アメリカ大自然 ラスベガスツアー/ラスベガス写真撮影サービス 米国写真家Ken Kanazawa

MENU

化石の森国立公園 アリゾナ州

化石の森国立公園 アリゾナ州

化石の森 アリゾナ州

化石の森 アリゾナ州

1962年12月9日、国立公園に登録。
ジュラ紀の恐竜が大繁栄した時代との遭遇
化石の森は、古代の土壌は、三畳紀の地形や古代の気候の様相を保存している。

太古の森林が化石と成った化石の森は、アリゾナ州の荒涼とした砂漠に、はるか昔は青々と茂っていた大木が化石と成り横たわり、恐竜時代の風景に出会える場所なのです。

大陸はまだ現在よりもずっと南の位置にあり、平均温度も現在に比べ20度近く高かく気候はモンスーン気候に似ていた。

2億5千万年前に全ての大陸が集まり超大陸パンゲア大陸を形成していた時代、古生代後期と中生代前期の地球の 熱帯地方であった時代を体験出来ます。

大陸はまだ現在よりもずっと南の位置にあり、平均温度も現在に比べ20度近く高かく、熱帯雨林化した濃い森林が生い茂っていた。

恐竜達は大繁栄し、濃い酸素と濃い森林に囲まれた古代の自然があった。 その後長い年月が過ぎ、大陸は北の方へと 移動を続け、氷河期を繰り返し、熱帯雨林 だった気候は砂漠地方へと姿を変えた。

化石の森 アリゾナ州

化石の森 アリゾナ州

森の大木はやがて倒れ、近くを流れた川底の泥に沈み、相次ぐ火山活動で吹き上げられた火山灰が 泥の中に混じり込み、その火山灰は大木の 細胞へと入り込む。

火山灰はやがて石英と化して大木を丸々と化石と成り遠めに見ると、まさに大木が倒れているかのように見えるが、近づいて触ってみると紛れもない石、化石化し、自らの重さに耐えられず割れてしまった断面部分は輝いており、まさに樹木の宝石なのだ。

世界最大の珪化木はアラウカリオキシロン・アリゾニカム種。化石化した木は、ナンヨウスギ科、北半球で絶滅したが南半球の隔絶した場所で生き残っている木の仲間である。

化石の森国立公園のチンル層は、葉、メトポサウルスと呼ばれる大きなサンショウウオのような両生類、北米最古の恐竜の化石、真水にすむ巻貝や二枚貝などの豊富な化石を産出する。

化石の森 アリゾナ州

化石の森 アリゾナ州

インディアンの岩面彫刻あり、
珪化木で立てられたインディアンの建物で1930年代に再建されたアゲート・ハウスがある。

アリゾナ州の中東部に位置、グランドキャニオンから離れ、モニュメントバレーに続く幹線道路からは一本南側と成り、有名どころの国立公園では無く観光客の少ない穴場なのです。

キャニオン・デ・シェイ国立モニュメントやメテオラ・アリゾナ隕石孔等が近場に位置している。

真夏は、朝晩は比較的過ごし易いが、 日中は最高気温が摂氏50度近く成る。

PAGETOP