アメリカ大自然旅企画 写真家Ken Kanazawa ラスベガス

MENU

グランド・キャニオン アリゾナ州

グランドキャニオンの朝日

グランドキャニオンの朝日

グランド・キャニオン アリゾナ州
1919年 国立公園に制定1979年 世界遺産登録、地球46億年の歴史で、グランドキャニオンの一番深い処は約20億年前の地層で、肉眼で見る事が出来きます。コロラド川によって浸食、全長430km南壁と北壁は平均1600km、深さ1600km、標高2100m、500種以上の植物、355種の鳥類、89種の哺乳類、47種のは虫類9種の両生類、17種の魚類。

コロラド高原がコロラド高原の浸食によって削り出された地形、先カンブリア紀からペルム紀までの地層で地球の歴史を肉眼で観る事が出来る。1979年世界自然遺産に登録。グランドキャニオンの起源は7000万年前、カイバブ・アップリフトの地殻変動により隆起。約4000万年前、コロラド川の浸食が始まる。峡谷は500万年前に全容を現し、現在の峡谷に成ったのは、約200万年前。10500年前に人類が生活し、4000年前にはすでにインディアンが住んでいた。

ヨーロッパ人は、1540年9月スペイン領だったこの地域をコンキスタドール、フランシスコ・バスケス・デ・コロナドの命を受けて、金を探していた軍人ガルシア・ロペス・デ・カルデナス隊が探検。3分の1ほどサウス・リムを下り、水が無くなった為に上に戻った。先住のホピ族が金は出ない事を教え、彼らは去り、以降ヨーロッパ人からは忘れ去られていた。1869年アメリカ軍人ジョン・ウェズレー・パウエルがこの地域の調査を行った。

PAGETOP