アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

イエロー・ロック ユタ州

イエローロック ユタ州 アメリカ

イエローロック ユタ州 アメリカ

イエロー・ロック ユタ州 Yellow Rock Utah
グランド・ステアーケース 壮大な階段上の地層 

エスカランテ・ナショナル・モニュメント 

イエロー・ロックの南側のパリア・リバーの谷に向かって南西に見える黄色い岩は、グランド・ステアー・ケース-エスカランテ・ナショナル・モニュメントで、駐車場が標高約1500m、山頂が標高約2000mになる。

未舗装の砂漠の道をコットンウッド・ロードに沿って、多色のナバホ砂岩で形成され低い滑らかなドーム型をしている。駐車場から約250mの崖を登ると黄色い世界の絶景が見えてくる。

イエロー・ロックの魅力は、岩の色と岩のデザインの驚異的な多様性です。

黄色が主な色ですが、ナバホ砂岩層には赤、ピンク、白い色で鮮やかな色の帯が混ざり合い、帯状のラインと結合してさまざまなパターンを作り出します。

2004年にマイケル・ケルシーの「パラリア・リバー」の本で紹介されて以来、地元の人々に知られたが、今だ未開の地で夏には1日に約数人しか訪れません。

イエロー・ロックの頂上は道路の近くにあり、コットンウッド・キャニオンの西側を登ってから滑車斜面を横切る短いケルン・ルートによって行く事が出来ます。

岩自体はぎざぎざ、ひどく腐食された尖塔やエレガントなウエーブのような造形もあり、一日を探索することができます。南に少し離れたパリア・リバー渓谷がある。

イエロー・ロック ユタ州 グランド・ステアーケース エスカランテ・ナショナル・モニュメント ユタ州

イエロー・ロック ユタ州
グランド・ステアーケース
エスカランテ・ナショナル・モニュメント ユタ州

イエロー・ロック地層
砂岩はより滑らかで色の濃いコントラストの白、赤、黄色で、複雑で渦巻きのような濃い色や薄い色のパターンが交差しています。

岩の表面部分はきれいな多角形の形にひびが入り平ら岩石郡です。

頂上はある距離で最も高いポイントであり、山、峡谷、台地、尾根を越えて、パリア・リバーを挟んだ西でハックベリー・キャニオンの北側 に位置している。

ナバホ砂岩層 Navajo Sand Stone
米国西部のコロラド高原の顕著な岩石形成で岩石アーチやナチュラル・ブリッジ、渓谷、砂岩スラックロック表面とコンクリート状のモキ・マーブル の多角形接合などの特徴がある。

特にユタ州南部、特にエスカランテ-グランド・ステアーケース・モニュメントにはよく見られます。

イエロー・ロック ユタ州 グランド・ステアーケース エスカランテ・ナショナル・モニュメント ユタ州

イエロー・ロック ユタ州
グランド・ステアーケース
エスカランテ・ナショナル・モニュメント ユタ州

中生代初期
コロラド高原は北アメリカ大陸西部で発生した大規模な地殻隆起の影響を受け、約6億年前から形成されてきた滑らかな地表面は大きく歪曲した。

その後、コロラド高原の西側にある火山が噴火し、コロラド高原には大量の噴出物が降り積もった。

この噴火により、かつては川や湖、内海であった地域にも噴出物が堆積し、広大なナバホ砂漠の地盤が形成された。

約1億8000万年前の砂岩層は、元々海だった大陸が隆起し、溶解と凍結を繰り返し、風によって運ばれた砂が堆積し、約1500万年をかけて形成された地層です。

岩の厚さは、600m以上あり、メサやビュートの赤い地層に含まれる酸化鉄の影響で淡いピンク色からオレンジ色まで朝日や夕日が岩に当たると神秘的な色に変化する。

殆どが北米大陸のはるか東に位置するアパラチア山脈から大量の砂が運ばれてきた。

イエロー・ロック ユタ州 グランド・ステアーケース エスカランテ・ナショナル・モニュメント ユタ州

イエロー・ロック ユタ州
グランド・ステアーケース
エスカランテ・ナショナル・モニュメント ユタ州

地質学者や研究者たちは、砂岩層に含まれるジルコンの微細な結晶を調べ、ナバホ砂岩層のジルコンとアパラチア山脈で採取したジルコンの放射性同位体が同じ成分だった。

アパラチアの山頂から削られた砂が川に流されて西へ向かい、風に乗って堆積し、巨大な砂山に成ったと推測する。

ナバホ砂岩層には、化石など生命の存在を示す痕跡は殆ど無い。

ジュラ紀後期 
約1億6000万年前のジュラ紀後期になると多くの生命の誕生です。

森が点在し、川が流れ、沼地や内海が豊かな水をたたえる環境のなかで、恐竜やワニ、海生の大トカゲ、巨大なサメなどが生息し、泥や炭酸塩が堆積した地層の生き物たちの化石が数多く発見されている。

イエロー・ロック ユタ州 グランド・ステアーケース エスカランテ・ナショナル・モニュメント ユタ州

イエロー・ロック ユタ州
グランド・ステアーケース
エスカランテ・ナショナル・モニュメント ユタ州

ジュラ紀後期と白亜紀の痕跡 
アリゾナ州とユタ州南部を走る道路脇に、切り立った峡谷がある。そこには乾燥した砂地が、動植物の繁栄するジュラ紀後期と白亜紀の痕跡が残っている。

砂岩の上に石炭層が重なっているのは、沼地があった証拠に成っている。

その上には、太古の昔、ここが海岸線だったことを示す、泥混じりの砂が固まった層が細長く伸び、その上には貝の化石層がある。

石英砂岩は、しばしば白色から軽い黄褐色ですが、ナバホ族は通常、細孔空間を満たす0.5% の酸化鉄によってピンクまたは赤色に着色されています。

イエローロックとして知られている遠隔暴露のようないくつかの場所では、 リモナイト、水和酸化鉄の混合物は、砂岩に黄色の岩が形成された。

この場所には、堆積層に沿っていないが、過去の地下水循環を示す赤と白の帯も示されています。

ナバホ砂岩にはオレンジ色と黄色や錆びた赤いカエンタの層が形成されている。右の崖はハックベリー・スロット・キャニオンに続いています。

火山で見られる硫黄は、元々はマグマ中に溶け込んでいたもので、マグマが上昇し圧力が減少するのに伴い、硫黄などの揮発性成分がマグマから抜け出し、火山ガスとして地表へと上昇します。

火山ガス中の硫黄はSO2, H2S, S2の形で存 在します。硫黄のガスは、火山ガスが地表に近づき温度が100℃位低くなると、一部 が硫黄の結晶として晶出します。

硫黄を晶出するような噴気活動が長期にわたって続くと、結果的に相当量の 硫黄が噴気地帯やその地下に蓄えられることになる。

americadaishizen.com

americadaishizen.com

route66oudan.com

route66oudan.com

アメリカ大自然バナー

投稿カテゴリー

アメリカ究極の旅

PAGETOP