アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

バーミリオンクリフ アリゾナ州

バーミリオン・クリフ

バーミリオン・クリフ

バーミリオン・クリフ Vermilion cliffs
アリゾナ州のココニコ・カウンティー、ユタ州のケイン・カウンティーに位置し、1984年8月28日設立され米国土地管理局が運営している。

グランド・ステアケースとは、大階段という意味でエスカランテのはスペインから来た探検家の名前から付けられた。

バーミリオンクリフのアメリカ大自然
ザ・ウェーブ(ノース・コヨーテビュート)[抽選]
1億9000万年前のジュラ紀に形成された沙漠の化石、ナバホ砂岩の地層が長い歳月の間に風雨によって浸食され、縞状の波模様とU字型の美しい地形が造りだされました。

サウス・コヨーテビュート[抽選]
ザ・ウェーブに勝るとも劣らない絶景が広がりますが、道中が悪路であることなどからアクセスが困難なため、抽選に参加する人が少ないという特徴がある。

ザ・ウェーブ

ザ・ウェーブ

ホワイトポケット
ホワイトポケットとザ・ウェーブはバーミリオンクリフ2大自然の造形美。真っ白なナバホ砂岩の層と鉄分を含んだ赤い層が攪拌され風によって浸食された地層が美しい景観をつくり出しています。リフトアップされた4DWが必用で日によって異なりますがレンタカーは危険。

渓谷ワイヤーパス・トレイル [抽選]
大渓谷バックスキン・ガルチへと繋がるトレイル。水の浸食によって造りだされた、幻想的な渓谷(スロット・キャニオン)をトレッキング。

ティーピーズ
三角錐の奇岩がインディアンの居住用テント(ティーピー)に似ているためその名が付きました。

ホワイト・ポケット

ホワイト・ポケット

パリアクリフ、バーミリオン・クリフは・・
乾燥したコロラド高原地帯のアリゾナ州南部とユタ州南部に位置し、保護されている地層は190万エーカー。デラウェア州より大きい荒野地域で、 荒野は広大な台地 、背の高い断崖 、深い峡谷で構成されています 。

2000年には、7500万年前の恐竜の化石を発見。その後も沢山発見され、ユタ州自然史博物館に展示されている。

コロラド高原とその河川流域は、 地質学者と古生物 学者が地質記録の参照地層として使用する、 厚さが数十メートルの連続した岩石柱を露出させる複数の地形特徴を含んでいる為、 地球科学 、特に年代順層巨大で莫大な価値があります 。

ココペリ

ココペリ

人間の歴史
古代インディアンの岩絵 が数多くあり、 祖先のプエブロの人々がAD 200年とAD 1200年の間の荒野の沙漠に生活をしていた事の証です。彼らは鹿とビッグホーンの羊を狩り、渓谷の下端にトウモロコシや豆栽培した。

後にパイユート ・インディアンの痕跡が残っており、キャニオンには居住地も大きな村もない為、キャニオンは主に旅路として使われていたと研究者らは考えている。

この地域で最初の文書化されたヨーロッパ人は、探検家ドミンゴ・エスカレンテのフランシスコ・アサナジオ・ドミンゲス とシルベステ・エスカレンテでした。

彼らは1776年、パリス川の入口で、ニューメキシコ州サンタフェからカリフォルニア州モントレーへのルートを確立しようとする試みに失敗した後、遠征を止めた。 19世紀には、荒野で隠れた無法者と、 金 、 ウラン 、その他の鉱物を採掘した鉱山者が生まれました 。

カリフォルニアコンドル

カリフォルニアコンドル

カリフォルニアコンドル California Condor
は、カリフォルニアコンドルはアメリカ先住民にとっては聖なる存在で、カリフォルニアコンドルの再繁殖プログラムがバーミリオン・クリフで1992年に開始された。

保護状態: 絶滅危惧
食性: 肉食
寿命: 野生: ~ 60 年
体長: 胴体 約 1 m  翼長 約 3 m
体重: 8 ~ 14 kg

カリフォルニアコンドルは北アメリカで空を飛べる最大の鳥である。その翼は端から端までが3mにおよぶほど大きい。飛行中に、この巨大な鳥は気流に乗って滑空し、4600mの高さにまで舞い上がる。

ほかの猛禽類と同じように、コンドルはウシやシカのような大型哺乳類の死体を食べる腐肉食動物である。この鳥は1度に大量のエサにありつくと腹いっぱい詰め込むので、再び飛べるように成るまで数時間は休まなければならない。

アメリカ西部の未開発地に住んでいたインディアンにとって、コンドルは神聖な鳥だった。現在、コンドルはその絶滅を防ぐ為の繁殖プログラムの対象と成っている。

カリフォルニアコンドル

カリフォルニアコンドル

20世紀に入って、コンドルの数は減少し続けた。1970年代末期には絶滅寸前となり、20~30羽が生き延びていただけだった。何が原因でそれほど減少してしまったかは特定できていない。

多くのコンドルが有害物質の摂取で死んでしまったり、違法な卵収集によってもその数が減少した。コンドルがかつてその上空を飛翔していた広々とした土地がしだいに減少していった事も彼らを追いつめていった一因だ。

この鳥は、その化石から判断すると、かつてアメリカ大陸中を飛び回っていたが、おそらく有史以前にその大半が死滅したと考えられている。ヨーロッパ人が初めてアメリカに到着した頃は、ごくわずかな範囲にのみ生息していた。

カリフォルニアコンドルの成長は遅く、繁殖回数は少ない。卵を産むのは6~8歳に成ってからであり、メスは1年おきに1個しか卵を産まない。ただし、その卵が持ち去られると、メスは2個目、3個目の卵を産む。この習性を利用して、人工飼育の為に卵を収集する活動が行われている。

また、繁殖させる為に野生のコンドルを捕獲するプログラムも始まった。野生コンドルの数は1987年に10羽以下で、それらの全てが人工繁殖の為に捕獲された。

カリフォルニアコンドルの再繁殖プログラムが1992年に開始された。現在、約127羽が野生化されている。しかし、保護されているにもかかわらず、事故による死亡率は依然として高い。コンドルにとって送電線は特に危険だ。この鳥が安全に暮らせるのは人口密度の低い地域なのである。

2015年12月、野生や飼育されている435羽のコンドルが生息。

americadaishizen.com

americadaishizen.com

route66oudan.com

route66oudan.com

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

アメリカ究極の旅

PAGETOP