アメリカ大自然ツアー 写真家Ken Kanazawa ラスベガス

MENU

ジョシュアツリー国立公園

  • HOME »
  • ジョシュアツリー国立公園

ジョシュアツリー国立公園

ジョシュアツリー国立公園

ジョシュアツリー国立公園

カリフォルニア州南東部にあり、 ロサンゼルスの220kmに
位置する。
面積は3,196平方kmで東京都の約1.5倍である。

1994年に国立公園に制定された。ジョシュア・ツリー国立公園は、
サン・バーナディノ郡とリバーサイド郡境にまたがり、
2つの砂漠の一部を含まれている。

各生態系は主として高度によって特徴付けられ、
900m以下で、コロラド砂漠が公園の東部に広がり、
クレオソート、オコティロ、チョラ・カクタスのアメリカ大自然ある。

高度があり、比較的に湿度が高く、やや涼しいモハーベ砂漠は、
ジョシュア・ツリー(Yucca brevifolia)の特別な生息地である。
ジョシュア・ツリーの植生に加え、ジョシュア・ツリー公園を
特徴付けている物は残丘と成っている様々な形をした巨岩群である。

ジョシュアツリー国立公園

ジョシュアツリー国立公園

これらは1億年前頃に冷えて固まったマグマが
地下水による浸食により形作られたものである。

これらはロッククライミングとスクランブリングに
絶好の場所と成っている。

砂漠地帯では、この辺り地域のみに ジョシュアツリーが集中的に存在する、
砂漠と高さが20mある巨大な岩が点在している。

ジョシュアツリーは、 正式名称をユッカ・ブレヴィフォリア、
本来は樹木ではなく植物でユリ科に属する。高さは大きいもので
15m近くに達し、 推定年齢は約900年にも成る。

約5000年以上前から先住民族が生息していたが、
最も古い記録ではピント民族、その後セラノ、チェメウビ、
そしてカウイヤと民族交代していった。

白人達がこの地域に入って来たのは19世紀の半ば
牛飼い達がより良い飼葉を求めてこの地に辿り着き、
水場を設けたのが最初。

その後20世紀にかけて起きたゴールラッシュの折で鉱山が
作られ、住宅のキャビンや井戸が作られ、植物栽培等が始まった。

ジョシュアツリー国立公園内には、現在までに先住民族から
開拓民たちによって残された
501の考古学的サイト、88歴史建築物、19の史跡があり、
そして12万点以上の展示物が博物館に飾られている。

ジョシュアツリーの名前の由来 19世紀半ばに西を目指して
旅を続けたモルモン教徒達が、 この地を通った際、
奇妙な形をしたこの巨大な植物が西の方に向かって
手招きをしているように見えた事から名付けられた。
ジョシュアとは、聖書に出てくるヨシュアは、
モーゼの跡を継いだ人物

キイズ・ビュー(Keys View)
リトル・サン・ベルナルディノ山の山頂にあり
ジョシュアツリー国立公園の代表的なポイントの一つ。
300mほどのトレイルがあり、海抜下70mのサルトン海を 見下ろし、
天気の良い日にははるか遠くメキシコの シグナル山を見る事が出来る。

キイズ・ビューからはカリフォルニア湾から サンフランシスコまで延びる
活断層のサンアンドレアス断層を 目の前に見ることが出来、
ビューポイントから1.6km近く断層沿いに
落ちこむコーチェラ渓谷を広く見渡せるビューポイント。

その他のビューポイント トレイルは、ブラックロック・キャニオン、
インディアン・コーブ、スカル・ロック、 コットンウッド・スプリング等、

国立公園内には食事の施設は無く、自動販売機のみ。
1日滞在する場合は予め準備をして行く事が必要。
ジョシュア・ツリー国立公園から見上げる星空は綺麗!

PAGETOP