アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

グランド・ステアーケースとグランドサークル

グランド・ステイアーケース とコロラド・プラトー(コロラド大平原)
南西部のアメリカは、地質上最も貴重な地域で大陸が移動する際、大きな摩擦力と圧力が地殻にかかり、アメリカの大地は神の創造した芸術を感じる。

地殻変動を繰り返し、時には海の底、時には山の頂上となり、移動を続ける。海底、デルタ地方、湖沼地帯、沿岸、砂丘地帯等、色々な状況で地層は堆積して行きながら、風や雨による侵食も繰り返される。

大平原のようなあまり圧力がかからず、隆起活動のなかった地域はまだしも、隆起、造山活動の活発な地域で大地が変化し移動を 繰り返した。

コロラド台地は日本列島ができた頃と同じ時代、約1千5百万年前にできた。台地は、世界中の地質学者にとって最も興味深く、注目を浴びている場所である。

コロラド台地の地域には、有名なグランド・キャニオン、ザイオン、ブライスキャニオン、モニュメントバレー等、無数の渓谷があるが、

この地域の主な特徴は、普通は前後バラバラに地殻がくだけて盛り上がってくるのに対し、日本列島と同規模大の大地が隆起し、水平線上に一時期に上がってきている。

グランド・ステイアーケース  
ブライス・キャニオン国立公園とグランド・ステアーケース・エスカランテ国立記念碑 、 ザイオン国立公園 、 グランド ・キャニオン国立公園の南側に広がる巨大な堆積岩層が階段状に連続している事を指す。

1870年代、地質学者のクラレンス・ダットンは、最初にこの地域をグランド・キャニオンの底から北へ向かって巨大階段を形成する巨大階段とみなし

巨大階段を形成する各層の崖の端を概念にしました。ダットンは、地球の歴史のこの層のケーキを最年少の(最上の)岩石から5つのステップ。

グランド・ステアーケース

グランド・ステアーケース

ピンククリフ
グレイ・クリフ
ホワイトクリフ
ヴァーミリオン・クリフ
チョコレート崖

現代の地質学者は、ダットンの階段を個々の岩層にさらに分割しています。

グランド階段。 左から赤い点:ピンク・クリフ、グレイ・クリフ、ホワイト・クリフ、バーミリオン・クリフ、チョコレート・クリフ

岩層の断面図

グランドキャニオン(A)、チョコレート・クリフ(B)、バーミリオン・クリフ(C)、ホワイト・クリフ(D)、ザイオン・キャニオン(E)、グレイ・クリフ(F)、ピンク・クリフ(G)

グランド・ステアーケースとグランドサークルの地層

グランド・ステアーケースとグランドサークルの地層

最も若い(最上の)岩石から始まる大階段の地形、クラロン層、カイロウワイト形成、ワーウィプ層、ストレートクリフ形成、トロピックシェール、ダコタサンドストーン、カーメルの形成、テンプルキャップの形成、ナバホ族形成、カイエンタ層、モネナベ形成、チンリ形成、モエンコピ層、カイバブ石灰岩、トーロップ形成、ココニノ・サンドストーン、ハーミットシェール、スーパーファイグループ、サプライズキャニオン形成、レッドウォール石灰岩、テンプルビュートの石灰岩、ムアブ石灰岩、ブライトエンジェルシェール、タペット・サンドストーン

地質学
グランドキャニオンに暴露された主要な堆積岩ユニットは、2000年から6億年の間であり、暖かい浅い海や海岸の近くに堆積している。

グランドキャニオンのほぼ40の確認された岩層は、世界で最も研究された地質柱の一つを形成しています。

ザイオン国立公園で最も古い露出した地層は、グランドキャニオンで最年少の露出した層で、約2億4000万年前のカイバブ石灰岩です。

ブライスキャニオンは北東に続き、ザイオン地域は1億年弱の新生代の岩石を提示することで去っていきます。

実際、ザイオン地域で見られる最年少の形成は、ブライスキャニオンで最も古い形態のダコタ砂岩層である 。

地質学者がグランド階段と呼ぶ地層の超系列を作り、3つの間に共有された岩石ユニットがあります。

ブライスキャニオンの形成は、グランド階段の中で最も若い知られているユニットです。より若い岩のユニットは、存在していれば侵食によって除去されています 。

これらの層は、約6600万年前からコロラド川の コロニー 川がコロラド川 プレートから個々の台地を切り取る能力を高めた1500〜3000mの隆起を経験しました。

この地域の主要な峡谷は、 カリフォルニア湾が開港して河川の底水準 (最低地点)を下げた5〜6百万年前までは形成されなかった。

古生物学
1880年代には、大階段の北部にあるユタ州南部から多くの大きな恐竜骨格が発掘されました。 これらの発見に続いて、さらなる探査への関心はほとんどなかった。

20世紀後半から21世紀初頭にかけては、過去に未踏の地層の新しい化石の暴露と回収が、これまでに見られていなかった種の化石残骸を明らかにする可能性が高い為、

大階段の地層に大きな関心が高まっています彼らの職業を前進させようとしている若い古生物学研究者にとっては非常に重要である。

若いハドローアの化石化骨格
大階段 – エスカランテ国立記念碑に展示されている。南ユタ州は、表面の観察と採集のために化石の残骸を露出させた

その気候学的な「スイートスポット」のために研究者に報奨を続けています。

アリゾナ州南部の気候は非常に乾燥しており、浸食は比較的遅いです。さらに北部では、雨の多い気候は森林の成長を促し、根や土壌細菌の働きで化石を破壊します。

南ユタ州では、一時的な急速侵食とその結果としての化石の残存を引き起こすには十分な強く濡れた嵐があるが、破壊的な根深い植物生活を支えるには年間平均降水量が不十分である。

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

アメリカ究極の旅

PAGETOP