アメリカ大自然ツアー 写真家Ken Kanazawa ラスベガス

MENU

世界最古の生命体(ブリストル・コーンパイン)

ブリスルコーンパイン 日本名 イガゴヨウ

ブリストル・コーンパイン

ブリストル・コーンパイン

世界最古の樹木で樹齢4700年の
記録を更新し続けている。

標高4342mに真夏でも雪に覆われ白く輝く
カリフォルニアの東部ホワイト・マウンテン
に生息している。

紫外線にさらされ強風の吹き荒れる斜面に
4000年以上にわたって生き残った樹木達。

標高2000~3000mの高地の強風、
極寒、乾燥、岩石質の土壌と
戦いながら
自然と適合する方法を会得してきた。

古木になるほど吹く抜ける風や砂で
ねじれ、ねる性質を持っている。
ねじれは風の当たる側面の乾燥により
細胞の角度にひずみが生じるからと言われている。

ブリストル・コーンパイン

ブリストル・コーンパイン

プリスルコーンパインはこの木の研究に一生をささげた、シュールマン博士により科学的に樹齢を検証された

樹の中心部から木片を取り出し
放射性炭素測定法によって測定したり、
特殊な金具で年輪に直角に木片を取り出し、
年輪を数えたりすると正確な樹齢が出る。

縄文杉は木が重なっており、樹齢としても
2200年から最高でも4000年程度であるが・・・

シュールマン博士により「メスーゼラ」と名付けられた。

ブリスルコーンパインは4700年であった。
科学的に測定された樹として、
現存する
世界の最高樹齢の木はブリスルコーンパインである。

メスーゼラはカリフォルニア州東部のインヨー国有林、
ホワイトマウンテン、標高4342mに今なお存在している。

ここには4000歳以上のブリッスルコーン・パインが17本残っている。
標高3000m以上に広がる森は通常の森とまったく異なり
別世界のようで、シエラ・ネバダ山脈の眺めも楽しめる。

「メスーゼラ」の名前がついている最長寿の木は
多数の観光旅行者からの保護の為に、
他の地区の巨樹のような看板もなく、
場所も一般には公表されていない。

PAGETOP