アメリカ大自然旅企画 写真家Ken Kanazawa ラスベガス

MENU

ホピ族 アリゾナ州

  • HOME »
  • ホピ族 アリゾナ州

 

ホピ族  アリゾナ州
ホピの居留区には三つのメサ、ファースト・メサ、セカンド・メサ、サード・メサがある。ホピの人口は約9000人でアリゾナ州北部の居留地区に住んでいる。居留地区はナバホ族の居留地区の中に位置している。ホピ族は、3つのメサであるテーブルマウンテンにあり、小惑星2938のホピは、ホピ族の名を取り命名されている。

ホピ族

ホピ族

ロングウォークでナバホ族一度強制移住後、南西部から姿を消した後の土地に住み着き、村を開いた。ナバホが帰還した後に、今でも土地紛争で互いに小競合いの仲と成っている。

ホピとは平和的な人々という意味があり、聖なるホピの土地は世界の中心であると考えている。又他部族との争いを避け外敵から身を守る為、砂漠のメサの上に住む事を選んだ。インディアン保護政策によって、広大なナバホ族の居留区内に部族の居留地が定められた。

ホピ族の先祖達は、自然の脅威によって破壊された3つの異次元の世界を経て、グランド・キャニオンのどこかに存在するという脱出口から抜け出して最終的にこの第4の世界へやって来たと信じている。又数多くの予言を残している事での有名な種族です。

男子の正装は、ハチマキに白服。女子はベルベットのロングドレスで、20世紀初頭までは蝶々型の独特の髪型を結い上げていた。ホピ族の住居1900年の歴史があり、トウモロコシの作付け、収穫が全ての儀式の中心である。主食はトウモロコシのパンで円いパン焼き窯を持っている。

サンフランシスコピークの聖なる山に住んでいる、カチナを信仰している。 カチーナとは、大自然の中に存在すると信じられている何百もの精霊達の事で、儀式の際には、このカチナ群に扮したダンサーが踊りを捧げる。儀式の際のトリックスターは「コシャレ」という。カチナの一種、精霊「ココペリ」を南西部に広めたのはホピとされる。

ホピ族

ホピ族

夏至の頃、「ニーマンの儀式」という非公開の仮面行事を行う。トウモロコシを中心とする農業が主体で、独立性が高い。

フォーコーナー「アリゾナ、ユタ、ニューメキシコ、コロラド州」にあるホピの住む土地にはウラン採掘所があり、居留地区には、ウランのほかにも石炭や地下資源が豊富で、20世紀初頭からアメリカ政府によって埋蔵資源が狙われている。その為水質が非常に悪い。

カチーナ・ドール
インディアンのホピ族が信仰する、超自然的な精霊の存在。アリゾナ州フラッグスタッフ郊外のサンフランシスコピーク近くの聖なる山に住んでいる。ホピ族だけでなく文化的に近い関係にあるズニ族やラグナ族にも同じ信仰がある。

ホピ族のカチナは総数400以上存在するが、正確な数は誰にも分からない

カチナは目に見えない存在だったが、大規模な危機的な状況に追い込まれたホピの人々を救済する為、人間的な形に姿を変え現した。

カチナの助けのおかげでホピの人々の生活は劇的に良く成ったが、ホピの生活に堕落するとカチナ達はホピの村を立ち去った。立ち去る前にホピの人々に儀式の行い方等を教え、正しく儀式が行われた時のみカチナ達が現れると約束した。

数百年の間ホピ族は毎年決まった時期に決められた儀式を行い、カチナの助けを借り生活している。

ホピ族

ホピ族

伝統的なセレモニーは、以前は一般にも公開されていたが、一部の心ない観光客が禁じられているにもかかわらずカメラを向けるため、今では決して公開されません。

恵みの雨をもたらし豊作を約束する精霊たちをモチーフにしたカチーナ・ドールには、その精霊が宿ると言われ、コットン・ウッドの根は部族の言葉では「水を探し当てる」という意味がある。根を用いること自体に部族の祈りが込められている。

ホピ族のシルバージュエリー
オーバーレイ技法という銀板2枚を重ねて模様を浮き立たせる技法と、インレイ技法という天然石などを銀板の溝にはめ込み模様を表現する技法を得意としている。

動物・植物などへの自然崇拝心がとても強く、ベア、スパイダー、ココペリなどを代表とした伝統的モチーフを多用した作品が多く、複雑なデザイン性と伝統的な表現で最も人気の高い作品。

PAGETOP