・ランドマーク#782に登録され、アーノルド・シュワルツェネッガー知事がカリフォルニア州のシルバー・ゴーストタウンと宣言した。

キャリコゴーストタウン

キャリコゴーストタウン

ゴーストタウン キャリコの歴史
1881年には、北東に山岳地帯を狙う4人の洞察者が、グレイプバイン駅(現在のカリフォルニア州バーストー )を出発していまし、4人の探鉱者は山の銀を発見し、1880年代半ばにカリフォルニア最大の銀生産者であった銀鉱山を開業した。

郵便局は1882年の初めに設立され、キャリコ・プリントが出版を開始した。 町はすぐに3つのホテル、5つの一般店、食肉市場、バー、売春宿、3つのレストランと寄宿舎を支えた。

町には副保安官と2人の司令官、2人の弁護士と平和の正義者 、5人の委員長、そして2人の医師もいた。 ウェルズファーゴ事務所と電話と電信サービスもあった。

キャリコゴーストタウン

キャリコゴーストタウン

1883年から1885年には、銀生産の埋蔵量の高さでキャリコは500以上の鉱山と1200人の人口がいて繁栄した。ブートヒル墓地には地元の荒くれ者が埋葬された。

町の定住後数年後にカリコ山脈でホウ酸塩ミネラル・コルーマナイトが発見された事キャリコの財政をまかなった。

1890年には人口が増え、中国、イングランド、アイルランド、ギリシャ、フランス、オランダ、アメリカ人等3500人がいたが、1890年銀購入

キャリコゴーストタウン

キャリコゴーストタウン

法が制定され銀の価格が暴落した。

1896年までに、その値はトロイオンス当たり 0.57ドルに値段が下がり、キャリコの銀鉱山はもはや経済的に機能されなく成り、郵便局は1898年に廃止に成り学校は閉ざされキャリコはゴーストタウン化した。

1907年にこの地域でボラックス(ホウ砂)採掘が終わると町は完全に放棄された。元の建物の多くはバストー、デジット、ヨーモに移された。

1915年、町を復活させる試みは、未処理のシルバーキング鉱山の鉱床から銀を回収するためにシアン化物工場が建設された。

キャリコゴーストタウン

キャリコゴーストタウン

ナッツベリーファームの創始者であるウォルターナッツと彼の妻コーデリアは、ニューベリー・スプリングスで 栽培を始めた。ナッツは植物用のレッドウッド製のタンクの建設を手助けた。

ウォルター・ナットは1951年代にキャリコの鉱山跡を購入し、古い写真を参照しながら1880年代の5つの建物を復元した。ナッツは、1966年にサンバーナディーノ郡にキャリコの町を寄贈した。

キャリコ・ゴーストタウンは、 1962年11月カリフォルニアの歴史的ランドマーク #782に登録された。

キャリコは2002年にモニー郡の公式のゴーストタウンとして登録、2005年にはアメリカの国会上院と州議会は、ボディーをゴールドラッシュ・ゴーストタウン、キャリコをシルバーラッシュ・ゴーストタウンとしカリフォルニア州の公園に正式に登録した。現在は、多くのオリジナルの建物が取り除かれ、キャリコは栄えたシルバーラッシュ時代の外観に復元されました。

ルート66

ルート66

ルート66バーストー
1930年代にはカリフォルニア州の農場へ、第2次世界大戦中はカリフォルニア州の軍事工場へ、1950年代になると休暇のためにロサンゼルスへ、多くに人がさまざまな目的でこの道を利用した。

ルート66は、オリジナルのルートが変えられ、またその周辺の風景も大きく変わった地域も多い。しかし、モハベ砂漠を走るルート66は、昔ながらのルートが残っていて周辺の景色があまり昔と変わらないので、この道の栄えた時代を感じながら走ることができる。

そのモハべ砂漠の西に位置し、ロサンジェルスから北西へ120km、ロサンジェルスからラスベガスへ向う行程で、その中央よりやや手前にバーストーの町はある。道路にはルート 66のシンボルマークが道にプリントされ、随所に古きよき時代の面影が多く残っている。

ペギー・スー50ダイナー 

ペギー・スー50ダイナー

ペギー・スー50ダイナー
Peggy Sues 50’s Diner Barstow CA
ロサンジェルスとラスベガスの中間地点バーストーの16km 15号線フリーウエー北に位置している。バーストーのゴーストタウンの1954年に建てられたオリジナルのルート66にあるアメリカン・ダイナーです。

ペギー・スー50ダイナーは1957年のレストランでしたが、現在のオーナーのチャンプとペギー・スーガブラーは1987年に元の場所を購入し、50年代の映画や音楽のコレクションを集めました。

1981年に砂漠に移動する前にチャンプはナッツベリーファームで働き、私は映画関係で働いていた。1981年に南カリフォルニアから移住し、1987年に食堂をリニューアルオープン復元しオリジナルの状態でそれを維持しようとした。

ゴーストタウン・キャリコの建設の際、ユニオン・パシフィック鉄道ヤードから鉄道の枕木とモルタル等の廃材を利用しレストランを建築した。

ダイナーの居心地の良い雰囲気を維持する為に、手作りの料理と素晴らしい50年代の音楽を取り入れ、昔ながらスタイルをモチーフにした。私の祖母の家族のレシピを使用した。

トラックドライバーやマイティ軍等、地元の人々の支援と観光客のおかげでダイナーは繁栄しより普及するように成った。

Peggy Sues 50’s Diner Address 35654 Yermo Rd Yermo, CA 92398

americadaishizen.com

americadaishizen.com

route66oudan.com

route66oudan.com

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

ラスベガス

PAGETOP