アリゾナ大隕石孔  5万年前の隕石衝突跡 メテオクレーター アリゾナ州
「バリンジャー隕石孔」「バリンガー・クレーター」「バリンガー隕石孔」
「アリゾナ大隕石孔」「メテオ・クレーター」「メテオール・クレーター」
「ミーティア・クレーター」流星クレーター、隕石クレーターとの数多くの別名もある。

アリゾナ大隕石孔

アリゾナ大隕石孔

世界的に「保存状態のよい隕石孔」で有名なアリゾナ大隕石孔 は、
アメリカアリゾナ州北部にある5万年前の隕石衝突口で、
砂漠に隕石が落ち雨が殆ど降らない為、5万年前から形が変わっていない。

世界で最も保存状態の良いクレーターです。
アリゾナ州にある5万年前からほぼ同じ形を留め、隕石衝突時の土壌もほぼ
オリジナルの状態で残っている理由は、アリゾナ州の降水量にありました。

メテオクレーターがあるアリゾナ北部は、砂漠気候で、
年間平均降水量は約300mm、年間300日以上は晴天で
5万年間殆ど雨が降らなかった。

アリゾナ州の北部、ラスベガス約5時間、ルート66のフラッグスタッフから
約1時間にメテオクレーターが位置しています。

アリゾナ北部の渓谷が地球の大きな胎動によって形成されてきた一方、
このアリゾナ隕石孔は宇宙の力によって誕生しました。

アリゾナ大隕石孔

アリゾナ大隕石孔

今から5万年前に、火星と木星の間にある小惑星帯から離脱した
直径約20~30mの鉄金属隕石が、地球の引力に引っ張られて、
時速4万kmを超えるスピードでアリゾナの砂漠に衝突。

衝突は、総重量1億7,500万トンと推定される岩石を掘り起こし、
孔の直径1.2km、深さ168mのクレーターの衝撃跡がある。
衝突ではあらゆる物質が融解・気化し、高温高圧によって炭素から
ダイヤモンドが生成され、クレーター近辺とディアブロ峡谷で発見された。

衝突はマグニチュード5.5以上の地震を引き起こし、
クレーターの外側にあった30トンの石灰岩の塊を突き動かした。

衝突地点から半径3~4km以内の生物は、衝突と同時に死滅。
その後、衝突によって発生した巨大な火の玉によって半径 10km以内の
あらゆる物質を焦がし、時速2,000kmに及ぶ衝撃波が半径40km近くまで広がり、
半径14km~22kmまでの全てを何もない荒野に変えたと言われています。

バリンジャー・クレーターを最初に発見したのは、
アメリカ西部への入植者で発見された時、地質学者はバリンジャー・クレーターが
火山の火口であると勘違いしたが、
1903年に鉱山技師のダニエル・モロー・バリンジャーが

アリゾナ大隕石孔

アリゾナ大隕石孔

巨大な鉄金属隕石の衝突でのクレーターだと考えた。

周辺から30tもの隕鉄が発見され、バリンジャーはクレーターの底から
はより大量の隕鉄が発見出来ると考え総量を少なくとも1億tと推定した。

1929年までの27年間の間419mの深さまで掘削したが、
はかばかしい成果を挙げる事はで出来なかった。
掘削が中止され、バリンジャーは心臓発作で亡く成ってしまった。

アリゾナ大隕石孔が個人所有でクレーターの調査を行った
バリンジャー博士の家族が今でも私有しています。

6500年前にはのアリゾナ大隕石孔 300倍の隕石が地球に
降って恐竜の絶滅したと言われています。

巨大隕石の破壊力
歴史上最も有名なものは、恐竜を絶滅させたとされるユカタン半島に
衝突した隕石。ユカタン半島は、南北アメリカの接続点にあり、

アリゾナ大隕石孔

アリゾナ大隕石孔

10世紀には有名なマヤ文明が栄えた場所だ。6500万年前、
直径10kmという恐ろしいサイズの隕石が衝突した。