アメリカ大自然ツアー 写真家Ken Kanazawa ラスベガス

MENU

バレー・オブ・ファイアー州立公園 ネバダ州最古の州立公園

  • HOME »
  • バレー・オブ・ファイアー州立公園 ネバダ州最古の州立公園

バレー・オブ・ファイアー州立公園 (火の谷)ネバダ州

ファイヤーウェーブ

ファイヤーウェーブ

ネバダ州最古かつ最大の州立公園でネバダ州立公園に1935年登録された。バレー・オブ・ファイアー火の谷の名称は、真っ赤な絶壁が朝日に照らし出されると炎のように見える事に由来します広大な赤の盆地で地球の歴史を感じられ、神秘的なアメリカ大自然です。

バレーオブファーアー

バレーオブファーアー

砂漠の火の谷、バレー・オブ・ファイアーは、種類も色合いも赤、オレンジ、ピンク、黒の火山岩と、長年の侵食により鉄分を豊富に含んだ燃える赤い砂岩です。

珪化木(樹木の化石)と3000年前のペトログリフ(プエブロインディアンの岩絵)の宝庫。バレー・オブ・ファイアーは、150万年前の恐竜時代の地層である。大規模な地球の地殻変動、断層活動が、ダイナミックな風景を造りだした。

バレー・オブ・ファイアーは、道が綺麗な事から世界中のバイカーから一度はバレーオブファイアーを走るのが夢と言う方も、又結婚式の写真を撮る方も多数。

ファイヤーウェーブ
ここは探せば探すほど撮影ポイントがお宝のようにザクザク出てくる。フォトグラファーにとっては写真の聖地。Fire Wave(ファイヤーウェイブ)は、ネバダのThe Waveなのです。Crazy Hill と Pink Canyon は、地球の地殻変動の痕跡であり、ピンクの美しい岩の造形の撮影ポイントがあり地球の素晴らしさを感じれる所です。この岩は朝は日陰になっているので午後~夕方の撮影がお薦め。

インディアンのペト岩絵の宝庫 1億5千年前のレット・サンドストーンの地層でプエブロ族が約紀元前300 年から1150年頃に描かれた岩絵が数多くあり、1000年以上も前のロックアートのペトログリフ(岩面彫刻)やピクトグラフ(象形文字)が見られます。マウスタンクのトレイルを 約400mの道に数多くのプエルロ・インディアンの数千前の岩絵の宝庫に成っている

3000年前には今現在のインディアンの祖先である、プエブロ・インディアンが生活した痕跡が当時の生活様式を後世に伝える壁画を残しております。

バレーオブファーアー

バレーオブファーアー

ペトログリフ北米のロック・アート(岩絵)
電話、インターネットはコミュニケーションの道具で、これらの原点がペトロクリフやピクトグラフです。数千年前から岩に描かれ続けられたものが多く、北米のものはアメリカ合衆国のインディアンやカナダのファースト・シティズンが描いたもので全米に痕跡があり。現代へのメッセージでもあり、芸術でもあります。

岩絵には、ペトログリフ(Petroglyph)とピクトグラフ(Pictograph)がある。ペトログリフはペトロとグリフ(彫刻)による熟語で、ペトロはギリシャ語で岩の意、英語では Peter、日本語はペテロで聖書に記載されている。

ピクトグラフとは、岩を彫りこむ事で描いた、刻印による絵を指す。ピクトグラフはピクチャーとグラフによる熟語で、狭義では、岩に塗料を塗って描いた絵を指す。日本では、両方「岩絵」と呼ばれている。

動植物
クレオソートブッシュ、ロバブッシュ、ビーバーテールとチョーヤのサボテン、砂漠のマリーゴールド、インディゴブッシュ、砂漠のアオイ科の植物などが生息している。

バレーオブファーアー

バレーオブファーアー

カラス、ハウス・フィンチ、セージスズメ、ロードランナー、渡り鳥。砂漠の動物は夜行性。トカゲやヘビ、コヨーテ、キットキツネ、スカンク、カモシカジリスが生息。砂漠のカメは希少種であり州の法律により保護されています。

ロケ地
バレー・オブ・ファイアーは、CMやプロモーションビデオ、スタートレックシリーズ、多くのハリウッド映画の撮影場所、映画「花より団子」のロケ地。小柳ゆきのヒット曲 「愛情」 のプロモーションビデオのロケ地。

日本人があまり訪れない穴場スポット。ネバダ州道169沿い、オバートンにあるロスト・シティ博物館では、この地域に発展した古代プエブロ文化の世界を垣間見る事が出来ます。バレー・オブ・ファイアー州立公園は、毎日、日の出から日没まで開園しています。

PAGETOP