アメリカ大自然旅企画 写真家Ken Kanazawa ラスベガス

MENU

ブライスキャニオン ユタ州 グランドサークルの花

  • HOME »
  • ブライスキャニオン ユタ州 グランドサークルの花

ブライスキャニオン ユタ州

ブライスキャニオン

ブライスキャニオン

1924年に国定公園、1928年に国立公園に指定され、プレリードックの生息地としても有名。ブライス・キャニオンは1850年代にモルモン教徒の開拓者が移り住み、ブライスキャニオンの名は1875年に入植しエベニーザー・ブライスから付けられた。

ブライスキャニオンはグランドサークルの華と言われ、大自然が造った奇岩と豊かな色彩が織りなす巨大な異次元空間とフードゥ(土柱)の規則正しい集合体は圧巻!オレンジの岩群は、朝の光によってオレンジ岩、白い岩が透き通り様々な表情を魅せてくれる。まさに奇跡の絶景である!

ブライス・キャニオンはポンソーガント高原の東側の浸食によって出来た自然の円形劇場ようである。地質構造で土柱は、風、水、氷で川床と湖床の堆積岩の浸食により形成され岩の赤、オレンジ、白の岩の色彩はまさに花。ブライス・キャニオンの標高、海抜 2400 m ~ 2700 mありグランドサークルでは最も標高が高い。ハンマーロックが最も有名な岩の塔でブライスキャニオンの象徴に成っている。

ブライスの地層
ブライス・キャニオン地域は、白亜紀の最後から新生代前半にわたる堆積の地層。ダコタ砂岩とトロピック頁岩は、前進したり後退したりした白亜紀の温暖な浅い海で堆積した。

グランド・ステアーケース

グランド・ステアーケース

ブライス・キャニオン

ブライス・キャニオン

土柱が削りだされた色鮮やかなクラロン層は、6300万年前から約4000万年前に存在した冷たい川と湖の水系で堆積物として生み出された。湖が深くなりそして浅くなりを繰り返し、海岸線と三角州が移動した為、幾つかの種類の堆積物が生まれた。

土柱は、浸食パターンの不規則な変動と岩石層間のばらつきの為、奇妙な形に成った。

ララミー変動は、約7000万年前に始まり、その後数百万年間続き、北アメリカ大陸と成った西側全体に影響を与えた。この出来事は、古代ロッキー山脈の形成し、その過程で海路であった白亜紀の地層を閉じ込めた

コロラド高原は、1000万年から1500万年前に隆起し、幾つかの高原に分けられた。それぞれの高原は、断層によって隣の高原と分けられ、ボート・メサ・コングロマリットとスヴィア川層は、この隆起の後に浸食された。

グランド・ステアーケースとグランドサークルの地層

グランド・ステアーケースとグランドサークルの地層

 

ブライスキャニオン

ブライスキャニオン

縦方向の隆起により生じ、優先的に浸食され浸食された。浸食にされやすい、やわらかいクラロン層のピンク・クリフは、尖塔を形成し、より浸食抵抗性を持つホワイト・クリフは一枚岩を形成している。

ピンク色は、酸化鉄とマンガンによるもので、アーチ、自然橋、壁、窓も生み出された。

土柱は、柔らかい堆積岩で構成され、風雨から土柱を守っているより硬く簡単に浸食されない石片をかぶっている。ブライス・キャニオンは、地球上で最も土柱が集中している場所の1つである。

ブライスの地層は、グランド・ステアケースの一部である。この超長期間に及ぶ地層の中で最も古いものは、グランド・キャニオンで、中間のものがザイオン国立公園で露出し、最も新しいものがブライス・キャニオン地域でむき出しになっている。

ブライス・キャニオンは空気が澄んでいる為7.3 等級の夜空を観る事が出来る、北米で最も暗い地域の1つで、肉眼で7500の星々を観る事が出来る。

モルモン教徒とブライスキャニオン
最初の白人が人里離れた行きにくい場所を探検したのは、18世紀後半から19世紀前半にかけてのことだった。モルモン開拓者が、1850年代に農業開発、放牧地としての利用、定住の可能性を評価するため、この地を訪れた。

この地への最初の大規模な科学探検は、1872年にアメリカ陸軍少佐ジョン・ウェズリー・パウエルに率いられて行われた。パウエルと地図製作者、地質学者のチームは、コロラド高原の広範な調査の一部として、スヴィア川とヴァージン川地域を調査した。地図製作者達は、パイユート族の地名の多くを記録した。

モルモン開拓者の小集団がこれに続き、パリア川沿いのブライス・キャニオンの東に定住しようとした。1873年、カナラ・キャトル・カンパニーは家畜の放牧のための利用を始めた。

末日聖徒イエス・キリスト教会は、スコットランド系の移民エベニーザー・ブライスとその妻メアリーを、彼の大工としての技能がその地で役立つと考えパリア谷に定住させようと送り込んだ。ブライスの家族は、ブライス・キャニオン・アンフィテアトルムのすぐ下に住むことを選んだ。

インディアンとブライスキャニオン
元々ブライス・キャニオンに住んでいたのは、プエブロ族で、プエブロ期のアナサジ文化とフリーモント文化の遺物も発見されている。パイユート・インディアンが谷や高原に移り住んで来たのは他の文化が滅びるのと同じ時期に成る。

インディアンは、食料の大半を狩猟採集し、農産物で補った。パイユート族の土柱に関する神話、土柱をペテン師 コヨーテによって石に変えられた伝説がある。年老いたパイユート族は、土柱を「アンカ・ク・ワス・ア・ウィッツ」と呼ぶ。パイユート語で「赤く描かれた顔」の意味。

Wikipedia参照

PAGETOP