アメリカ大自然ツアー 写真家Ken Kanazawa ラスベガス

MENU

化石の森国立公園 アリゾナ州

化石の森国立公園 アリゾナ州

1962年12月9日、国立公園に登録。ペインテッド砂漠地域を作り出しているチンル層の悪地の人目を引く縞模様の色彩の殆どは、三畳紀後期の土壌である

化石の森 アリゾナ州

化石の森 アリゾナ州

古代の土壌は、三畳紀の地形や古代の気候の様相の証拠を保存している。チンル古土壌は、気候が季節によって大きく変化し、雨季と乾季がはっきりしていた。気候はインド洋地域のモンスーン気候に似ていてる。

2億5千万年前に全て大陸が集まり超大陸パンゲア大陸を形成していた時代、古生代後期と中生代前期の地球の熱帯地方の特徴であった。(現在の7大陸の前は1つの大陸、超大陸時代がありました)

インディアンの岩面彫刻あり、珪化木で立てられたインディアンの建物で1930年代に再建されたアゲート・ハウスがある。

世界最大の珪化木はアラウカリオキシロン・アリゾニカム種。化石化した木は、ナンヨウスギ科、北半球で絶滅したが南半球の隔絶した場所で生き残っている木の仲間である。

洪水は、木々が育ったところから押し流され、砂の多い河道に溜まり、火山の火山灰を含む砂利混じりの砂の層に埋められた。

化石の森

化石の森


火山灰は、埋められた木を化石化し、木を二酸化珪素に置き代え、鉄とマンガンの酸化物で着色する二酸化珪素の源である。

化石の森国立公園のチンル層は、葉、メトポサウルスと呼ばれる大きなサンショウウオのような両生類、北米最古の恐竜の化石、真水にすむ巻貝や二枚貝などの豊富な化石を産出する。

PAGETOP