アメリカ大自然ツアー 写真家Ken Kanazawa ラスベガス

MENU

ミューリーポイント、モキ・ダグウェイ ユタ州

  • HOME »
  • ミューリーポイント、モキ・ダグウェイ ユタ州

ミューリーポイント、モキ・ダグウェイ
ミューリーポイントオーバールックはユタ州南部とアリゾナ州北部のモニュメントバレーエリアに位置している。

ミューリーポイント

ミューリーポイント

ミューリーポイントはサンファン川が創造した大渓谷で、遠くにはモニュメントバレーの壮大な砂岩のフォームと真下にはグースネックの渓谷とサンファン・リバーを一望する事が出来る。砂漠の風景で絶景がある、サンファン川とその支流によって彫られた。足元は絶壁、周りに誰一人居ない神聖な場所です

モキの名前は
18世紀のスペインの探検家や開拓者によって使われ、スペイン語moquiから来ている。1000年以上前にこの地域に住んでいた、プエブロインディアンは、数多くの遺跡を残した消えプエルロ文化の事に関係があり「古代のビー玉」様なものであり、ホピ族の言葉で死の意味があります。1800年代に南ユタ州に来た白人の開拓者やその子孫によって受け継がれています。

ユタ州のサンファン郡、モキ・ダグウェイは北にユタ州ルート261号線のメキシカンハットの町があります。ユタ州ルート261号線は、ユタ州のフライ·キャニオンにある「ハッピー·ジャック」鉱山からメキシカンハットの処理工場へウラン鉱石を輸送する為にテキサス州鉱山会社によって1958年に建設されました。

途方もなく堅牢で自然のままの渓谷でましたにはグースネックを見降ろすことが出来ます。

ミューリーポイント

ミューリーポイント

シーダーメサのモキ・ダグウェイはナチュラルブリッジ国定公園の南、南東ユタ州、UT-261に位置し、5km以上の急な砂利道鋭いスイッチバックのシリーズです。モキ・ダグウェイは、未舗装の道で、段階的なスイッチバックの4.5kmあり、シーダーメサの頂上から約330m下り、10%急勾配は、狭く曲がりくねった道で車の重量制限があります。

モニュメントバレー
「アメリカの原風景」「ナバホ族の聖地」「世界一美しい朝日」

ナバホ族のインディアン居留地区にあり、治外法権。正式名ナバホ・トライバル・パーク。人口約30万人で最大のナバホ部族。居留地区はナバホ・ネイション=独自国家でナバホ語を使う。

アメリカ連邦政府はモニュメントバレーを国立公園に指定したい意向を何度も申し入れたがこれを拒否。モニュメントバレーはナバホ族の聖なる地で、現在も11家族がモニュメントバレー中に住んでいる。飲酒運転での死亡事故やアルコール中毒が問題で、ナバホ族の居留地区では飲酒が違法。

300mのメサの台地や侵食が進んだビュートの岩山が点在し、記念碑が並んでいる事から名が付いた。コロラド高原に位置、深い渓谷や山間台地の地形は2億7千万年位前の地層が、風化・侵食によって形成。風化が進んでいる為岩山の形は変わる。

ロッキー山脈からの鉄分を大量に含んだ川の流れは下流地域一帯に沈泥となって堆積し、当時の酸素濃度は現在よりも高かったため鉄分の酸化が急速に進み茶褐色の色彩に成った。遺跡が多数あり、古代プエブロが西暦1300年頃を境に先住民は姿を消している。

ミューリーポイント

ミューリーポイント

その後ナバホ族が定住するように成り、19世紀半ばの「ナバホ・キャンペーン」「ロング・ウォーク」と呼ばれる白人による略奪・迫害を受けている。

映画のロケ地
マルボロのCMでマルボロ- ウェイン・マクラーレン演じるマルボロ・マンがタバコを吸う場面が撮影され広告に使用。

『2001年宇宙の旅』終盤でボーマン船長がスターゲートに遭遇する場面で、モニュメントバレーの風景が使用。 『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』『フォーレストガンプ/一期一会』『イージー・ライダー』『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』『テルマ&ルイーズ』『ため息つかせて』『ウインドトーカーズ』『ローンレンジャー』日本のTV、「ウルトラクイズ」日本のコマーシャル「チャールス・ブロンソン主演のマンダム」。

PAGETOP