アメリカ大自然旅企画 写真家Ken Kanazawa ラスベガス

MENU

ハンツ・メサ モニュメントバレー

ハンツ・メサ モニュメントバレー アリゾナ州

ハンツ・メサ モニュメントバレー

ハンツ・メサ モニュメントバレー

モニュメントバレーには、知る人ぞ知る写真家憧れの秘境の地ンツ・メサ

近くの町のカエンタから4輪駆動で約2時間半から3時間、前半は、砂漠を走り、後半は岩を登る感じです。

一般の観光客は来れない所です。名前の由来は、山師の白人ハンツからで、彼はウランを発掘しにモニュメントバレーに来た人物から名付けられました。

南ユタ州とアリゾナ州の境界線とナバホ郡とアパッチ郡のインディアン居留地区の境界線に位置し、
モニュメントバレーの南東側のリトルキャピタン・バレーの北側の岩山で標高は6365mあります

ハンツ・メサへのアクセスは、公園の一般的な入り口を通ってではなく、北東部の町の砂丘を通り、カイエンタ、アリゾナ州側に入口がありますが、まず看板の無いので分からないです 。人も殆どいません・・・

ハンツ・メサ モニュメントバレー

ハンツ・メサ モニュメントバレー

メサ(スペイン語でテーブルの意)の上からモニュメントバレーの大地がパノラマで観る事が出来
昼は地球を感じ、夜は宇宙を感じる事が出来ます。

写真家が一度は行ってみたいアメリカでもトップレベルの写真スポットです。モニュメントバレー2大憧れの場所がハンツ・メサともう一つは、ミステリーバレーです。

お勧めは、ハンツ・メサでのオーバー・ナイトで夕方から夜にかけ地球のグラディエション、まさに地球を神秘!又夜は、満点の星空で宇宙体験出来ます。

1984年10月16日に、米国空軍のB-52の爆撃機がハンツメサに墜落し、7人の乗組員の内2人が死亡した。

ハンツ・メサ モニュメントバレー

ハンツ・メサ モニュメントバレー

モニュメントバレー アリゾナ州/ユタ州
「アメリカの原風景、世界一美しい朝日」

ナバホ族のインディアン居留地区にあり、治外法権。正式名ナバホ・トライバル・パークで人口約30万人インディアンの最大の部族。

居留地区はナバホ・ネイション
独自国家でナバホ語を使う。アメリカ連邦政府はモニュメント・バレーを国立公園に指定したい意向を何度も申し入れたがこれを拒否。

モニュメント・バレーはナバホ族の聖なる地で、現在も11家族がモニュメント・バレー中に住んでいる。飲酒運転での死亡事故やアルコール中毒が問題で、ナバホ族の居留地区では飲酒が違法。

ハンツ・メサ モニュメントバレー

ハンツ・メサ モニュメントバレー

テーブルマウンテンである、300mのメサの台地や侵食が進んだビュートの岩山が点在し、記念碑が並んでいる事から名が付いた。

コロラド高原に位置、深い渓谷や山間台地の地形は2億7千万年位前の地層が、風化・侵食によって形成。風化が進んでいる為岩山の形は変わる。

ロッキー山脈からの鉄分を大量に含んだ川の流れは下流地域一帯に沈泥となって堆積し、当時の酸素濃度は現在よりも高かったため鉄分の酸化が急速に進み茶褐色の色彩に成った。

遺跡が多数あり、古代プエブロが西暦1300年頃を境に先住民は姿を消している。その後ナバホ族が定住するように成り、19世紀半ばの「ナバホ・キャンペーン」「ロング・ウォーク」と呼ばれる白人による略奪・迫害を受けている。

インディアン

インディアン

インディアン
アメリカに住んでいるアラスカ州のエスキモー、アリュートを含めた総称で現在人口は220万人、その半数が314か所の連邦又は州のレザベーション及び連邦信宅地に住んでいる。

先住民の先祖は約1万4千万年前から長い期間をかけアジア大陸北部からベーリング海峡を渡ってアメリカ大陸に渡って来た。ルーツはモンゴロイドに属し、種族としては270余りを数える。

インディアンは元来インド人の意味であが、クリストファー・コロンブスがカリブ海に到達した時に、インド周辺の島々であると誤解し、その地の先住民をインディオスと呼んだ事からアメリカ先住民をインディアンと呼ぶように成った。

インドとは同じでは無くばくぜんと中国、日本以外の東南アジアの事をインドと見なしていた。

ネイティブ・アメリカンはインド人を先祖に持つインド系アメリカ人と区別する為に人類学者が作った造語でインディアンはこれに対して意義を申し出ている。

自分がアメリカ・インディアン又アラスカの先住民と申告したアメリカ人は247万人、一部の先住民の血を引く者は160万人、ニューヨークには、シティー・インディアンが8万7千人が暮らしている。

アメリカ合衆国全体のインディアンの人口約280万人の3分の1が3つの州に住んでいる。

カリフォルニア州42万人、アリゾナ州30万人、オクラホマ州28万人

PAGETOP