アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

ゴーストタウン トノパー ネバダ州

ゴーストタウン トノパー ネバダ州

ゴーストタウン トノパー ネバダ州

ゴーストタウン トノパー ナイ郡 ネバダ州
ネバダ州 ナイ郡は1864年に設立され約人口は44000人。ゴーストタウントノパーは約人口は2500人の銀鉱山で、1905年に郡庁所在地にトノパーが制定された。トノパーの町の名は創設者ジム·バトラーによって命名された。

トノパーは、ショショーンインディアン語の「TOE-NUH-PAH」は「隠されたバネ」を意味するが、言語的にはショショーン語又ノーザンパイユート語のグリースウッドか水を意味する。ユッカマウンテンが近くにある。

ミツパ鉱山
1900年頃、バトラー所有の迷子に成ったロバを探していた時、探鉱者ジム·バトラーが金と銀の豊富な鉱石を発見。

ゴーストタウン トノパー ネバダ州

ゴーストタウン トノパー ネバダ州

バトラーの迷ったロバは夜中さまよい岩の近くに避難所をしていたが、翌日の朝、ロバを発見した時ロバを獲物としていた猛獣を追い払う為に石を投げようとした岩が異常に重い事に気付いたのが始まりで、ネバダ州の歴史の中で二番目に大きい銀の鉱山を発見した。

ナイ・カウンティーが20世紀初頭、ライオ・ライトとトノパー、ゴールドフィールドの町に銀のなどの鉱業ブームが起こった。1906年のゴールドフィールドには約3万人、トノパーは1万人、ライオライトの最盛期は約1万人の人口で、町と町は全てトノパー・タイドウォーター鉄道で結ばれていた。

鉱山ブームが終わるとカウンティーがゴーストタウン化し始め、1910年には、人口は約7500人、20世紀半ばには3000人近くにまで人口が減った。人口が安定した時はネバダ核実験場が出来てからで、その後パーランプがラスベガスのベッドタウンに成り成長した。

カウンティー最大の町はラスベガス市に近いパーランプでのカウンティーの人口の86%が集中していて、トノパーの町からパーランプから260 km離れている。

ネバダ核実験場と計画中のユッカ山核廃棄物貯蔵所があり、アメリカ政府がカウンティーの92%の土地を管理している。ナイ郡は売春を合法化しているネバダ州11郡の1つである。

2011年、カリフォルニアベースの太陽エネルギーSolarReserveは、クレセントデューンズ太陽エネルギープロジェクトと呼ばれ、町の外に9.8億ドル高度な太陽エネルギープロジェクトの建設を開始しました。プロジェクトはSolarReserveの高度な太陽エネルギー貯蔵技術が組み込まれている。

ゴーストタウン トノパー ネバダ州

ゴーストタウン トノパー ネバダ州

トノパー・テスト・レンジ・エアポート
米軍の核実験、爆弾演習、F-117 Nighthawk 戦闘機の開発に使われており、町の住民の主な雇用・収入源とな成っている。

ステルスF-117A機の最初の飛行試験は、ネバダ州 グルーム・レイク(エリア51)で始またが、グルーム湖は小さすぎでセキュリティ上の問題があり、 トノパー・テスト・レンジ・エアポートが、第4450戦術部隊の本拠地と成った。

第4450戦術部隊の任務は、分類されたF-117Aステルス戦闘機を初期操作能力のテストを行う事で1980年代、トノパー・テスト・レンジ・エアポートはF-117 Nighthawkの主要な開発の事業所と成った。

1979年10月、トノパー・テスト・レンジから空港が再建され拡張された。 基地には直ちに米空軍の警察が派遣され、二重フェンスで囲まれていた。

ゴーストタウン トノパー ネバダ州

ゴーストタウン トノパー ネバダ州

世界初のステルス機  F-117 Nighthawk
ロッキードが開発したステルス対地攻撃機。夜間作戦に使用され、機体表面の塗装も真っ黒な事から、愛称もナイトホーク、夜鷹と名付けられ1983年より実戦配備がスタート、湾岸戦争等いくつかの実戦で運用された。

F-117は敵のレーダーに発見されにくいステルス技術を全面的に取り入れた世界初の航空機で、多面体の形状をしているのが特徴である。

1982年5月に最初のF-117が第4450戦術部隊 のジェームス S. アレン大佐が指揮に配属された。大佐は1983年8月23日F-117の初飛行も自身で行っている。部隊はトノパーにあるテスト飛行場で、厳重なセキュリティーが敷かれた。

F-117が一躍有名と成ったのは1991年の湾岸戦争の際で、爆弾が命中するシーンの映像などが連日テレビで流されハイテク戦争到来の印象付けた。

F-117以外の部隊はコストの問題があり誘導爆弾が使われた比率は少なくほとんどは無誘導爆弾が使われた、そんな中F-117の部隊は終始GBU-27誘導爆弾を使用している。

湾岸戦争では44機が参加。42日間、合計1271回の爆撃を遂行し、1機も被害を出さなかった。バグダッド上空を飛んだ唯一の航空機である。

F-117の退役
ステルス機、F-22 ラプター、B-2に加え、F-35 ライトニング IIが配備される為、F-117のステルス能力の維持費用が高くつくことから、2008年4月22日をもって全機が退役する。

退役後はアリゾナ州にあるトノパ実験場で保管され、必要が生じれば復帰することもあるという。なお、技術流出を防ぐ為、現在までに輸出は一切行われていない。

americadaishizen.com

americadaishizen.com

route66oudan.com

route66oudan.com

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

ラスベガス

PAGETOP