アビエーター

アビエーター

ハワードヒューズ

ハワードヒューズ

ハワード・ヒューズ  1905年12月24日~1976年4月5日

映画プロデューサー、映画監督、会社経営者、飛行家、航空機製造者で大富豪。10代の人生目標は「世界最高のゴルファーに成る事、世界最高のパイロットに成る事、世界最高の映画プロデューサーに成る事」だった。

モーターサイクルのヘルズ・エンジェルス の名前は、ハワード・ヒューズが監督したイギリス陸軍航空隊を描いた映画『地獄の天使』 Hell’s Angelsに由来する。

テキサス州ヒューストン出身。油田掘削機の発明で巨万の富を得た父親で幼少期は過保護な母親の溺愛を受ける。自動車を分解して組み立てたり、オートバイを自作したり、飛行機の操縦を身に付け早くから天才的な資質だった。

1924年、19歳で父親の会社であるヒューズ・ツールを継ぐが、経営は他人に任せて自己資金で10代からの夢であったハリウッドで映画プロデューサーに成る。『地獄の天使』『暗黒街の顔役』『ならず者』など、ヒットを飛ばしたが金を使いすぎて失敗した。

1932年にはリンドバーグの航空会社、TWAを買収し、さらに1935年にヒューズ・エアクラフトを設立し飛行機製作に乗り出す。自ら開発した飛行機を自分で操縦して速度記録を樹立した。

1946年に自ら開発した飛行機のテスト飛行を自らの手で行っていた際に墜落、全身に火傷を負う。この為、容貌と性格が激変した。

1948年には経営不振に陥っていたメジャースタジオのRKOを買収したが再建に成功できず1955年に売却して映画界から離れる。

1953年にはハワードヒューズ医学研究所を設立する。

1966年に5億ドルでTWAを売却したが、1970年にエア・ウェストを買収するなど、航空事業に関わり続けた。

晩年はラスベガスのデザート・インに移り、ホテルやカジノ、テレビ局などを買収。1940年代からの細菌恐怖症が悪化した為ホテルに篭りきりでほとんど誰にも会わない生活を送る。

1976年、メキシコからヒューストンの病院に移送される途中の飛行機の中で死去。死亡時には身長が10cm以上縮むなど容貌が激変していた為、FBIが指紋によって本人確認を行った。

スプルース・グース
世界最大の木造飛行艇H-4スプルース・グース「ヒューズH-4ハーキュリーズ」、通称“スプルースグース(スプルース(トウヒ)製のガチョウ)スプルースグースは3000馬力のエンジン8基を搭載、兵員や多量の物資の運搬を目的に計画されたが、紆余曲折をへて完成は終戦後にずれ込んだ。

H-1レーサー、エアレース用機体は、世界最高速度などの記録を樹立した

映画は、アビエイター、メルビンとハワード、タッカー、ロケッティア。ハリウッド時代には多数の女優と浮名を流したプレイボーイだった。好みのタイプは「離婚したばかりの女」

1972年にはCIAと組んで、ソ連の軍事機密を探る為ハワイ沖で沈んだソ連潜水艦の引き揚げ計画に参加。1974年に行われた引き揚げは、公式には失敗したことになっている。冷戦中なので、本当に失敗したかどうかは不明。

細菌恐怖症の為にティッシュに埋もれるがごとき生活であったとか、不眠症の時に映画を観たいからテレビ局を買い取ったとか、居眠りして映画の一部を見逃すと再度放送させた。