アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

アメリカ・ゴーストタウン 全集

アメリカゴーストタウン

アメリカゴーストタウン

アメリカ・ゴーストタウン 
何らかの理由により住人が退去して無人と成り、居住していた事を示す建物や痕跡のみが残されている場所と産業による環境破壊や衰退、戦争や自然災害での退去によって、一度形成された都市や集落が廃墟化した物の事。ルート66大陸横断にも数多くのゴーストタウンがある。

ゴールドラッシュの様な産業の衰退については、新たな地を求めて去る事で残された町がゴーストタウン化する。それ以外の理由の場合にはその地を去る理由がない為に闘争が始まる。戦争によって、居住の権利があいまいである為に無人に近い状態にされた地は歴史上数多く、爪跡を残している場所も多い。

アメリカゴーストタウン

アメリカゴーストタウン

アメリカのコロラド州、モンタナ州、カリフォルニア州、アリゾナ州、ネバダ州に多く存在する。殆どは、ゴールドラッシュの頃に金鉱を目当てに集まった者達によって形成された町であったが、金鉱が掘りつくされると殆どがゴーストタウンと化した。

ゴールドラッシュ カリフォルニア州 コロマ
1848年1月24日にカリフォルニアのコロマで、農場主ジョン・サッターの使用人ジェームズ・マーシャルが、アメリカン川で砂金を発見した事が西部の歴史の原点に成った。

カリフォルニアなど西部領土がメキシコからアメリカに譲渡され、新天地のカリフォルニアには金鉱脈目当ての山師や開拓者が急増し、1849年の49からフォーティー・ナイナースと呼ばれた。

ゴールドの発見のニュースはたちまち広がり、アメリカの全国や海外から約30万人もの男、女、子供がカリフォルニアに集まった。30万人の中で約15万人は海路から、残りの15万人は陸路でカリフォルニアにやって来た。

1852年、カリフォルニアの人口は20万人まで急増し、州に昇格し西部の開拓が急速に進展していった。

ルート66横断と廃墟
アメリカのイリノイ州シカゴから西部のカリフォルニア州サンタモニカを結ぶ8州、全長3755kmのアメリカン初の大陸横断国道です。1926年に指定され、インターステート・フリーウェイの発達によりその役目を終え、1985年に廃線と成った

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

ラスベガス

PAGETOP