アメリカ大自然旅企画 写真家Ken Kanazawa ラスベガス

MENU

米国ラスベガス写真家Ken Kanazawa 「アメリカ奇跡の絶景」ザ・ウエーブ、ホワイトポケット、バーミリオンクリフ、グランド・ステアケースのスペシャリスト。ハンツメサ、メサ・アーチ、インディアン遺跡、ラスベガス発サルベーションマウンティン、ホワイトサンズ等「写真ワークショップ」全米旅企画・コーディネート、写真貸出・販売、コマーシャル・プライベート写真、女性一人旅応援!

限定1日20名選ばれた者・・奇跡の絶景 ザ・ウエーブ

タイトルその3イメージ

ザ・ウエーブ抽選4回チャレンジ企画あり「ザ・ウエーブ」世界一の絶景!絶景の中の絶景、2003年にカメラマンによって発見され、全世界からザ・ウエーブを訪れたいという人が後を立たちません。岩質が砂質で非常にもろい保護区の為に入場者数が制限さており、抽選で1日に20名しか入る事が出来ない絶景!2億5千万年前に全ての大陸が集まり超大陸パンゲア大陸を形成していた地層ザ・ウエーブ、バーミリオンクリフ、グランドステアケースのスペシャリスト。アジア系では、ザ・ウエーブのパイオニアであり「ザ・ウエーブ スペシャリスト」が企画から抽選、米国ラスベガス写真家Ken Kanazawaがコーディネートしています。

秘境 地球のうねり 奇跡絶景・ホワイトポケット

タイトルその2イメージ

「ホワイトポケット」プレィンストーンをはじめ地球の歴史を垣間見れる大地 地波打ちながら滴り落ちるように形成した紅い砂岩を、層をなした灰色の岩がパッチ・ワーク状に折り重なっている地球の地殻変動の時の圧力のうねりの神秘的な光景を観る事が出来る。米国ラスベガス写真家Ken Kanazawa ザ・ウエーブ ホワイトポケット、バーミリオンクリフ、グランドステアケースのスペシャリスト。第50回富士フイルムフォトコンテスト「ザ・ウエーブ」自由部門銀賞受賞。ザ・ウエーブのパイオニアのスペシャリストが企画コーディネート

奇跡の絶景 ナバホ族の聖地・ハンツ・メサ 宇宙体験 

タイトルその1イメージ

日本では殆ど知られていないモニュメントバレー 世界中の写真家憧れのナバホ族の聖地「ハンツメサ」上空からのメサ達は神秘。写真家が一生に一度は撮ってみたい世界もトップレベルの写真スポットです。モニュメントバレーの南東側のリトルキャピタン・バレーの北側の岩山で標高は6365mありますモニュメントバレー2大憧れの場所がハンツ・メサともう一つは、ミステリーバレーです。ハンツ・メサでのオーバー・ナイトで夕方から夜にかけ地球のグラディエション、まさに地球を神秘!又夜は、満点の星空で宇宙体験出来る。

地球の叫び 世界最古の生命体 樹齢4700年の記録を更新

タイトルその2イメージ

標高3000mの山から世界を見守り続けている、ブリストルコーンパイ 「世界最古の樹木」「世界最古の生命体」樹齢4700年の記録を更新し続けている。紫外線にさらされ強風の吹き荒れる斜面に4000年以上にわたって生き残った樹木達。標高2000~3000mの高地の強風、極寒、乾燥、岩石質の土壌と戦いながら自然と適合する方法を会得してきた。古木になるほど吹く抜ける風や砂でねじれ、ねる性質を持っている。ねじれは風の当たる側面の乾燥により細胞の角度にひずみが生じるからと言われている。

奇跡の絶景動く石デスバレー 地球沙漠の神秘

タイトルその1イメージ

写真家が一度は訪れたい写真家の聖地 死の谷を人知れず大移動するさまよう岩があります。カリフォルニア州のデスバレーでは、自然に100kg以上もある巨大な岩が枯れた湖の上を人知れず移動し、ずりずりと引きずられたかのような痕跡があり写真家一生に一度、写真に収めたい被写体がレーストラックと言われています。ライド・ストーン、ムービング・ストーンと呼ばれ、直線や曲線、ヘアピンカーブを描いたり、鋭角に曲がり、神様の落書きのような模様はまさに自然の神秘です。

癒しの大地セドナ 特別限定企画 4大パワースポット

世界三大パワースポットの一つセドナ、4大パワースポット 元気、自己改革、悩みのある方向け、究極kenkanazawaセレクトポイントをご案内。セドナの朝日は神秘そのもので大地のパワー頂ける。世界三大パワースポットはスペインとフランスンの国境にあるフランスのルルドの泉、ハワイ島のマウラナニ、アリゾナ州のセドナと言われている。セドナは「小惑星」の意、又は「イヌイット」の神話に登場する「海の女神」セドナは古くからインディアンの神聖地で、近くにはアパッチ族、ヤパバイ族のインディアン居留地区があり、インディアンの遺跡も数多くある。

灼熱砂漠・死の谷デスバレー56.6度を記録した荒野

西半球で海抜が一番低い塩の道があり、この世で一番過酷な大地 死の谷 灼熱の砂漠デスバレー 砂漠は世界中の写真家の憧れの地。映画スター・ウォーズのロケ地。砂丘の朝日や動く石は特別企画あり。デスバレー国立公園はアメリカの国立公園の中で最も乾燥した地域で、1913年7月10日には観測史上最高の華氏134度(摂氏56.6度)を記録した。西半球で最も海抜の低いバッドウォーター、-8.5mがある。1849年ゴールドラッシュ、カリフォルニア州にある金鉱地へ向かっていたグループが近道をしようとこの谷に迷い込み、数週間さまよった末にメンバーの数人が酷暑と水不足によって命を落とした事に由来。

純白の砂漠・ホワイトサンズ天使の遊場ニューメキシコ州

タイトルその5イメージ

純白の砂漠 妖精が集うホワイトサンズ 魅惑のニューメキシコ州 エイリアンの聖地ローズウエルや世界遺産カールスバット、アメリカの古都サンタフェ、世界遺産タオス・プエブロが素晴らしい!地表に現れた石膏の堆積物では世界最大。石膏は地球で見つかる一般的な無機化合物の1つで、水に溶けやすい為地表ではめったに見る事が出来ない。1億年前、浅い海に覆われて海が退いたため、塩湖が取り残され、湖も最終的に太陽の熱で蒸発。蒸発した後に残った古代の海底の厚い堆積物で、塩分と石膏が残った。

世界の写真家が一度は撮りたい 太陽の橋 キャニオンランズ

日本ではまだ余り知られていない、キャニオンランズユタ州 「メサアーチ」は世界中の写真家の憧れの場所。コロラド高原とキャニオンランズ 7000万年前、ロッキー山脈の誕生し隆起したのが、コロラド高原である。キャニオンランズ国立公園とアーチーズ国立公園は、コロラド台地北東部にある国立公園でコロラド高原は、ドーム型に台地が隆起し亀裂が走り、地層は上下運動を返し移動した。3億年前、超大陸の時代(パンゲア)、海の浅瀬で熱い太陽によって、浅瀬に取り残された海水が蒸発、最大部で高さ1500mの塩の層が出来た。

西部アメリカサボテンの王国 サワロ国立公園 アリゾナ州

サワロ国立公園の名前の由来は、サワロサボテン から付けられた。サワロ国立公園は1994年10月14日に国立公園に登録された。西側はツーソン山脈、東側はリンコン山脈という大きな山脈を含む灼熱のソノラ砂漠にある。サワロ国立公園の名前の由来は、サワロサボテン(日本名ハシラサボテン)から付けられた。サワロの生息地は、カリフォルニア州とアリゾナ州と国境を挟んでメキシコにある、世界で最も美しいソノラ砂漠に生息しています。これらの地域より北でサワロを見る事が出来ません。

北アメリカ100万年前の最古の古代湖 モノレイク/モノ湖

標高2000mシェラネバダ山脈盆地にある、北アメリカで最古の湖。モノレーク約100万年前に形成された湖でアルカリ性で非常に塩分濃度の高い塩湖である。「モノ」とは現地のインディアンの言葉でハエを意味する。モノレイクは、ロングバレー火山の噴火の時期である76万年前に形成された、灰の層の下の堆積物から、モノレイクはネバダ州とユタ州の大部分を占めていたより大きく古い湖の名残である。渡辺兼主演のキャノン40Dのコマーシャルでのロケ地でもある。

ネバダ州のザ・ウーブ 火の谷 バレーオブファイアー

ラスベガス近郊にあるネバダ州最古の公園 朝日に照らし出されると炎のように観える大地、ネバダ州最古かつ最大の州立公園でネバダ州立公園に1935年登録された。バレーオブファイヤーは、1億5000万年前の砂丘が化石された真っ赤な砂岩層で アズテック砂岩が朝日に照らし出されると炎のように見える事に由来します。 数千年前のインディンの岩絵が多数あり広大な赤の盆地で地球の歴史を感じられ、ファーアー・ウエーブは圧巻 ! CMやプロモーションビデオ、スタートレックシリーズ、多くのハリウッド映画の撮影場所、映画「花より団子」のロケ地。小柳ゆきのヒット曲 「愛情」 のプロモーションビデオのロケ地。

恐竜の足跡中生代白亜紀痕跡 インディアン居留地区

ナバホ族の大地にある恐竜の足跡はジュラ紀の証 恐竜達との遭遇。ティラノサウルスの足跡がる、テラノザウルスは約6850万~約6550万年前 中生代白亜紀末期マストリヒシアンの北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜で大型獣脚類の1属である。史上最大級の肉食恐竜の一つに数えられ、恐竜時代の最末期を生物種として約300万年生きたが、中生代を終わらせた大絶滅によって最期を迎えている。恐竜の代名詞、有名な存在で「ジュラシック・パーク」等の恐竜をテーマにした各種の創作作品では、脅威の象徴や最強の恐竜として描かれいてる。

アンテロープ特別限定企画 ナバホ族居留地区

アンテロープキャニオン神光七色の洞窟、アンテロープ・キャニオンは2つの岩層から成り、アッパー・アンテロープ・キャニオンとロウワーアンテロープ・キャニオンがある。アンテロープ・キャニオンは、ナバホ砂岩の侵食によりできた何百年の地層であり、鉄砲水、風成の侵食によるものである。モンスーンの時期に降る雨水はアンテロープ・キャニオンの谷間を流れ、狭い通路を流れるにつれ水は加速して砂を拾いあげる。長い時間をかけて通路が侵食されると、狭い通路は更に広くなり岩の鋭さはより滑らかにされて、岩の流れる特徴。

太古時代化石の森国立公園 ジュラ紀の恐竜時代

タイトルその3イメージ

2億5千万年前に全ての大陸が集まり超大陸パンゲア大陸を形成していた恐竜時代の痕跡ジュラ紀の恐竜が大繁栄した時代との遭遇出来、化石の森は、古代の土壌は、三畳紀の地形や古代の気候の様相を保存し、世界最大の珪化木化石が世界#1インディアンの岩面彫刻あり、珪化木で立てられたインディアンの建物で1930年代に再建されたアゲート・ハウスがある。アリゾナ州の中東部に位置、グランドキャニオンから離れ、モニュメントバレーに続く幹線道路からは一本南側と成り、有名どころの国立公園では無く観光客の少ない穴場なのです。

聖地モニュメント・バレー アメリカ原風景特別限定企画

インディアンの聖地 癒しの大地 真のパワースポットであり 世界一美しい朝日を観る事が出来る。ハンツメサは写真家の聖地 映画イジーライダーを始め映画、PV、CMロケ地のメッカ。300mのメサの台地や侵食が進んだビュートの岩山が点在し、記念碑が並んでいる事から名が付いた。コロラド高原に位置、深い渓谷や山間台地の地形は2億7千万年位前の地層が、風化・侵食によって形成。ロッキー山脈からの鉄分を大量に含んだ川の流れは下流地域一帯に沈泥となって堆積し、当時の酸素濃度は現在よりも高かったため鉄分の酸化が急速に進み茶褐色の色彩に成った。

アーチーズ国立公園 ユタ州 天と地を結ぶ架け橋

塩が作りだした芸術 天と地を結ぶ架け橋 ユタ州のシンボル、デリケート・アーチなど、2000を超える自然にできた砂岩のアーチがあり、岩塩層で、砂岩の薄い板で浸食された一枚岩で、数百mの岩塩層は、海水が流れ込み蒸発し、約3億年前にコロラド高原に堆積し加圧され岩と成り、地面は厚さ1.6kmに達した。加圧された塩は不安定で、岩塩層は、圧力の下で移動し、曲がり、液化し、再配置し、地層を上方に突き破り、岩塩ドームを形成し、全体が空洞に崩れ落ちた、折れ曲がり、断層が出現。ブラッドピットデビュー作映画テルマ&ルイーズや映画インディアナジョーンズのロケ地

ブライスキャニオン ユタ州 グランドサークルの華

大自然が造った奇岩と豊かな色彩が織りなす巨大な異次元空間フードゥ(土柱)と呼ばれる岩は光によって刻々と表情を変え、グランドサークルの花と言われてる。世界的に有名なハンマーロックを始め奇岩地帯で朝日がいいですね。ブライス・キャニオンは1850年代にモルモン開拓者が移り住み、ブライスの名は1875年に入植しエベニーザー・ブライスから付けられた。ブライス・キャニオンは空気が澄んでいる為7.3 等級の夜空を観る事が出来る、北米で最も暗い地域の1つで、肉眼で7500の星々を観る事が出来る。

バリンジャー隕石アリゾナ州 5万年前の隕石衝突跡

アリゾナ大隕石孔  5万年前の隕石衝突跡 メテオクレーター 「バリンジャー隕石孔」「バリンガー・クレーター」「バリンガー隕石孔」「メテオ・クレーター」「ミーティア・クレーター」流星クレーター、隕石クレーターと数多くの別名もある。世界的に「保存状態のよい隕石孔」で有名なアリゾナ大隕石孔 は、アメリカアリゾナ州北部にある5万年前の隕石衝突口で、砂漠に隕石が落ち雨が殆ど降らない為、5万年前から形が変わっていない理由は、アリゾナ州の降水量にある。メテオクレーターがあるアリゾナ北部は、砂漠気候で、年間平均降水量は300mm、年間300日以上は晴天で5万年間殆ど雨がない。

世界遺産グランドキャニオン 国立公園ノースリム 

グランドキャニオン・ノースリムは、観光地化されたサウスリムとは異なりノースリムに訪れるのは上級者が中心です。しかしながら、サウスリムにはない静けさの中で、グランド・キャニオンを堪能できる醍醐味がノースリムにはあります。サウス・リムに宿泊施設が6か所あるのに対し、ノース・リムでは1か所だけです。サウス・リムにも松科主体の針葉樹林が広がるがノースリムサイドは、植生が豊かでもみの木や白樺など松科や杉科の針葉樹林に混じって色々な広葉樹も多く、野生の動物のエルクやバッファロー、野生牛など野生の動物たちも道路の際まで近寄ってくる。アメリカ大自然を堪能出来る場所です。

クレーターレイク国立公園 神秘的な碧・ブルーの湖

クレーターレーク国立公園 神秘的な碧・ブルーは摩周湖の3倍も濃い湖。カルデラ湖が中心でその水深は米国で1番深く、世界でも7番目に深い。カルデラ湖に元は溶岩ドームだった山頂が突き出して島となっている。摩周湖の3倍の面積を持ち、水深も約3倍深く597mそして最後に神秘的な「碧・ブルー」が摩周湖の3倍も濃い湖。クレーターレイクの濃い青色は非常に深いところまで浸透する。実際は無色のこの湖は水中の有機物や浮遊分子、溶解した鉱物の濃度が低い時には、特にそれら青色の波長が水の分子によってより有効に散乱させられるのでより一層、深い紺碧の色と成る。

世界遺産グランドキャニオン特別限定企画 徹底解説 !!!

グランドキャニオン世界遺産と地球の歴史を観る事が出来る。グランドキャニオン20億年の歴史から昇る朝日は神秘!アメリカ三大国立公園の一つである。グランド・キャニオンの一番の魅力は地球46億年の歴史の中の約20億年前の地球の歴史をその目の前で観る事が出来感じられる事です。コロラド高原がコロラド川の浸食作用により何億年もかけ削り出された地層で、先カンブリア時代からペルム紀までが現れています。グランド・キャニオンはその圧倒的スケールで、地球の46億年の歴史、人智を超えた地球歴史を感じる事が出来ます。

世界遺産イエローストーン アメリカ三大国立公園

アメリカ三大国立公園イエローストーン 世界初の国立公園 野生動物の楽園 世界の温泉の4分の1の温泉があり、オールドフェースフルは圧巻。地球を感じれる世界遺産。1872年世界最初の国立公園1978年、世界自然遺産に登録。世界にある間欠泉の4分の1に当たる400余りの間欠泉があり、400種の野生の動物が生息している。北アメリカ大陸最大の火山地帯。巨大カルデラの超巨大な噴火が約220万年前、約130万年前、約64万年前に起こり小規模な噴火は約7万年前まで続いた。

世界遺産ヨセミテ氷河痕跡 アメリカ三大国立公園

ヨセミテ 写真界の巨匠アンセル・アダムスが愛した氷河が削りだした台地 アメリカ世界自然遺産。1890年国立公園に指定、1984年世界自然遺産に登録。アメリカ三大国立公園 グランドキャニオン国立公園 イエローストーン国立公園 ヨセミテ国立公園。エル・キャピタン花崗岩の絶壁で、ロッククライミング発祥の地。ハーフドームは1500mの高さがあり渓谷の底から910mの高さがある。ジャイアントセコイアは世界一堆積がある樹木マリポサ・グローブ、トゥオルミ・グローブ、マーセド・グローブの3か所にあり最後の氷河期が始まる前には、広範囲に生息していた。

世界遺産オリンピック 氷河に覆われた大地

オリンピック国立公園は世界遺産の登録されている。太平洋海岸線、温帯雨林、オリンピック山脈と3つの土壌に分けられる。氷河に覆われたオリンピック山脈がある。オリンピック山脈は北アメリカプレートと太平洋プレートの間を走るファンデフカプレートの沈み込む部分から隆起した。ヨーロッパの入植者の流入以前にオリンピックの住んでいたのはホー、キルートと呼ばれる先住民・インディアンで、狩猟、漁労を行っていたが、18世紀当時は大規模な先住民族の集落があったが、ヨーロッパ人、企業化、入植者達が持ち込んだ病気などの原因により深刻な被害を受けた。

世界遺産 レッド・ウッド 世界で最も高い樹木

世界遺産レッドウッド アメリカ3大ツリーの一つで世界で最も高い樹木 。ユネスコの世界遺産に登録された。世界一高いセコイア「ヒュペリオン」は高さが115mある世界一高いセコイア「ヒュペリオン」のほかトップ3が揃っている。2006年には、世界遺産登録名がレッドウッド国立公園からレッドウッド国立・州立公園に変更された。恐竜時代からの生き残りのレッドウッドは、元々は世界の大半で見られたが、今では北カリフォルニアにだけ生息している。気候が温暖で、冬は雨季、夏は霧により常に水分が供給される環境が古代からの巨大生物を育んでいます。

世界遺産 カールズバッド洞窟アンセル・アダムスの撮影地

1930年5月14日、国立公園に登録。カールズバッド洞窟群は、1995年12月6日世界遺産に登録。 公園の約3分の2は、自然保護区域に登録された。写真界の巨匠 アンセル・アダムスは、 ヨセミテ渓谷やカリフォルニアの風景を撮影したモノクロの写真作品によって日本でも特に有名な写真家ですが、カールズバッド洞窟群で数多くの写真を撮っています。二畳紀の化石礁のあるカールズバッド洞窟と83の洞窟があり、レチュギア・ケイブは、全米最深さ489m、長さは世界第5位の石灰岩の洞窟である。

タオス・プエブロ 世界遺産 アメリカ3大世界文化遺産

映画「イージーライダー」のロケ地 世界文化遺産タオス・プエブロはアメリカ最古のマンション。今でも150人程のプエブロが生活している貴重な集落です。1000年以上プエブロは伝統を継続しティワ語を使っている、アメリカ最古の集落です。1899年の初め、芸術家たちがタオスに住み始め、特にインディアン芸術が、タオスで活動が盛んに成った。 キット・カーソンの家がある。約30km北西に行くと、1920年代の英国人小説家、D・H・ローレンスの家や世界的に有名な女流画家ジョ―ジ・オキーフが活動していたのもこのエリアです。

メサ・べルデ国立公園 世界遺産 アメリカ3大世界文化遺産

アメリカ3大世界文化遺産の一つメサベルデ プエブロのインディアンの遺跡。1世紀頃から、この地に農耕民であるアナサジ族が住み始めた。アナサジ族は、8世紀頃までバスケット・メーカー文化と呼ばれる独特なかご作る文化を築いていた。コロラド州南西部、プエブロ・インディアンのアナサジ族の残した断崖をくりぬいた集落遺跡郡で世界遺産にも登録されている。メサベルデとは、スペイン語、緑の台地という意味。メサ・べルデ遺跡の存在は、1874年には知られていたが、本格的な考古学的調査の契機になったのは、1888年に牧場主リチャード・ウェザーリルによって

チャコ・キャニオン 世界遺産 アメリカ3大世界文化遺産

アメリカ3大世界文化遺産チャコキャニオン プエブロインディンの遺跡。先住民が書いた岩絵は、トレイルの一番奥にあるピクトグラフ、スパーノバ(超新星)は1054年7月に爆発した超新星を記録した岩絵です。キバは、プエブロ・インディアンの中心地で文化的・経済的交流があった場所で、プエブロ・インディアンの末裔であるホピ族の聖地。星の観測記録や高度の文化を持っていました。チャコ・キャニオンの近隣の峡谷には、未来人の遺跡がある。彼らは、750年先の未来から時を超えてやって来た未来人で、自らを「ウイング・メーカー」と呼んだ。

未知との遭遇デビルスタワー映画未知との遭遇のロケ地

スティーブン・スピールバーグ監督の「未知との遭遇」のロケ地デビルス・タワーは、高さ386m、海抜1558m。頂上は91m×55mの広さがある。インディアンの聖地でアラパホ族インディアンが熊信仰の対象として呼び名を付けていたが、米国軍人が探検した際、通訳が「悪神のタワー」と誤訳、デビルス・タワーと呼ばれるように成った。第三畳紀の初め頃、ロッキー山脈が隆起した際にマグマが活動し、堆積岩を突き破った。溶岩は冷えた後周囲の堆積岩より硬かった為、堆積岩が浸食・削剥され残った。響岩質斑岩で、冷却の際に柱状節理で垂直方向の割れ目が出来た。

クレイジー・ホース記念碑 聖地ブラックヒルズ

マウントラッシュモアに対抗して造られた、インディアンの勇者クレージー・ホース ブラックヒルズの山にあるアメリカ・インディアン、スー族のオグララ・ラコタ族の勇士クレイジー・ホースの巨大な彫刻。クレージーホースは1947年、ラコタ族の酋長ヘンリー・スタンディング・ベアが、わしらレッド・マン=インディアンにも偉大な英雄が居るのを白人達に知って欲しいと・・・クレイジー・ホースは、聖地ブラックヒルズを守る為に白人と戦い、1876年にはカスター中佐率いるアメリカ軍第7騎兵連隊を全滅さ「リトルビッグホーンの戦い」で知られる勇敢なラコタ族の勇士である。

マウントラシュモア記念公園歴史に名を残す四人の大統領

アメリカ合衆国の成立、発展、開発を記念する建造物でありアメリカのアイコン。1925年3月3日に国定記念建造物に指定。政府から委託されたガットスン・ボーグラムは400人の作業員とともに、標高1745mのラシュモア山の白い花崗岩の露頭に、1927年から1941年10月31日まで14年間をかけて、18mにも及ぶ巨大な胸像を彫った。彫られているのは、アメリカ合衆国建国から150年間の歴史に名を残す四人の大統領、ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルトとエイブラハム・リンカーンである。

インディアン岩絵とは?

コミュニケーションのルーツであり、現代のメッセージでもある。日本人と同じモンゴロイドのルーツを持つアメリカ先住民であるインディアン達は、約1億4千万年前頃にアメリカ巨大な大地渡って来た。時には豊饒を享受し、時には飢餓に堪え、台地や渓谷を移動しながら彼ら独自の文化体系を形作り、長い旅の過程でアメリカの大地に重要な岩絵を数多く残していった。文字を持たないインディアンにとって、仲間に、他者に、祖先の霊魂にそして神に、具体的な情報、あるいは言葉に置き換えられない魂を視覚的に伝達する試みの証だった

インディアンの歴史とは?

インディアンのルーツはモンゴロイド、約1万4千万年前にアジアの北部からベイリング海峡を渡って、アメリカ大陸に渡って来たアメリカの先住民で種族は270あまりを超える。インディアンは元来インド人の意味で、クリストファー・コロンブスがカリブ海に到達した時に、インド周辺の島々であると誤解し、その地の先住民をインディオスと呼んだ事からアメリカ先住民をインディアンと呼ぶように成った。インドとは同じでは無く、ばくぜんと中国、日本以外の東南アジアの事をインドと見なしていた。

ナバホ族の歴史とは?

ナバホ族は、インディアン居留地区にあり治外法権で人口約30万人インディアン最大の部族で独立国家でナバホ語を使う。モニュメントバレーはナバホ族の聖なる地で現在での約11家族が伝統的な暮らしをしている。「ネイティブ・アメリカ」の呼称は誤り日本のメディアなどは、インディアンの事をネイティブ・アメリカと使うが、これは大きな誤りでアメリカ・インディアンは、この呼称を公式に承認しておらず彼ら自身は1977年にスイスの国連先住民会議に代表団を送り、満場一致で「我々の民族名はインディアンである」と公式に議決表明している

エイリアンの聖地エリア51

エリア51 ネバダ州世界的に有名なエリア51は、数々のハリウッド映画「インデペンデンス・デイ」テレビドラマ「Xファイル」「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」ロズウェル事件などがモデルであり、アメリカポップカルチャーにも成っている。ネバダ州南部の地区、グルーム・レイク空軍基地が正式名。エリア51はラスベガスの約200kmの砂漠にある。ネバダ州リンカーン郡の約155km²は、神奈川県の川崎市とほぼ同じ広さのがあり、又ネリス射撃場は、12139 km²の広さで新潟県と同じぐらいの面積あり核兵器のテスト場、ネバダ核実験場のユッカマウンテンとの境界線に位置。

ロイリアンの聖地ロズウェル

ロズウェルは現在、1947年に発生した「ロズウェルUFO事件」と呼ばれる事件に、その名前が冠せられていることによって世界中に知られている。ロズウェル事件1947年7月ニューメキシコ州ロズウェル付近で、何らかの物体が回収された。ロズウェルUFO事件と呼ばれる。ロズウェル陸軍飛行場が深く関わった為、ロズウェル事件と呼ばれる。1978年以来、憶測や噂、研究、調査などの対象となった。事件の真相については1997年6月24日にアメリカ空軍総司令部が提出した報告書の内容が、アメリカ政府の公式見解と成っている。

超大型干渉電波望遠鏡群

米国ニューメキシコ州にある。宇宙からの微弱な電波を捕らえる為の施設。カール・セーガン原作によるSF映画『コンタクト』の撮影ロケ地。Karl G. Jansky Very Large Array=VLAカール・ジャンスキー超大型干渉電波望遠鏡群はアメリカ国立電波天文台が持つ電波望遠鏡の一つであり、米国ニューメキシコ州にある。宇宙からの微弱な電波を捕らえる為の施設。半径21km余りの広大な施設。望遠鏡群は、直径25mのパラボラアンテナ27機で、一辺が21kmの「Yの字」状に敷設された線路の上を移動させて配置し、観測を行う。

shashin

insta

4

 

66バナー

PAGETOP